原子核工学 に関する技術一覧

「原子核工学」に関する技術の関連情報です。 「原子核工学」 の関連技術、「核融合炉」「原子炉」 など、その他「原子核工学」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「原子核工学」の分野ページはこちら

原子核工学に所属する技術動向

原子核工学の分野に属する技術の状況としては、2017年に1,018件、2018年に711件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、原子核工学の分野においては特に近年核爆発,その利用の分野における動向が活発であり、他にも放射線源からのエネルギーの取得,放射線源からの放射線の応用,宇宙線の利用や 化学元素の変換,放射線源といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社東芝や日立GEニュークリア・エナジー株式会社、三菱重工業株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 計算,計数や基本的電気素子といった分野も含め、 東芝プラントシステム株式会社や東芝エネルギーシステムズ株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

原子核工学』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】輝尽発光量の増加したアルカリハライド系蛍光体、および感度の高い放射線像変換パネルを提供する。【解決手段】基本組成式:CsBr:xEu[ただし、xは0<x≦0.2の範囲の数値である]で表される蛍光体であって、該蛍光体に含まれるEu2+とEu3+の比率が発光強度比で、5×10-5≦Eu3+/Eu2+≦0.1の範囲にあるユーロピウム付活臭化セシウム系蛍光体。

    アルカリハライド系蛍光体および放射線像変換パネル

  2. 【課題】感度と高い鮮鋭度及び低いノイズを有する画像の間の非常に良い妥協を有する、X−線記録系において有用な刺激可能な蛍リン光体スクリーンを提供すること。【解決手段】蛍リン光体がアルカリハライド蛍リン光体であり、針がスクリーンの平面における高い[100]ユニットセル配向を示す針形結晶を有する無結合剤保存蛍リン光体スクリーン。

    針形結晶を有する無結合剤保存蛍リン光体スクリーン

  3. 【課題】位相コントラスト放射線画像に対して適切なディジタル化および画像処理が可能な位相コントラスト放射線画像処理装置を提供する。【解決手段】位相コントラスト放射線画像撮影されたフィルムを自動現像する自動現像機と、現像後のフィルムから位相コントラスト放射線画像データを生成するフィルムディジタイザと、このフィルムディジタイザにて生成された位相コントラスト放射線画像データに...

    位相コントラスト放射線画像処理装置

  4. 【課題】配線が不要であり、またコントローラとは独立し、しかも離れた位置でも撮影可能で使い勝手がよい。【解決手段】カセッテ型放射線画像読取装置1は、照射された放射線の強度に応じて2次元的に配列された複数の検出素子で画像データを生成して放射線画像の読み取りを行なう撮像パネル10と、この撮像パネル10の放射線画像の読み取りを開始させる読取開始手段20と、撮像パネル10から読...

    カセッテ型放射線画像読取装置

  5. 【課題】 EUV光源装置において、ミラーコーティングに有害であるとされるデブリから集光ミラーを保護する。【解決手段】 ターゲットにレーザビームを照射することにより極端紫外光を発生する光源装置であって、極端紫外光の生成が行われるチャンバ100と、該チャンバ内にターゲットとなる物質を供給するターゲット噴射装置120及びターゲット噴射ノズル121と、ターゲットにレーザビ...

    極端紫外光源装置

新着の技術

原子核工学』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】放射線が強い場所(原発事故現場等や原子炉等や、核燃料や放射能物質等の生成・保管・廃棄用施設等や宇宙空間等を含む)等においては、本機器で不要物等(核燃料デブリや放射線で汚染された物や障害物や放射能物質等)の位置を把握したり、不要物等の付近を監視・点検したり、不要物等の搬出入等や、修理・工事・廃炉業務等ができる装置を提供する。【解決手段】超音波(又は音波)は放射線...

    放射線に影響されにくい撮影機器並びに画像表示機器

  2. 【課題】原子炉圧力容器の解体工法の選択肢を広げることができる原子炉圧力容器の解体工法を提供することを目的としている。【解決手段】本発明の原子炉圧力容器の解体工法は、原子炉建屋10の原子炉格納容器14内で熱遮蔽壁141及び金属保温材142で囲まれた原子炉圧力容器12の解体工法であって、 前記熱遮蔽壁141及び金属保温材142を上方から撤去する撤去工程と、 前記熱遮蔽...

    原子炉圧力容器の解体工法

  3. 【課題・解決手段】炉内核計装装置用駆動装置(100)は、電源(20)と駆動モータ(3)との間に安全回路(10)を備えている。この安全回路(10)は、カバー部材(8)の内部に設けられ、カバー部材(8)の装着状態に応じて、駆動モータ(3)への電源投入が可能な導通状態と、電源投入が不可能な遮断状態との切り換えを行う。そして、この安全回路(10)は、カバー部材(8)がベース部...

    炉内核計装装置用駆動装置

  4. 【課題】炉水の放射線濃度を効果的に低減する。【解決手段】実施形態において、燃料集合体の改修方法は、液体作成工程と付着工程とを備える。液体作成工程では、TiO2,TiCl4,Ti(OH)4,TiF4,TiCl3,TiN,TiC,Ti(SO4)2,Ti3O5,Ti(NO3)4,Al3O3,Al(OH)3,AlCl3,Al(NO3)3,Al2(SO4)3,WO2,WO3,W...

    燃料集合体の改修方法、燃料集合体の製造方法

  5. 【課題】原子炉が事故になった時タービンや復水器を用いないで原子炉を連続的に冷却し放射能を出さない安全な原子炉を提供する。【解決手段】事故時、弁を開いて冷却器に原子炉の水や蒸気を送り、冷却器を冷却して原子炉の熱を奪い、原子炉を安全に連続運転する。弁の小型化を図り、弁の開閉に伴う水の衝撃を少なくするため冷却器は常時原子炉と同じ圧力の水を貯える。

    事故時の原子炉の冷却装置

原子核工学 ページ上部に戻る