発振を起すために特に適合したスパークギャップ に関する技術一覧

「発振を起すために特に適合したスパークギャップ」に関する技術の関連情報です。 「発振を起すために特に適合したスパークギャップ」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「発振を起すために特に適合したスパークギャップ」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜2件を表示(2件中)1/1ページ目

  1. 【課題】近年の小型化要求に適合し、かつ、限られた電源からの供給エネルギを有効に利用し、難着火性の燃焼機関の点火を可能とする高周波プラズマ点火装置の提供を目的とする。【解決手段】少なくとも、先端側が開口し、基端側が閉塞する略有底筒状の外側導体15と、外側導体15の底部150に近い位置(143)から高周波RFが入力される内側導体14とを同軸に配設せしめた同軸共振構造体16...

    高周波プラズマ点火装置

  2. 【課題・解決手段】本発明は、高周波式点火システム用の給電デバイスに関し、本デバイスは、プラズマ生成共振器(1)に接続された出力部に対し、給電回路制御デバイス(5)により供給された制御信号(V1)により定義される周波数で電源電圧を印加する給電回路(2、2’)を備え、制御デバイスが、最適制御周波数の決定要求を受信するインタフェース(52)と、給電回路(2)のコンデンサ(C...

    高周波式点火システムにおける共振器の共振周波数の最適制御法

    発振を起すために特に適合したスパークギャップの詳細カテゴリ一覧

    発振を起すために特に適合したスパークギャップの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    発振を起すために特に適合したスパークギャップ ページ上部に戻る