情報記憶 に関する技術一覧

「情報記憶」に関する技術の関連情報です。 「情報記憶」 の関連技術、「記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録」「静的記憶」 など、その他「情報記憶」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「情報記憶」の分野ページはこちら

情報記憶に所属する技術動向

情報記憶の分野に属する技術の状況としては、2018年に687件、2019年に559件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、情報記憶の分野においては特に近年静的記憶の分野における動向が活発であり、他にも静的記憶といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社半導体エネルギー研究所やパナソニック株式会社、株式会社東芝が豊富な実績を残しており、 ルネサスエレクトロニクス株式会社などは、 基本的電気素子や計算,計数といった分野も含め、 日立マクセル株式会社や株式会社日立超エル・エス・アイ・システムズといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

情報記憶』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】所望の出力電圧値を得るために印加電圧を増やしても磁気抵抗変化率があまり減少せず、書き込みによって磁化固着層の一部の磁気モーメントが回転して出力が徐々に低下する問題がなく、さらに反転磁場を自由に設計できる磁気抵抗効果素子を提供する。【解決手段】第1の反強磁性層(11)/第1の強磁性層(12)/第1の誘電体層(13)/第2の強磁性層(14)/第2の誘電体層(15)...

    磁気抵抗効果素子および磁気記録素子

  2. 【課題】ナノメータスケールの微粒子(30)を所定の位置に配列することにより、磁性粒子に応用した場合は高記録密度を可能にする磁気記録媒体が得られ、高密度磁気記録再生装置を実現することが可能となる。【解決手段】基板(32)上に微粒子(30)を固定した配列体であって、前記微粒子(20)の表面には前記微粒子の表面と結合した有機コーティング膜(31)が形成され、前記基板(32)...

    微粒子配列体とその製造方法及びこれを用いたデバイス

  3. 【課題】規格の異なる3種類の光情報記録媒体について情報の記録または再生を行うことができる光ピックアップ装置を提供する。【解決手段】波長λ1の第1光源1からの光束を用いて厚さt1の第1保護基板を有する第1光情報記録媒体に対する情報の再生及び/または記録を行い、それぞれ波長λ2及び波長λ3(λ1<λ2<λ3)の第2光源2及び第3光源3からの光束を用いて厚さt2及び厚さt3...

    光ピックアップ装置、対物レンズ、回折光学素子、光学素子及び記録・再生装置

  4. 【課題】膨大な量のマルチメディア情報からユーザの関心のある部分のみを抽出して、ユーザ毎に個別の情報を選択的に提供する。【解決手段】データベース101内のマルチメディア情報に対して動画像解析、音響・音声解析、テキスト解析を行うことにより、情報がどのような情報であるかがわかる属性を取得し、その情報に属性を付与する。検索部105はこの属性と予め登録されたユーザプロファイルに...

    情報提供方法、情報提供装置、情報受信装置、並びに情報記述方法

  5. 【課題】対応波長の異なる光ディスク又は記録面に対し記録再生可能な小型化に適した光ピックアップを提供する。【解決手段】第1波長を有する第1光ビームを出射する半導体レーザの第1の光源と、第1波長より長い第2波長を有する第2光ビームを出射する半導体レーザの第2の光源と、第2波長より長い第3波長を有する第3光ビームを出射する半導体レーザの第3の光源と、第1、第2及び第3光ビー...

    光ピックアップ

新着の技術

情報記憶』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】ディスクライブラリシステムの状態に関する情報を精度よく予測すること。【解決手段】交換可能な複数の光ディスクに対してデータの書き込みまたは読み出しを行うディスクドライブを備えたディスクライブラリシステムは、光ディスクの状態に関する第1情報を取得する第1取得部と、ディスクドライブの状態に関する第2情報を取得する第2取得部と、記憶部に記憶されている、第1情報と第2情...

    ディスクライブラリシステム、ディスク管理装置、予測方法、プログラム、及び学習済みモデル

  2. 【課題】複数の読取素子を利用する磁気テープ装置において良好な再生品質でのデータの再生が可能な磁気テープの提供。【解決手段】非磁性支持体と磁性層とを有し、磁性層はタイミングベースサーボパターンを有し、タイミングベースサーボパターンの磁気力顕微鏡観察により特定されるエッジ形状は、磁気テープの長手方向における理想形状からの位置ずれ幅の累積分布関数99.9%の値L99.9と累...

    磁気テープ、磁気テープカートリッジおよび磁気テープ装置

  3. 【課題】複数の読取素子を利用する磁気テープ装置において良好な再生品質でのデータの再生が可能な磁気テープの提供。【解決手段】非磁性支持体と強磁性粉末および結合剤を含む磁性層とを有し、上記磁性層はタイミングベースサーボパターンを有し、上記タイミングベースサーボパターンの磁気力顕微鏡観察により特定されるエッジ形状は、磁気テープの長手方向における理想形状からの位置ずれ幅の累積...

    磁気テープ、磁気テープカートリッジおよび磁気テープ装置

  4. 【課題】複数の読取素子を利用する磁気テープ装置において良好な再生品質でのデータの再生が可能な磁気テープの提供。【解決手段】非磁性支持体と強磁性粉末および結合剤を含む磁性層とを有し、上記磁性層はタイミングベースサーボパターンを有し、上記タイミングベースサーボパターンの磁気力顕微鏡観察により特定されるエッジ形状は、磁気テープの長手方向における理想形状からの位置ずれ幅の累積...

    磁気テープ、磁気テープカートリッジおよび磁気テープ装置

  5. 【課題】複数の読取素子を利用する磁気テープ装置において良好な再生品質でのデータの再生が可能な磁気テープの提供。【解決手段】非磁性支持体と磁性層とを有し、磁性層はタイミングベースサーボパターンを有し、タイミングベースサーボパターンの磁気力顕微鏡観察により特定されるエッジ形状は、磁気テープの長手方向における理想形状からの位置ずれ幅の累積分布関数99.9%の値L99.9と累...

    磁気テープ、磁気テープカートリッジおよび磁気テープ装置

情報記憶 ページ上部に戻る