誘導放出を用いた装置 に関する技術一覧

「誘導放出を用いた装置」に関する技術の関連情報です。 「誘導放出を用いた装置」 の関連技術、「メーザすなわち誘導放出を用いた赤外線の波長より長い波長の電磁波の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置」「レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置」 など、その他「誘導放出を用いた装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「誘導放出を用いた装置」の分野ページはこちら

誘導放出を用いた装置に所属する技術動向

誘導放出を用いた装置の分野に属する技術の状況としては、2017年に1,151件、2018年に941件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、誘導放出を用いた装置の分野においては特に近年グループ1/00,3/00,または5/00に包含されるものとは異なった波動エネルギの誘導放出を用いる装置,例.フォノンメーザ,ガンマメーザの分野における動向が活発であり、他にもメーザすなわち誘導放出を用いた赤外線の波長より長い波長の電磁波の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置や レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日亜化学工業株式会社やシャープ株式会社、三菱電機株式会社が豊富な実績を残しており、 東日本電信電話株式会社などは、 光学要素,光学系,または光学装置やデジタル情報の伝送,例.電信通信といった分野も含め、 NTTエレクトロニクス株式会社や住友電気工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

誘導放出を用いた装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】発光波長が極めて安定で、しかも、可視光から赤外線領域までの種々の波長において高い輝度で発光させることができる半導体発光素子、半導体発光装置およびその製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】波長変換機能を有する蛍光物質を半導体発光素子の内部、表面、または、半導体発光装置の樹脂部分または、その他の外囲器の表面または内部に適宜、混合、堆積、または配置すること...

    半導体発光素子、半導体発光装置およびその製造方法

  2. 【課題】必要な利得を得ることができ、利得平坦化フィルタを使用する必要がない程度に利得の波長依存性を小さくすることができ、EDFAの帯域でも使用することができるラマン増幅器を提供する。【解決手段】半導体レーザ3はファブリペロー型のものでファイバグレーティング等の発振波長安定化用の外部共振器が接続されたものを使用する。又レーザの中心波長の間隔が6nm 以上35nm以下、中...

    ラマン増幅器とそれを用いた光中継器

  3. 【課題】成長するIII−V族化合物半導体層と基板結晶の熱膨張係数差、および格子定数差によって生じるクラックを抑え、欠陥の導入を抑制する。【解決手段】マスク14により成長領域13を制限した基板を用いて、エピタキシャル成長によりIII−V族化合物半導体膜15のファセット構造を形成し(b)、マスク14を覆うまでファセット構造を発達させる(c)。さらに、ファセット構造を完全に...

    III−V族化合物半導体膜とその成長方法、GaN系半導体膜とその形成方法、GaN系半導体積層構造とその形成方法、GaN系半導体素子とその製造方法

  4. 【課題】対向電極構造を有する窒化物半導体素子及びその製造方法を提供すること。【解決手段】窒化物半導体からなる積層体の一方の主面にp電極を形成する一方、他方の主面にn電極を形成し、両電極を対向配置してなる窒化物半導体素子である。他方の主面がn型窒化物半導体層の(000−1)面であり、n電極が、その(000−1)面に接しn型不純物を含む合金層を有している。

    窒化物半導体素子及びその製造方法

  5. 【課題】スパッタ法を用いてIII族窒化物系化合物半導体層を基板上に形成する際の好適な条件を提案する。【解決手段】サファイア基板上へ第1のIII族窒化物系化合物半導体層として、AlGaNまたはAlN層をスパッタ法により形成する際に、スパッタ装置の初期電圧をスパッタ電圧の110%以下とする。第1のIII族窒化物系化合物半導体層の上に、第2のIII族窒化物系化合物半導体層を...

    III族窒化物系化合物半導体素子の製造方法

新着の技術

誘導放出を用いた装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】発するレーザビームの波長が異なる複数のレーザ媒質(1,2)と、複数のレーザ媒質(1,2)から入射した複数のレーザビームを重ねて出射する回折格子(3)と、回折格子(3)から出射された複数のレーザビームの一部を反射して回折格子(3)に戻し、残りを透過させる部分反射ミラー(4)と、複数のレーザ媒質(1,2)の各々と回折格子(3)との間に個別に配置された複数...

    レーザ発振装置

  2. 【課題・解決手段】出力光電場を生成するために1以上の入力光電場の光子を周波数混合するための非線形媒質を具える光周波数混合モジュールが記載され、これは非線形媒質によって生成された出力光電場の波長を選択するために非線形媒質を1以上の入力光電場に自動的に位相整合させる非線形媒質チューナと、第1の方向補正光学系とを具える。非線形媒質に対する第1の方向補正光学系の位置は出力光電...

    光周波数混合モジュール

  3. 【課題・解決手段】種々の実施形態では、1つ以上のプリズムが、波長ビーム組み合わせレーザシステムにおいて利用され、ビームサイズを調整し、および/またはより狭い波長帯域幅を提供する。一実施形態において、1つ以上の第1のプリズムは、複数の第1のプリズムを備え、入射表面と射出表面とは、異なる第1のプリズム上にある。一実施形態において、回折格子は、反射性であり、それによって、回...

    ビーム品質改良および帯域幅低減のためのプリズムを利用する波長ビーム組み合わせレーザシステム

  4. 【課題】メタプロジェクタ、及びそれを含む電子装置を提供する。【解決手段】側面から光を出射する側面発光素子120と、側面発光素子120から出射される光の波長より短いサブ波長の形状寸法を有する複数のナノ構造物を含むメタ構造層MSと、側面発光素子120から出射された光の経路を、メタ構造層MSに向かう方向に変換する経路変換部材140と、を含むメタプロジェクタであり、該メタプロ...

    メタプロジェクタ、及びそれを含む電子装置

  5. 【課題】インピーダンス整合をとることを目的とする。【解決手段】半導体発光装置は、第1電極34に電気的に接続される第1伝送線路42と、第2電極36に電気的に接続される第2伝送線路44と、グランド層50と、を有する搭載基板38を有する。第1伝送線路42は、伝送方向に直交する幅W1を有する。第1電極34は、第1伝送線路42の幅W1を超えない大きさの幅W3を有し、第1伝送線路...

    半導体発光装置

誘導放出を用いた装置 ページ上部に戻る