自動楽器 に関する技術一覧

「自動楽器」に関する技術の関連情報です。 「自動楽器」 の関連技術、「自動楽器」「鍵盤楽器用の独立した演奏装置」 など、その他「自動楽器」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「自動楽器」の分野ページはこちら

自動楽器に所属する技術動向

自動楽器の分野に属する技術の状況としては、2016年に9件、2017年に15件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、自動楽器の分野においては特に近年鍵盤楽器用の独立した演奏装置の分野における動向が活発であり、他にも自動楽器の細部,または付属品や 自動楽器といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはヤマハ株式会社やブラザー工業株式会社、モントレーブレゲ・エスアーが豊富な実績を残しており、 日本電産サンキョー株式会社などは、 記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録や光学要素,光学系,または光学装置といった分野も含め、 株式会社サンマックやブラザー工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

自動楽器』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】自宅あるいは自宅近くのピアノ教室であっても離れた場所に居る有能な教師のピアノレッスンをマンツーマンで受けることができるようにする。【解決手段】インターネットに接続した複数の自動演奏ピアノシステムで構成され、各自動演奏ピアノシステムは、演奏されたデータをMIDIデータで出力すると共に入力されたMIDIデータを再現する自動演奏ピアノ5と、ピアノ5の演奏場面を撮影す...

    ピアノ教授用データ通信システム

  2. 【課題】周囲環境の物理量を検出することにより、適切な発音が可能な報知装置、楽器、及び車両用発音装置を提供する【解決手段】自動ピアノ200と周囲環境測定装置100とを接続する。周囲環境測定装置100は、周囲の騒音レベルを検出し、検出結果を自動ピアノ200に供給する。自動ピアノ200は、検出結果を受け取ると、周囲環境測定装置100において測定された騒音レベルと、ユーザに推...

    報知装置、楽器、及び車両用発音装置

  3. 【課題】駆動行程における複数のアクチュエータによる適正な分担駆動により、駆動機構の小型化を図る。【解決手段】鍵10に対応して設けられる質量体HMは、質量体回動軸PHを中心に鍵10と連動して回動する。自動演奏用の鍵駆動手段として設けられる第1アクチュエータACTAは、第2アクチュエータACTBに比し、質量体回動軸PHからの距離がより遠い位置に配置される。回動途中位置rt...

    鍵駆動装置

  4. 【課題】外部から入力される信号に応じて演奏、演奏支援または他装置の制御などを実行することを可能とする。【解決手段】コントローラ11は、外部のMIDIデータ供給装置28から逐次供給されるMIDIデータに示されるノートナンバーと、予め保持しているMIDIデータに記述されたキューフラグの付加されたノートナンバーとを比較し、これらが一致した場合に、そのキューフラグ以降のタイミ...

    制御装置および制御方法

  5. 【課題】実際の管楽器に装着して用いることによって管楽器から楽音を発生させるアクチュエータを実現する。【解決手段】管楽器の唇接触部に装着されて使用される演奏用アクチュエータ2を、管楽器の唇接触部30を覆って配置される可撓性の膜32と、その膜32を振動させる振動装置38,40とで構成する。振動装置によって唇接触部を覆う膜を積極的に振動させると、管楽器から安定的に楽音が発生...

    管楽器の演奏用アクチュエータと演奏装置と演奏方法

新着の技術

自動楽器』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】より少ないコンピュータ資源で、外部装置におけるシーケンスに係るイベントの命令を出力するタイミングを制御する。【解決手段】第1遅延時間および当該第1遅延時間と異なる第2遅延時間を取得し、現在時刻から第1遅延時間および第2遅延時間がそれぞれ経過した場合の、シーケンス上の予想位置である第1位置および第2位置を取得するステップと、第1位置および第2位置を用いて、現実時...

    タイミング制御方法

  2. 【課題・解決手段】本発明の対象であるフラメンコ用自動パーカッション音楽装置は、少なくとも1つのパーカッション装置と、少なくとも1つのハンマーと、プログラマー及びコード化された動き分配器を含む動き分配機構を備える音楽装置動作自動化マシーンとから構成される。さらに該フラメンコ用自動パーカッション音楽装置は、プログラムの選択手段と、選択したプログラムの視覚化手段と、音楽装置...

    フラメンコ用パーカッションの自動音楽装置

  3. 技術 鍵盤楽器

    【課題】簡単な構成で押鍵により回転体を一方向に回転させて安定且つ確実な発音を行う。【解決手段】押鍵操作により連動部材14は鍵10と連動して回動する。アクチュエータ20のベース部21は板状で略上下方向に延設され、上下方向の両端が連動部材14の先端部に支持され、前後方向に撓みやすい。回転体駆動部22は、ベース部21のロータリーピック30がある側(後側)に突出形成されている...

    鍵盤楽器

  4. 【課題】高効率で十分な音量を得ることができ、且つ、任意の曲を演奏することができる電子オルゴールを提供する。【課題を解決するための手段】本発明の実施形態に係る電子オルゴールは、音階の異なる複数の振動弁を有する音階板と、前記音階板の一方の面に対向して配置され、前記複数の振動弁の夫々を独立に吸引又は反発可能な複数の第1の電磁石と、前記音階板の他方に対向して配置され、前記複数...

    電子オルゴール

  5. 【課題】演奏装置による自動演奏の進行を実演奏の演奏者がより適切に把握する。【解決手段】演奏システム100は、楽曲の自動演奏を演奏装置24に実行させる演奏制御部63と、自動演奏の進行を楽曲の実演奏の演奏者Pに視覚的に報知する動作を報知装置29に実行させる報知制御部65とを具備する。

    演奏システムおよび自動演奏方法

自動楽器 ページ上部に戻る