電力の発電,変換,配電 に関する技術一覧

「電力の発電,変換,配電」に関する技術の関連情報です。 「電力の発電,変換,配電」 の関連技術、「電力の供給または配電のための盤,変電所,または開閉装置」「電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け」 など、その他「電力の発電,変換,配電」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「電力の発電,変換,配電」の分野ページはこちら

電力の発電,変換,配電に所属する技術動向

電力の発電,変換,配電の分野に属する技術の状況としては、2015年に13,589件、2016年に12,049件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、電力の発電,変換,配電の分野においては特に近年電力の供給または配電のための盤,変電所,または開閉装置の分野における動向が活発であり、他にも他類に属しない電機や 非常保護回路装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社やトヨタ自動車株式会社、株式会社デンソーが豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 計算,計数や基本的電気素子といった分野も含め、 東京電力株式会社や東芝システムテクノロジー株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

電力の発電,変換,配電』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 技術 電動機

    【課題】低回転域では高トルクを得ることができ、かつ高回転域まで回転し得る電動機を提供する。【解決手段】電動機20では、回転子23は、内回転子24と当該内回転子24に対し回転軸同心かつ回転径方向外側に位置する外回転子26とを有する2重構造とし、内回転子24には内永久磁石25a、25bを、また外回転子26には外永久磁石27a1、27a2、27b1、27b2を、それぞれ保持...

    電動機

  2. 【課題】操作入力が受付けられたことや操作入力に対する電子機器の応答を、ユーザが画面を見ずに容易に確認できるようにすること。【解決手段】CPU113は、タッチパネル102や操作キーに対する操作入力が受付けられたことを検知した場合に、駆動信号生成回路114を介して振動アクチュエータ115を駆動し、振動を発生させる。この振動によりタッチパネル102および操作キーをその表面に...

    携帯型電子機器、電子機器、振動発生器、振動による報知方法および報知制御方法

  3. 技術 定着装置

    【課題】この発明は、商用電源の限界により短時間の立ち上がり及び温度制御不能時の安全性確保を実現できという課題を解決しようとするものである。【解決手段】この発明は、通電により発熱する発熱源3、4と、この発熱源3、4によって加熱される定着部材1もしくは加熱部材と、待機時に蓄えた通常の商用電源17の出力電力以上の電力により立ち上げ時に発熱源3、4の少なくとも1つを所定の時間...

    定着装置

  4. 技術 分電盤

    【課題】交流負荷と直流負荷にそれぞれ交流電力と直流電力を供給するのに適した分電盤を提供する。【解決手段】商用電源に接続された交流分岐回路部1と、この交流分岐回路部1に交流—直流電力変換装置3aを介して直流分岐回路部2に接続可能とする。これにより、直流電力を使用する機器に直接直流電力を供給することができるので、機器毎にACアダプターを設置する必要のないものである。

    分電盤

  5. 【課題】複数のLED負荷を駆動する場合においても、LEDを電圧変換効率良く駆動する電源を提供する。【解決手段】直流電源1の電圧を変換する複数の降圧チョッパ型の電圧変換回路10,20を直列接続し、各電圧変換回路10,20の出力に、それぞれ最大電圧が高い第1のLED負荷15と、最大電圧が低い第2のLED負荷25を接続する。各LED負荷に流れる電流を検出器16,26で検出し...

    直流電源装置、発光ダイオード用電源、及び照明装置

新着の技術

電力の発電,変換,配電』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】電力管理装置(100)は、蓄電機器情報、PV発電電力予測情報、負荷消費電力予測情報および気温予測情報に基づいて、蓄電池(3)に計画される充放電電力を決定する運転計画作成部(206)を備える。運転計画作成部(206)は、少なくとも気温予測情報に基づいて蓄電池(3)の最大充電電力量あるいは充電終止電圧である充電終止点を決定し、該充電終止点以下で蓄電池3が...

    電力管理装置

  2. 【課題】追加の装置を必要とせずに、モータ制御で使用される相電流を用いて位相誤差補正を行う。【解決手段】モータ制御装置は、モータ1の回転角度を検出する回転角度検出部3と、モータ1の各相の相電流を検出する相電流検出部2と、相電流検出部2が検出した相電流に基づいて、回転角度検出部3が検出した回転角度を補正して、位相補正回転角度を出力する位相補正部4と、位相補正部4によって得...

    モータ制御装置

  3. 【課題】系統連系用電力変換装置において、突入電流防止回路を設けることなく、装置の起動時における、インバータと商用電力系統との間に設けられたコンデンサへの突入電流を、抑制する。【解決手段】パワーコンディショナ1の起動後に、インバータ出力電圧einvの振幅を、0から段階的に増加させて、商用電圧振幅検出回路11で検出された商用系統電圧euwの振幅に合わせてから、インバータ5...

    系統連系用電力変換装置、及びその起動制御方法

  4. 【課題・解決手段】回転子と、中空円盤状に形成されたコアバックおよびコアバックの軸方向一方面から軸方向に延び周方向に並んで配置された複数のティースを含む固定子鉄心を有し、ティースの先端部が軸方向について回転子に対向する固定子と、コアバックにおける軸方向一方面に対して軸方向について反対側の面である軸方向他方面が重ねられる底部を有するハウジングと、コアバックよりも径方向につ...

    アキシャルギャップ型回転電機およびその製造方法

  5. 【課題】自立運転機能を有する系統連系用電力変換装置において、突入電流防止回路を設けることなく、装置の起動時における、インバータと商用電力系統との間に設けられたコンデンサへの突入電流を抑制する。【解決手段】蓄電ハイブリッド発電システム1の起動後に、インバータ5からの出力電圧(自立系統電圧esd)の振幅を段階的に増加させて、検出された商用系統電圧euwの振幅に合わせてから...

    自立運転機能を有する系統連系用電力変換装置、及びその起動制御方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

ページトップへ

電力の発電,変換,配電 ページ上部に戻る

その他の分野

電力の発電,変換,配電』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。