放送通信 に関する技術一覧

「放送通信」に関する技術の関連情報です。 「放送通信」 の関連技術、「放送または放送と協働する配信のための配置」「放送情報の受信に特に適合する配置」 など、その他「放送通信」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「放送通信」の分野ページはこちら

放送通信に所属する技術動向

放送通信の分野に属する技術の状況としては、2017年に358件、2018年に337件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、放送通信の分野においては特に近年放送情報の受信に特に適合する配置の分野における動向が活発であり、他にも放送または放送と協働する配信のための配置や 放送の応用のための配置であってその応用が放送情報または放送時空に直接結合するもの,放送関連システムといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日本放送協会やソニー株式会社、パナソニック株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 電気的デジタルデータ処理や画像通信,例.テレビジョンといった分野も含め、 東芝映像ソリューション株式会社や東芝エー・ブイ・イー株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

放送通信』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】移動中のユーザが利便性の高い情報を得られるよう、ユーザが特に指定した情報に加え、ユーザがその場で欲する利用価値の高い広告情報を選択的に提供する。【解決手段】気象情報、交通情報といったサービス情報を提供するサーバ2と、サーバ2から提供されたサービス情報をユーザに対して出力する移動体端末1とを備える。移動体端末1は、現在位置情報を含む個人情報を通信回線3を介してサ...

    情報提供システム、端末における情報の出力方法、移動情報端末及び情報提供装置

  2. 【課題】移動体でのデジタル放送受信に関して、極力高品質の放送コンテンツを受信できるようにする。【解決手段】受信状況判定部14は、各受信機11,12から得られるビットエラー率等の受信状況データc1,c2に基づいて固定向けデジタル放送の受信が可能かどうかを判定する。また、サイマル放送判定部から得た同一放送可否情報bに基づいて固定向け放送と移動体向け放送とが同一番組放送であ...

    移動体用デジタル放送受信装置及びプログラム

  3. 【課題】車の運転中にインターネットなどから情報を得る場合、情報内容がカスタマイズによって絞り込まれていても操作性の点など安全性に関して問題があった。また、通信端末を車内で使うことで、オーディオ機器との切り替えが煩雑になる。【解決手段】情報サーバーに予め運転者の好みを登録し、情報提供の順序などを設定することで番組を構成する。車載機器が運転者の設定データから番組を組み立て...

    車内で使用する音楽・情報提供装置

  4. 【課題】受信者が、その内容を選択して個々の好みに合った番組を鑑賞することができるようにする。【解決手段】受信装置6の受信部51は、所定の時間において複数のコンテンツデータの断片を含むストリーム、および、複数のコンテンツデータの断片の内の1つを指定するデフォルトパスを受信する。入力部56は、複数のコンテンツデータの断片の内の1つの指定を入力する。制御部53は、複数のコン...

    送信装置、受信装置および方法、放送システム、並びに記録媒体

  5. 【課題】災害情報、防災情報等の緊急情報を的確にかつ迅速に通知可能とする。【解決手段】緊急放送の要請指示があった場合には、緊急放送処理装置117が応答し、先に述べた開始/終了フラグ、伝送・信号種別、緊急情報の内容をACキャリア等に配置して緊急放送TSを作成し、TSエンコーダ112で圧縮符号化して再多重装置113に送り、通常放送TSと多重する。このようにして、緊急放送の要...

    デジタル放送システムとこのシステムに用いられる送信系装置、緊急放送処理装置、データサーバ及び受信機

新着の技術

放送通信』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】デジタル無線放送信号を処理する方法は、(a)アナログ音声サンプルストリーム内のサンプルとデジタル音声サンプルストリーム内のサンプル間の時間遅延を表す複数の現在相関サンプル値を決定する段階、(b)現在反転ステータスを決定する段階、(c)遅延履歴及び反転ステータス履歴を更新する段階、(d)第1の信頼閾値との一致に関して現在相関サンプル値を検査する段階、(...

    混成無線システムでの自動音声整合化の方法及びそのための装置

  2. 【課題】放送波または通信回線により番組を提供するシステムにおいて、より優れたサービスを提供する。【解決手段】コンテンツ提供装置は、音声およびコンテンツを含む一般送信データを受信する受信機からカスタマイズ用のコンテンツ要求を受ける受付部と、前記受付部が受けた前記コンテンツ要求の内容に応じてカスタマイズ用のコンテンツを抽出し、前記受信機に提供する提供部とを備え、前記カスタ...

    コンテンツ提供装置、コンテンツ提供方法およびコンテンツ提供プログラム

  3. 【課題】アップリンクでのC/N劣化の低減を可能とし、より好適には12GHz帯の衛星放送に関してはアップリンク局の少数化、及び21GHz帯の衛星放送に関しては入出力帯域幅の利用度の最大化を可能とする再生中継器を提供する。【解決手段】本発明の衛星放送用の再生中継器1は、所定帯域以上の広帯域変調波信号よりなるNチャンネル(Nは1以上の整数)のアップリンク信号を受信して復調し...

    再生中継器

  4. 【課題・解決手段】受信側における字幕表示を良好に行い得るようにする。ビデオデータを持つビデオストリームと字幕表示位置を字幕表示範囲に対する相対位置で指定する字幕表示位置情報を有する字幕のテキスト情報を持つサブタイトルストリームとを含む所定フォーマットのコンテナを送信する。サブタイトルストリームのコンテナに、字幕位置情報を用いて字幕を表示するときに使用される補助情報を挿...

    送信装置、送信方法、受信装置および受信方法

  5. 【課題】被接続オーディオ機器の第1、第2の伝送クロック周波数の対応モードに応じて音声信号の伝送クロック周波数を切替させる。【解決手段】実施形態に係る放送受信装置は、音声信号を外部接続のオーディオ機器に出力する際の伝送クロック周波数に、第1と第2の伝送クロック周波数を利用する。また、オーディオ機器を、第1の伝送クロック周波数のみ対応する第1のモードと、第1と第2の伝送ク...

    放送送信装置及び放送送信方法

放送通信 ページ上部に戻る