楽器,音響 に関する技術一覧

「楽器,音響」に関する技術の関連情報です。 「楽器,音響」 の関連技術、「パイプオルガン,リードオルガン」「ピアノ」 など、その他「楽器,音響」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「楽器,音響」の分野ページはこちら

楽器,音響に所属する技術動向

楽器,音響の分野に属する技術の状況としては、2015年に1,780件、2016年に1,716件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、楽器,音響の分野においては特に近年自動楽器の分野における動向が活発であり、他にもパイプオルガン,リードオルガンや ピアノといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはヤマハ株式会社や東日本電信電話株式会社、パナソニック株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社エクシングなどは、 楽器,音響や電気通信技術といった分野も含め、 ブラザー工業株式会社や株式会社リコスといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

楽器,音響』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】移動中のユーザが利便性の高い情報を得られるよう、ユーザが特に指定した情報に加え、ユーザがその場で欲する利用価値の高い広告情報を選択的に提供する。【解決手段】気象情報、交通情報といったサービス情報を提供するサーバ2と、サーバ2から提供されたサービス情報をユーザに対して出力する移動体端末1とを備える。移動体端末1は、現在位置情報を含む個人情報を通信回線3を介してサ...

    情報提供システム、端末における情報の出力方法、移動情報端末及び情報提供装置

  2. 【課題】ユーザーが関心の深い情報についての最新のコンテンツを適時更新したものを、ユーザーの携帯端末に配信し、自動的に格納する。【解決手段】携帯端末(携帯電話やPHSを含む)103に大容量のメモリ122を内蔵したものに、ユーザーがあらかじめ登録した情報に基づいてユーザーの希望するコンテンツを、通信プロバイダシステム102からユーザーの希望するタイミングで配信し、決められ...

    情報配信システム

  3. 【課題】ユーザの生活習慣や生活環境等に応じて、あるいはユーザの嗜好に則って、各種機器を快適に制御することができる統合コントローラを提供すること。【解決手段】ネットワーク50を介して各種機器51〜54を統合して制御する統合コントローラ20であって、ユーザによる機器に対する操作2を入力する入力部22と、入力されるユーザの操作履歴2と該操作がなされた時の外的状況1とを記憶す...

    統合コントローラ、機器制御方法及び機器制御プログラム

  4. 【課題】動画や音声、音楽等を携帯電話で視聴する場合に電話やメールの着信等の割込みにより視聴を中断し割込み終了後に再開する一連のユーザ操作を簡単にする。【解決手段】配信局101から携帯端末基地局103を通じて配信される動画や音声、音楽等のコンテンツ102を配信と同時もしくは蓄積後に視聴することのできる携帯電話端末装置104に、コンテンツ再生中に再生中断情報を検出する再生...

    携帯電話端末装置、携帯電話端末装置におけるコンテンツ再生中断再開方法、及びコンテンツ配信局

  5. 【課題】ユーザが、所定の対象物に対する評価を投票することができるようにするとともに、その投票結果に基づいた対象物の順位をユーザに提示することができるようにする。【解決手段】ホームページ記憶部41には、ユーザからの応募作品を紹介するためのホームページが記憶されており、このホームページは、ユーザからの要求に応じて提示される。一方、そのようなホームページを提示されたユーザは...

    情報処理装置および情報処理方法

新着の技術

楽器,音響』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】長時間の演奏が可能であって厚みも抑えることができる、新規のオルゴール装置を提供する。本発明は、演奏用係合部(14a)を有するとともに駆動手段(2c)によって回転するシート(14)と、シート(14)に対向配置され外周面に二以上の爪部(2a1)を有するスターホイール(2a)と、スターホイール(2a)に隣接配置される振動弁(2b)とを備え、駆動手段(2c)...

    オルゴール装置

  2. 【課題・解決手段】少なくとも1つのオーディオソース信号に基づいて第1多数の出力信号を生成する装置は、遅延ネットワークとフィードバック処理部とを有する。遅延ネットワークは第2多数の遅延経路を有し、各遅延経路は1つの遅延ラインと1つの減衰フィルタとを有する。各遅延ラインは、遅延ライン入力信号を遅延させ、かつ少なくとも1つのオーディオソース信号と残響されたオーディオ信号とを...

    オーディオソース信号に基づいて出力信号を生成する装置及び方法、音響再生システム及びラウドスピーカ信号

  3. 【課題・解決手段】エンコード部(100)では、ダウンミックス部(110)が、Mチャネル・オーディオ信号のそれぞれ第一および第二のグループ(401、402)のチャネルの線形結合としてダウンミックス信号の第一および第二のチャネル(L1,L2)を形成し;解析部(120)が、前記オーディオ信号のパラメトリック再構成のためのアップミックス・パラメータ(αLU)および混合パラメー...

    オーディオ信号のパラメトリック混合

  4. 【課題】高音質で音楽を楽しむために4系統出力アンプを提供する。【解決手段】4つの出力(前右、前左、後右、後左)を特微とする。

    4系統出力アンプ

  5. 【課題】複数種類の管体に対応できる電子管楽器を提供する。【解決手段】電子管楽器は、複数の音孔及び複数の音孔の開閉状態を操作するための複数のキーが設けられた管体(20)と、複数の音孔の開閉状態を検出する複数のセンサ(22S)が実装された複数の基板(21e)及び各基板が取り付けられる支持材(26)を有する挿入ユニット(20U)と、を備え、挿入ユニットが管体の中空部に挿入さ...

    電子管楽器

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

ページトップへ

楽器,音響 ページ上部に戻る