導波管,導波管型の共振器,線路または他の装置 に関する技術一覧

「導波管,導波管型の共振器,線路または他の装置」に関する技術の関連情報です。 「導波管,導波管型の共振器,線路または他の装置」 の関連技術、「補助装置」「導波管または導波管型の共振器,線路または他の装置の製造装置または製造方法」 など、その他「導波管,導波管型の共振器,線路または他の装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「導波管,導波管型の共振器,線路または他の装置」の分野ページはこちら

導波管,導波管型の共振器,線路または他の装置に所属する技術動向

導波管,導波管型の共振器,線路または他の装置の分野に属する技術の状況としては、2016年に322件、2017年に418件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、導波管,導波管型の共振器,線路または他の装置の分野においては特に近年導波管型の遅延線路の分野における動向が活発であり、他にも導波管または導波管型の共振器,線路または他の装置の製造装置または製造方法や 導波管,導波管型の伝送線路といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社村田製作所や三菱電機株式会社、日立金属株式会社が豊富な実績を残しており、 東日本電信電話株式会社などは、 光学要素,光学系,または光学装置やデジタル情報の伝送,例.電信通信といった分野も含め、 三菱電機株式会社や株式会社NTTドコモといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

導波管,導波管型の共振器,線路または他の装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】デュアルバンド機のフロントエンド部に用いられるマイクロ波回路において、小型化、低消費電力化を図ることができる複合高周波部品を提供する。【解決手段】スイッチ3には、周波数帯域の広いGaAs半導体からなるスイッチを用いる。信号を受信する場合は、スイッチ3が第二のダイプレクサ2に接続され、第三の共通端子a7に入力された受信信号は第一の出力端子a5又は第二の出力端子a...

    複合高周波部品及びそれを用いた通信装置

  2. 【課題】整合回路が不要で、かつ回路の小型化が可能な複合高周波部品及びそれを用いた移動体通信装置を提供する。【解決手段】複合高周波部品10は、ダイプレクサ2、第1乃至第3の高周波スイッチ3〜5、第1及び第2のフィルタ6,7からなる。そして、ダイプレクサ2は、第1のインダクタL11,L12、第1のコンデンサC11〜C15で構成される。また、第1乃至第3の高周波スイッチ3〜...

    複合高周波部品及びそれを用いた移動体通信装置

  3. 【課題】無線通信機器の高周波回路などに使用される電圧制御通過帯域可変フィルタ51において、可変容量の構成を小型軽量化するとともに、容易に特性調整を可能とする。【解決手段】セラミック製の基板52内にR、L、Cや導体パターンなどが形成されて構成される電圧制御通過帯域可変フィルタ51において、前記セラミックから成り、印加電界に対応して静電容量が変化する絶縁層62を埋込み、か...

    電圧制御通過帯域可変フィルタおよびそれを用いる高周波回路モジュール

  4. 【課題】不要モードの発生による反射が起きにくく、変換効率が高い平面型高周波線路−導波管変換器を提供する。【解決手段】誘電体層2ならびにこの誘電体層の上面に配された線路導体3およびこの線路導体の一端部を取り囲むように同一面に配された接地導体層4から成る高周波線路と、接地導体層4に線路導体3の一端部と略直交するように形成されて線路導体3と結合されたスロット5と、線路導体3...

    高周波線路−導波管変換器

  5. 【課題】挿入損失を低減し、かつ回路の小型化が可能な複合高周波部品及びそれを用いた移動体通信装置を提供する。【解決手段】複合高周波部品10は、ダイプレクサ11、第1及び第2の高周波スイッチ12,13、第1及び第2のフィルタ14,15からなる。そして、ダイプレクサ11は、第1のインダクタL11,L12、第1のコンデンサC11〜C15で構成される。また、第1の高周波スイッチ...

    複合高周波部品及びそれを用いた移動体通信装置

新着の技術

導波管,導波管型の共振器,線路または他の装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】クロスカップリング切欠構造を備えたキャビティタイプの無線周波数フィルタにおいて、複数の共振素子のうちの少なくとも2つの共振素子の間にクロスカップリングのために設けられる切欠基板を含み、切欠基板は、少なくとも2つの共振素子とそれぞれ機構的に結合する第1結合構造および第2結合構造を備えた非導電性材質のメイン基板と、メイン基板に形成される導体パターンで実現...

    クロスカップリング切欠構造を備えたキャビティタイプの無線周波数フィルタ

  2. 【課題・解決手段】本願は、本体および包囲壁を含む誘電体共振器を提供し、ここで、包囲壁は本体の面上に突出して配置され、包囲壁は、本体の面を包囲して空洞領域を形成する。包囲壁は、空洞領域を包囲壁の外部空間から分離し、包囲壁は、上面、内側側面、および外側側面を含み、ここで、内側側面および外側側面は互いに対向して配置され、両者は上面と本体との間に接続され、上面は包囲壁の、本体...

    誘電体共振器およびフィルタ

  3. 【課題・解決手段】物体識別システム(400)は、それぞれのタグが物体(404)に関連付けられた物体識別タグ(402)が動作するための電力を得る誘導表面波を生成する誘導表面導波プローブ(P)と、前記物体のライフサイクルの間に前記タグが前記関連付けられた物体と共に移動するときに、前記タグのうちの1つ以上からの帰還信号を受信するように戦略的位置に配置された複数の受信器(40...

    物体識別システム及び方法

  4. 技術 送電装置

    【課題】環状の伝送コイルの変形を抑制でき、非接触電力伝送における伝送効率の低下を抑制できる。【解決手段】送電装置100は、水中において、受電コイルCLBを有する受電装置200に電力を伝送する。送電装置100は、磁界を介して受電コイルCLBに電力を伝送する送電コイルCLAを含む1つ以上の環状のコイルCLと、環状のコイルCLにより形成されるコイルCLの内方の空間に配置され...

    送電装置

  5. 【課題】高い周波数での特性に優れ、且つ、チップキャパシタの耐衝撃性に優れたバイアスティーを提供すること。【解決手段】本発明は、伝送路に同軸構造を採用したバイアスティーにおいて、チップキャパシタと;前記チップキャパシタを挟んで同軸上で連結される第1及び第2の中心導体と;前記チップキャパシタと前記第1の中心導体との間及び、前記チップキャパシタと前記第2の中心導体との間に設...

    バイアスティー

導波管,導波管型の共振器,線路または他の装置 ページ上部に戻る