基本電子回路 に関する技術一覧

「基本電子回路」に関する技術の関連情報です。 「基本電子回路」 の関連技術、「振動の発生,直接のまたは周波数変換による振動の発生,スイッチング動作を行なわない能動素子を用いた回路による振動の発生,このような回路による雑音の発生」「変調」 など、その他「基本電子回路」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「基本電子回路」の分野ページはこちら

基本電子回路に所属する技術動向

基本電子回路の分野に属する技術の状況としては、2016年に2,787件、2017年に3,284件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、基本電子回路の分野においては特に近年変調の分野における動向が活発であり、他にも一つの搬送波から他の搬送波への変換または変調の復調や 同調共振回路,選択共振回路といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社村田製作所やセイコーエプソン株式会社、パナソニック株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 計算,計数や基本的電気素子といった分野も含め、 東芝マイクロエレクトロニクス株式会社や東芝エー・ブイ・イー株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

基本電子回路』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電流制御素子の駆動回路において、駆動トランジスタのしきい値特性のばらつきの影響を解消する。【解決手段】開示される電流制御素子の駆動回路は、電源線1と接地線2との間に直列に接続された駆動トランジスタ6と電流制御素子7と、駆動トランジスタ6と電流制御素子7の接続点と駆動トランジスタ6のゲート電極との間に接続された保持容量5と、信号線3と駆動トランジスタ6のゲート電...

    電流制御素子の駆動回路及び画像表示装置

  2. 【課題】小型化を図るのに適するとともに優れた共振特性を有する圧電薄膜共振子、これにより構成されるフィルタ、および、そのような圧電薄膜共振子の製造方法を提供すること。【解決手段】圧電薄膜共振子100において、第1の面111およびこれと反対の第2の面112を有する基板110と、第1の面111に接する第1電極膜121、当該第1電極膜121に重なる圧電膜123、および当該圧電...

    圧電薄膜共振子、フィルタ、および圧電薄膜共振子の製造方法

  3. 【課題】機械的強度を備えながら薄型化することが可能な、半導体チップや弾性表面波素子などの電気素子を内蔵したモジュール及びその製造方法を提供する。【解決手段】配線パターン201に、2以上の電気素子203を実装し、電気素子203を熱硬化性樹脂組成物204で封止する。2以上の電気素子203の上面と熱硬化性樹脂組成物204の上面とを同時に研磨することにより略同一面を形成する。...

    電気素子内蔵モジュール及びその製造方法

  4. 【課題】デュアルバンド機のフロントエンド部に用いられるマイクロ波回路において、小型化、低消費電力化を図ることができる複合高周波部品を提供する。【解決手段】スイッチ3には、周波数帯域の広いGaAs半導体からなるスイッチを用いる。信号を受信する場合は、スイッチ3が第二のダイプレクサ2に接続され、第三の共通端子a7に入力された受信信号は第一の出力端子a5又は第二の出力端子a...

    複合高周波部品及びそれを用いた通信装置

  5. 【課題】振動素子に能動素子固定用の樹脂系接着剤からの有機物が付着することを防ぐこと、また、圧電発振器の外部接続用電極をマザーボード等のパターンに半田付けするときに半田流れによる電極間のショートすることを回避すること。【解決手段】上面に水晶振動子を載置したセラミック製の基板の上に金属製のキャップをかぶせ接合する。この基板の下面には、その周辺部に、基板下面から下方に突き出...

    圧電発振器及びその実装構造

新着の技術

基本電子回路』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明の目的は、高アンテナ相関環境や狭帯域な干渉信号が混入する環境において、シンボル単位で誤り訂正符号化処理を施す送信装置を持つ無線システムでも適切な変調方式及び符号化率を選択して伝送レートを改善することである。本発明の無線通信システムは、送信装置と受信装置を有する無線通信システムであって、送信装置は複数の符号化部と変調部とRF部と送信アンテナを備え...

    無線通信システム及び受信装置

  2. 【課題・解決手段】コンデンサの放電を制御する放電制御用スイッチ素子が故障した場合でも、放電制御が可能なコンデンサの放電回路を得る。充電回路とグランドとの間に設けられたコンデンサの放電回路であって、コンデンサ3に対して充放電を制御する制御部1と、第1の放電抵抗5,第1の放電制御用スイッチ素子6,第1の遮断用スイッチ素子7が直列接続されてコンデンサ3に並列に接続される第1...

    コンデンサの放電回路

  3. 【課題・解決手段】ブロックフェージングサブチャネル上で2値入力ベクトルを送信できるようにする、独立した誤り訂正符号及び偏波モジュールを備える、誤り訂正符号システムの機構を決定するための方法であって、独立した誤り訂正符号は、2値入力ベクトルの成分を生成し、偏波モジュールによって、2値入力ベクトルにチャネル偏波が適用される、方法。その方法は、ブロックフェージングサブチャネ...

    誤り訂正符号システムの機構を決定するための方法及びデバイス

  4. 【課題・解決手段】本発明は、周波数分割器(200)の1つ以上の電流により引き起こされる電荷移動によって、フィルタ回路に属する電流電圧変換器(300)の出力における信号歪みを引き起こし得る干渉信号が生成されることを、ハードウェア・レベルにおいて防止するフィルタ回路に関する。この信号歪みは、本発明によらなければ時間と労力を要する信号の後処理を用いて除去されねばならないであ...

    信号歪みを抑制するフィルタ回路

  5. 【課題】出力精度の低下を招かずに特性の異なる複数のコンパレータを使い分ける。【解決手段】比較回路13は、帰還電圧Vfbと基準電圧Vrefを比較して比較信号S131を生成するコンパレータ131と、帰還電圧Vfbと可変基準電圧Vref2を比較して比較信号S132を生成するコンパレータ132(=コンパレータ131よりも低速だが省電力)と、を有する。そのオフセット補正方法とし...

    比較回路のオフセット補正方法

基本電子回路 ページ上部に戻る