遮へい に関する技術一覧

「遮へい」に関する技術の関連情報です。 「遮へい」 の関連技術、「電界または磁界,例.電波,からのもの」「紫外線,可視光線,または赤外線からのもの」 など、その他「遮へい」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「遮へい」の分野ページはこちら

遮へいに所属する技術動向

遮へいの分野に属する技術の状況としては、2015年に1件、2016年に2件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、遮へいの分野においては特に近年紫外線,可視光線,または赤外線からのものの分野における動向が活発であり、他にも機械的損傷を生じさせる影響からのもの,例.爆風,外部の物体,人間に起因する影響からのものや 熱からのものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはルネサスエレクトロニクス株式会社や株式会社日立カーエンジニアリング、スタビーラ・メスゲレーテ・グスタフ・ウルリッヒ・ゲーエムベーハーが豊富な実績を残しており、 ルネサスエレクトロニクス株式会社などは、 半導体装置または固体装置またはそれらの部品の製造または処理に適用される方法または装置や1つの共通基板内または上に形成された複数の半導体構成部品または他の固体構成部品からなる装置といった分野も含め、 株式会社日立カーエンジニアリングや日立金属株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

遮へい』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電磁波遮蔽積層体、特にPDP保護板の簡便な製造方法を提供すること。【解決手段】少なくとも1枚の剛性板を用いて、一方の面に導電層を設けた板状基材の少なくとも一方の面に接着剤層または粘着剤層を介して板状体を真空積層する電磁波遮蔽積層体の製造方法。

    電磁波遮蔽積層体の製造方法

  2. 【課題】PDP(プラズマディスプレイパネル)の前面に設け、外光の反射、発光色の補正、近赤外領域の線スペクトルの放出防止、電磁波の漏洩防止を行う。【解決手段】PDPの前面にフィルタ2を設ける。フィルタは合成樹脂に選択吸収用の顔料を混合してフィルタ基台11とし、PDPの発光色の赤色成分を吸収し、青色が紫がかって見えるのを防止し、PETフィルム等に銀および無機酸化物をスパッ...

    光学フィルタ装置

  3. 【課題】品質的にも対応でき、量産性に適する、金属薄膜からなるメッシュを設けた電磁波遮蔽板の製造方法を提供する。【解決手段】基板面ないしシリンダ面にエッチング等により形成したメッシュ状の凹部115に、電離放射線硬化性又は熱硬化性で、硬化後に無電解めっきができる樹脂120を埋め込み、凹部以外に付いた余分の樹脂を掻き取り、凹部に樹脂を充填させる樹脂充填工程と、基板面ないしシ...

    電磁波遮蔽板の製造方法

  4. 【課題】筐体に対して均一かつ低抵抗の導通を図ることができ、しかも耐久性に優れ、高温多湿環境下での使用においても電磁波シールド性等の特性の劣化の問題がない電磁波シールド性光透過窓材を提供する。【解決手段】2枚の透明基板2A,2B間に導電性メッシュ5を介在させてなる電磁波シールド性光透過窓材1。導電性メッシュ5の縁部及び透明基板2Bの縁部を透明基板1Aからはみ出させ、積層...

    電磁波シールド性光透過窓材

  5. 【課題】PDP前面の電磁波漏洩防止フィルタの導電メッシュの格子間に電荷が帯電しないようにし、帯電電荷の放電による異常音の発生を防止する。【解決手段】フィルタ基台11は無色透明で耐衝撃性のある合成樹脂にPDPの発光色を補正するための顔料を混合して形成し、図示しない近赤外線フィルタ層を設け、1面にAR(反射防止)フィルム21を粘着し、他面に導電メッシュ12を配設し、導電メ...

    電磁波漏洩防止フィルタ

新着の技術

遮へい』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】検出装置の処理回路に、外部から侵入してくるノイズを低減する。【解決手段】内燃機関の燃焼圧を検出する圧力検出装置は、燃焼室内の圧力に応じた電荷信号を出力する圧電素子10と、圧電素子10が出力する電荷信号を積分する積分回路212および積分で得られた電圧信号を増幅する増幅回路213を実装してなる実装基板210とを有する。この実装基板210には、制御装置から電源電圧を...

    検出装置および検出システム

  2. 【課題】出力特性の非直線性を低減させることができる半導体物理量センサ装置を提供すること。【解決手段】センサ部1および特性補正回路3の高電位側と電源端子11との間は、第1,3電源配線S1a,S1により接続される。増幅回路2および基準電圧回路4の高電位側と電源端子11との間は、第2,4電源配線S2a,S2により接続される。センサ部1、増幅回路2、特性補正回路3および基準電...

    半導体物理量センサ装置

  3. 【課題】本発明は、可動部と非可動部との間に形成される隙間の延びる方向と可動部の加振方向とが一致する場合であっても、可動部の変位を充分に吸収するカバー部材を提供する。【解決手段】本発明のカバー部材12は、可動部と、非可動部との間に所定長さで形成される隙間をカバーするカバー部材12であって、前記隙間の幅方向で弛むように配置される第1弛み部13と、前記隙間で弛むように配置さ...

    カバー部材、このカバー部材の製造方法、及びこのカバー部材を使用したカバー構造体

  4. 技術 計器装置

    【課題】磁石の影響を受けにくくし、部品の配置自由度を損なわない計器装置を提供する。【解決手段】車両の走行状況を表示する表示器10と、この表示器10と電気的に接続する第1の回路基板12aと、車両の速度の回転を伝達する回転ケーブル9とともに回転する磁石14と、磁石14の回転を検出するホールIC15と、表示器10と第1の回路基板12aと磁石14およびホールIC15とを収容す...

    計器装置

  5. 【課題】260℃よりも高い温度における使用に適しており、周囲環境に対する導体の高い電気絶縁特性を保証するフィードスルー部品の提供。【解決手段】少なくとも1つのアクセス開口を備える支持体2を有し、アクセ ス開口において少なくとも1つの機能部品4が電気的に絶縁性の固定材料3に 配置されており、電気的に絶縁性の固定材料3が、350℃の温度において1 .0×1010Ω・...

    過酷な環境のためのフィードスルー部品

遮へいの詳細カテゴリ一覧

遮へいの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

遮へい ページ上部に戻る