器械または装置の較正 に関する技術一覧

「器械または装置の較正」に関する技術の関連情報です。 「器械または装置の較正」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「器械または装置の較正」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜5件を表示(5件中)1/1ページ目

  1. 【課題】3線式温度測定回路の調整、校正を省スペース及び省作業により効率良く実施するための校正用抵抗発生器を提供すること。【解決手段】ダイアル式可変抵抗器が所要の桁数に等しい個数を直列接続されてなる第1の可変抵抗体11と、ダイアル軸を共有して連動する3個のダイアル式可変抵抗器が、所要の桁数に等しい個数を直列接続されてなる3組の第2の可変抵抗体12a、12b、12cと、前...

    校正用抵抗発生器

  2. 【課題】装置構成の簡素化、コンパクト化を図ることができ、スループットの向上が可能となり、プローブ間でのクロストークの発生をなくすことができる記録再生装置及び記録再生方法を提供する。【解決手段】複数のプローブを用いて、非記録状態と記録状態とで電圧に対する電流応答波形が異なる記録層に、電圧を印加して該記録層を記録状態とすることにより該記録層に情報を記録する一方、該記録した...

    記録再生装置及び記録再生方法

  3. 技術 較正技法

    【課題】多素子システムにおける素子の較正を可能とする技法を提供する。【解決手段】本発明の方法は、第1の要素の動作パラメータを、外部の手段から受け取った第2の要素に関する情報に基づいて調節する段階からなる方法であって、第2の要素の1つの特徴が少なくとも1つの可変パラメータの関数としていかに変化するかを規定することを特徴とする。具体的には、出力段とアンテナとの間の信号経路...

    較正技法

  4. 【目的】センサ支持体の変形に拘らず高精度に測定でき、かつ、測定速度を向上でき、しかも測定密度も向上できるシート状物用測定装置を得ることにある。【構成】走行するシート状物11の幅方向に往復移動自在なセンサ支持体7と、この支持体に前記幅方向に沿って一定間隔Sで並設した複数の非接触形センサ12a〜12d と、最も端に位置したセンサ12a から前記一定間隔を隔ててシート状物1...

    シート状物用測定方法および装置

  5. 【目的】位置検出装置の位置調節を正確、且つ、容易に行う。【構成】アクチュエータのボデイに取り付けビス22で基台36を固定し、前記基台36に対しレール40に係合するあり溝38を介して位置検出装置10を摺動自在に設け、基台36に設けられた歯42と噛合する歯車46を回転させることにより、位置検出装置10のアクチュエータに対する位置の微調節を行う。

    アクチュエータの位置検出装置用アジャスタ

    器械または装置の較正の詳細カテゴリ一覧

    器械または装置の較正の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    器械または装置の較正 ページ上部に戻る