電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け に関する技術一覧

「電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け」に関する技術の関連情報です。 「電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け」 の関連技術、「電気ケーブル,電線の据え付け,保守,修理または取り外しのために特に用いられる方法または装置」「相対的移動部分間の電気ケーブル,電線の配列」 など、その他「電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け」の分野ページはこちら

電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付けに所属する技術動向

電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付けの分野に属する技術の状況としては、2017年に898件、2018年に823件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付けの分野においては特に近年避雷用導体の据え付け,支持構体へのそれの固着の分野における動向が活発であり、他にもブスバーの据え付けや 相対的移動部分間の電気ケーブル,電線の配列といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては矢崎総業株式会社や住友電装株式会社、中国電力株式会社が豊富な実績を残しており、 住友電気工業株式会社などは、 導電接続,互いに絶縁された多数の電気接続要素の構造的な集合体,嵌合装置,集電装置や他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品といった分野も含め、 住友電装株式会社や株式会社オートネットワーク技術研究所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】簡素かつ小型の構造で発熱量の少ない電力回路を構築する。【解決手段】電力回路を構成するバスバー群10を制御回路基板20の表面に接着し、前記電力回路のスイッチ手段として表面実装型のリレースイッチ30を用いる。各リレースイッチ30の接点側端子を前記バスバー群10のバスバーに、コイル側端子を前記制御回路基板20にそれぞれ実装し、この制御回路基板20に組み込まれた制御回...

    回路構成体及び回路ユニット

  2. 【課題】簡単な構造で安価に形成でき、かつ回路変更の際にも多様な回路に容易に対応可能な電気接続箱を提供する。【解決手段】電気接続箱1は、上部を覆うメインカバー23と、このメインカバー23と係合し下部を覆うアンダーカバー29と、電源回路の配線を形成する電源配線板11と、外部のワイヤーハーネスを接続するジョイントコネクタ19とを有して構成される。電源配線板11とジョイントコ...

    電気接続箱及びその製造方法

  3. 【課題】従来の問題点を解決することがでるスライドドア給電構造を提供する。【解決手段】スライドドアと車体11間に、複数のピース12からなる渡り部ハーネスガイド13を設ける。渡り部ハーネスガイド13一端に車体側支持軸21を設け、車体11に固定されたブラケット22に回動自在に支持する。渡り部ハーネスガイド13の他端にドア側支持軸31を設け、連結部材32に回動自在に支持する。...

    スライドドア給電構造

  4. 【課題】簡単な操作で、電線端末部分の体積を大幅に増やすことなく、確実にアース用電線の止水処理を行う。【解決手段】アース用電線10を止水処理するにあたり、その一方の端末に対して例えば矢印Aの位置から流動性を有する止水剤を供給し、その止水剤の供給中または供給後に前記アース用電線10の他方の端末から当該アース用電線10の被覆材14の内側のエアを吸引して減圧することにより当該...

    アース用電線の止水処理方法

  5. 【課題】コルゲートチューブ付きのワイヤハーネスを車両ボディ等に沿って屈曲させる際の捩れや折れや傷みを防止する。【解決手段】断面円形のコルゲートチューブ2の凹溝11に固定具1の摺接支持部10,24を係合させ、コルゲートチューブ2を周方向回動自在に支持させる。断面長円形のコルゲートチューブの場合、円形の外周の回動部材の内側にコルゲートチューブを固定し、回動部材を固定具本体...

    コルゲートチューブの固定構造及びコルゲートチューブ固定具

新着の技術

電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】海底ケーブルが波によって揺動運動してもその影響を受けず海底の基礎に海底ケーブルを確実に固定するとともに、海底での設置(穿孔)場所の制限を少なくすることができる海底ケーブル固定具を提供する。【解決手段】海底ケーブル固定具10は、略円弧状に形成され、接続部12の先端部にその基端部で接続し、その内周面で光ファイバーケーブル(海底ケーブル)Cを押さえるフック部19と、...

    海底ケーブル固定具

  2. 【課題】経済的に蓋を固定できるケーブルトラフを提供する。【解決手段】上面が連続した開口となったトラフ本体10と、開口に設置された複数の蓋20とを有するケーブルトラフ1であって、複数の蓋20は、着脱する際にトラフ本体に対して上下に動かす蓋であって、トラフ本体に対し長手方向の位置を固定する手段23を含む複数の第1のタイプの蓋21と、複数の第1のタイプの蓋に挟まれた状態でト...

    ケーブルトラフ

  3. 技術 碍子装置

    【課題】複数の笠部を有する碍子装置を送電線に取り付けて使用する場合に、複数の笠部に起因して音響共鳴が発生し、高い周波数の風音が発生してしまう。【解決手段】ロッド状の芯材と、芯材の長手方向の一端と他端に設けられた一対の端末金具と、一対の端末金具の間で芯材の長手方向に配列された複数の笠部と、を備える碍子装置であり、複数の笠部は、芯材の長手方向で複数のグループに分かれて配置...

    碍子装置

  4. 【課題】地中熱エネルギーを利用し、災害時においてもデータを保護することができるコンクリート製のデータ保護ボックス及びデータ保護装置を提供する。【解決手段】地中に埋設され、少なくとも無停電電源装置25及びネットワークに接続される記憶装置26が収納されるコンクリート製のデータ保護ボックス1であって、底板13と、底板13の各辺から立設される側壁12からなる本体10と、本体1...

    データ保護ボックス及びこれを用いたデータ保護装置

  5. 【課題】リレーの誤装着を確実に防止する。【解決手段】第1リレー1は、リレーボックス3の第1開口12から挿入された第1リレー端子5が第1接続位置へ到達して第1ボックス端子9に嵌合接続することにより、第1リレー装着部17に装着される。第2リレー2は、リレーボックス3の第2開口18から挿入された第2リレー端子7が第2接続位置へ到達して第2ボックス端子10に嵌合接続することに...

    リレー取付構造

電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付けの詳細カテゴリ一覧

電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付けの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け ページ上部に戻る