目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構 に関する技術一覧

「目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構」に関する技術の関連情報です。 「目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構」 の関連技術、「走査型プローブ技術を利用した装置の細部」「形状記憶合金を用いたもの」 など、その他「目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構」の分野ページはこちら

目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構に所属する技術動向

目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構の分野に属する技術の状況としては、2017年に1件、2018年に1件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構の分野においては特に近年その他のものの分野における動向が活発であり、他にも圧力により変形または変位する部分をそなえた中空体,例.ブルドン管,ベローズや 複合帯または複合板,例.バイメタル状のといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社日立ハイテクサイエンスやエスアイアイ・クリスタルテクノロジー株式会社、独立行政法人科学技術振興機構が豊富な実績を残しており、 株式会社日立ハイテクサイエンスなどは、 半導体装置または固体装置またはそれらの部品の製造または処理に適用される方法または装置や放電にさらされる物体または材料を導入する設備を有する電子管,例,その試験や処理をするためのものといった分野も含め、 大研化学工業株式会社や独立行政法人産業技術総合研究所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明は、光利用効率が高く、高速走査が可能で、検出される光に含まれるバックグランド光が少ない近接場光プローブおよびその製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】基板11の上に円錐体または多錐体または平面楕円体または三角形の形状をした金属の散乱体12を形成し、その散乱体の周辺に散乱体の高さと同じ膜厚を持つ金属または誘電体または半導体などの膜13を形成する。

    近接場光プローブおよびそれを用いた近接場光学顕微鏡および光記録/再生装置

  2. 【課題】本発明は、散乱体を用いたプローブにおいて、強い近接場光が発生する点以外の部分で発生する近接場光がノイズとなる。【解決手段】散乱体の強い近接場光が発生する頂点以外の部分の表面を、削る深さが近接場光のしみ出し深さ以上になるように削る。【効果】試料観察や記録マークを再生する場合のノイズを抑えることが出来る。

    近接場光発生プローブ及び近接場光発生装置

  3. 【課題】本発明の課題は、構造的に細い上に耐磨耗性が高いと共に必要な剛性を持ち、試料面に対してチップが垂直になるようにカンチレバー先端に取り付け形成され、また素材が導電性を有し、分解能が安定で測定再現性がよいプローブ顕微鏡の探針を提供することまた、溝部側壁位置を測定できるプローブを提供することにある。【解決手段】本発明のプローブ顕微鏡用の探針は、カンチレバー先端部にFI...

    走査型プローブ顕微鏡用探針

  4. 【課題】構成が簡単で、的確な試料表面の検出が可能なカンチレバーアレイ、その製造方法及びそれを用いた走査型プローブ顕微鏡、案内・回転機構の摺動装置、センサ、ホモダインレーザ干渉計、試料の光励振機能を有するレーザドップラー干渉計ならびにカンチレバーの励振方法を提供する。【解決手段】カンチレバーアレイにおいて、試料1の表面2上を摺動する多数のコンプライアントなカンチレバー3...

    カンチレバーアレイ、その製造方法及びそれを用いた走査型プローブ顕微鏡、案内・回転機構の摺動装置、センサ、ホモダインレーザ干渉計、試料の光励振機能を有するレーザドップラー干渉計ならびにカンチレバーの励振方法

  5. 【課題】強力な光伝送を行う装置を提供する。【解決手段】光伝送装置20は、開口12が形成された金属フィルム10と、金属フィルム10の第1の表面10aに実質的に隣接して設けられた屈折率nd1の第1の誘電体層14aと、金属フィルム10の第2の表面10bに実質的に隣接して設けられた屈折率nd2の第2の誘電体層14bとを有する。第1の誘電体層14aの屈折率nd1と、第2の誘電体...

    光伝送装置

新着の技術

目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】外側に信号線が露出せず、製造及びメンテナンスのコストを抑えることができる走査プローブ顕微鏡の走査ヘッドを提供する。【解決手段】走査ヘッド1は、対向配置され、第一受入空間及び第二受入空間をそれぞれ形成する第一端部111及び第二端部112を有する走査ヘッドフレーム11と、第一受入空間内に位置するサンプルテーブル12と、第二受入空間内に位置する走査モジュール13と、...

    走査プローブ顕微鏡の走査ヘッド

  2. 【課題】測定の空間分解能と再現性を向上させることができる近接場走査プローブ顕微鏡、走査プローブ顕微鏡用プローブおよび試料観察方法を提供する。【解決手段】近接場走査プローブ顕微鏡であって、検査対象試料上を相対的に走査する測定探針と、励起光照射系と、励起光照射系からの励起光の照射により測定探針を含む領域に近接場光を生成する近接場光生成系と、測定探針と試料との間に発生した、...

    近接場走査プローブ顕微鏡、走査プローブ顕微鏡用プローブおよび試料観察方法

  3. 【課題】急峻な段差構造を有する試料の表面の正確なパターン形状を得ることができるとともに、信頼性を向上させることができ、かつ低コスト化を図ることができる走査型プローブ顕微鏡を提供する。【解決手段】本発明による走査型プローブ顕微鏡1は、観察ユニット2と、観察ユニット2に設けられ、三次元方向に伸縮可能なスキャナ3と、スキャナ3に設けられたカンチレバー4と、カンチレバー4の先...

    走査型プローブ顕微鏡

  4. 【課題】試料表面の形状とそれに対応する物理特性の分布の測定を、高解像度且つ短時間で行うことができる方法を提供する。【解決手段】試料表面を探針で走査する間に該試料表面の複数の測定点において、該探針と該試料表面の相互作用に基づいて得られる該試料表面の形状の測定と、該複数の測定点においてそれぞれ入力する所定の物理量の値と該入力に対応して出力される別の所定の物理量の値の関係を...

    試料表面形状と物理特性の測定方法、及び走査型プローブ顕微鏡

  5. 【課題】流動体の漏れの問題がなく、ピストンの摺動抵抗が小さく安定して作動し、磨耗と劣化が少なく、耐久性の良いサーモエレメントを得る。【解決手段】サーモエレメントは、底のあるケース(11)と、ケースに充填され温度変化により膨張収縮するパラフィンを含む熱膨張体(21)と、軸方向に移動するピストン(40)と、ピストンを摺動自在に保持するガイド部材(50)と、熱膨張体とピスト...

    サーモエレメント及びサーモスタット

目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構の詳細カテゴリ一覧

目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

目的が測定だけに限定されない運動または変位を発生しうる感知素子,上記素子と連動する伝達機構 ページ上部に戻る