原子力プラント に関する技術一覧

「原子力プラント」に関する技術の関連情報です。 「原子力プラント」 の関連技術、「沸騰水型原子炉」「重水減速炉」 など、その他「原子力プラント」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「原子力プラント」の分野ページはこちら

原子力プラントに所属する技術動向

原子力プラントの分野に属する技術の状況としては、2017年に93件、2018年に73件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、原子力プラントの分野においては特に近年沸騰水型原子炉の分野における動向が活発であり、他にも重水減速炉や 実験研究炉といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日立GEニュークリア・エナジー株式会社や三菱重工業株式会社、株式会社東芝が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 電気的デジタルデータ処理や画像通信,例.テレビジョンといった分野も含め、 東芝プラントシステム株式会社や日本原子力事業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

原子力プラント』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】応力腐食割れ防止のための水素の注入量及び貴金属の注入量を少なくし、これによって、タービン系への放射能の移行を低減させ、オフガス系の過剰水素の量を低減させ、燃料材料表面上への貴金属の付着量を極力小さくし、さらには燃料表面上に生成するルースな粒子状の鉄の生成を抑制して燃料材料の酸化および水素化を増大することなく、原子炉一次系材料の腐食電位を低減させて原子炉構造材の...

    原子炉構造材及び原子炉構造材の腐食低減方法

  2. 【課題】 原子力プラント構成部材への放射性核種の付着を効果的に抑制する方法を提供する。【解決手段】 原子力プラントを構成する金属部材の表面に形成された汚染物を除去する除染工程の終了段階から前記原子力プラントの起動前までの期間に、鉄(II)イオンを含む第1の薬剤と、前記鉄(II)イオンを鉄(III)イオンに酸化する第2の薬剤と、前記第1と第2の薬剤の混合した処理液の...

    原子力プラント構成部材への放射性核種の付着抑制方法及び成膜装置

  3. 【課題】微量な表面付着物を評価するセンサを用いて炉内環境に注入された貴金属の付着量を連続的にモニタリングするモニタリングシステムを提供する。【解決手段】原子炉圧力容器2と冷却水の循環系(再循環ループ7)と貴金属注入系130とから炉水循環システムを構成し、さらに、貴金属注入ループ134と、付着量をモニタリングするための付着量モニタリングセンサ1と、弁開閉ユニット140と...

    付着量モニタリングセンサ及びモニタリングシステム方法並びに水質管理方法

  4. 【課題】プラントの潜在的エラーの顕在化を計り異常事態の告知が有ったとき運転員に対して適切な注意を喚起して操作自体の妥当性を管理すること【解決手段】プラントデータのモニタ装置と、プラントの運転制御装置と、センサデータで異常を発見する監視システムと、モニタ装置、運転制御装置、監視システムの出力情報を提示する表示装置と、を備えた安全支援装置において、顕在的または潜在的に存在...

    プラントまたは機械装置の安全支援装置

  5. 【課題】第一の課題は、電磁波の照射下で用いられる金属構造体の腐食発生を、効率良く簡便に抑制するための防食用部材を提供することにある。第二の課題は、電磁波の照射下で用いた場合でも優れた防食性を示す金属構造体を提供することにある。【解決手段】金属構造物における溶接部または異種金属接触部での腐食を抑制するための部材であって、電磁波の照射によって電子を発生する機能層が、導電性...

    防食用部材および該防食用部材を取り付けた金属構造体

新着の技術

原子力プラント』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】マルチモジュール式発電プラントは、発電プラント出力を生成する複数のオンサイト原子力発電モジュールと、発電プラントの所内負荷に関連する電気を使用して動作するように構成された複数の発電プラントシステムとを含む。発電プラントに関連する開閉所は、発電プラントを分散型電力網に電気的に接続することができる。分散型電力網は、複数の地理的に分散した消費者にサービスす...

    専用電力網を備えたマルチモジュール式発電プラント

  2. 【課題】効率、製造容易性、性能及び安全機能を有する蒸気発生器の提供。【解決手段】原子炉用の蒸気発生器40,42は、炉容器20のライザー塔底部と交差する第1平面に近接するプレナム85を含む。蒸気発生器はさらに、第1平面と近似的に平行であって炉容器のライザー塔30頂部と交差する第2平面に近接するプレナムを含む。蒸気発生器はさらに、第1平面に近接して配置されたプレナムから第...

    原子炉蒸気発生器とこれを運転する方法、及び原子炉蒸気発生システム

  3. 【課題・解決手段】一実施形態では、炉心内の装置と放熱フィンの集合体とを備えた受動的炉心崩壊熱輸送システムが開示される。上記装置は、燃料集合体3を含んだ少なくとも1つの冷却材流路2と、上記集合体における燃料を遮蔽プラグ6に連結する少なくとも1つのコレット継手4と、燃料からの崩壊熱を輸送するための少なくとも1つの液体金属サーモサイフォン5と、サーモサイフォン5からの熱を輸...

    受動的崩壊熱輸送のためのシステム、装置および方法

  4. 【課題】超ウラン元素(TRU)を燃焼させる原子炉を提供する。【解決手段】TRUを急速に燃焼(爆発)させるために爆縮という手段がある。本発明では爆発に重点を置かずに、比較的急速に燃焼させ続けるということに重点を置いた。特に、TRUは自発中性子を多量に放出するから、臨界未満でも核分裂が非常に活発であり、燃焼が比較的長時間続く。時間が経過すると爆縮の効果がなくなるため核分裂...

    TRU燃焼原子炉とTRU燃焼発電装置

  5. 【課題】所定の非凝縮性ガスを減衰させることができるようにした沸騰水型原子炉を提供すること。【解決手段】沸騰水型原子炉では、蒸気タービン4と空気抽出器6の間に位置する主復水器5内に、所定の非凝縮性ガスの放射能濃度を減衰させる減衰部55を設ける。減衰部55は、気相部52内に位置してもよい。減衰部55に流入口は、空気集合管53の流出口に接続してもよい。これにより、主復水器5...

    沸騰水型原子炉

原子力プラント ページ上部に戻る