静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路 に関する技術一覧

「静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路」に関する技術の関連情報です。 「静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路」 の関連技術、「陰極線管表示器にのみ関連した,制御装置または回路」「陰極線管以外の可視的表示器にのみ関連した,制御装置または回路「3」」 など、その他「静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路」の分野ページはこちら

静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路に所属する技術動向

静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路の分野に属する技術の状況としては、2017年に2,609件、2018年に2,294件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路の分野においては特に近年陰極線管表示器にのみ関連した,制御装置または回路の分野における動向が活発であり、他にも陰極線管表示器および他の可視的表示器に共通の可視的表示器用の制御装置または回路や 陰極線管以外の可視的表示器にのみ関連した,制御装置または回路「3」といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはセイコーエプソン株式会社やシャープ株式会社、株式会社半導体エネルギー研究所が豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 半導体装置,他に属さない電気的固体装置や電気的デジタルデータ処理といった分野も含め、 株式会社日立アドバンストデジタルや株式会社ジャパンディスプレイといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】画素内部の能動素子の設計自由度を増して良好な設計を可能たらしめるとともに、表示輝度を自在且つ簡便に調整する。【解決手段】各画素PXLは、供給される電流量によって輝度が変化する発光素子OLEDと、走査線Xによって制御され且つデータ線Yから与えられた輝度情報を画素に書き込む機能を有するTFT1と、書き込まれた輝度情報に応じてOLEDに供給する電流量を制御する機能を...

    画像表示装置

  2. 【課題】 画像表示装置の表示輝度範囲を理想の範囲に拡大し、かつ、画像品質も確保すること。【解決手段】 画像信号に応じて画像を形成するLCDパネル10と、前記光変調素子に画像を表示させるための照明光を照射するLEDパネル(バックライト)20とを備えた画像表示装置において、前記照明光を複数の領域に分割して放射する照明手段25と、前記複数の領域に対応する画像信号の輝度分...

    照明装置とこれを備えた画像表示装置及び画像表示方法

  3. 【課題】煩雑な工程や高度な技術を要求することなく高コントラストで視角特性の優れた明るい液晶表示装置を提供する。【解決手段】2種以上の微小領域が共存する液晶層を挟持する第1の基板上の電極が対称性のよい形状で第2の基板上の電極が第1の基板上の電極より広くかつ第1の基板上の電極の上部全体を覆い第1の基板上の電極の少なくともほぼ対称中心の位置に柱状のスペ−サ−が存在することに...

    液晶表示装置およびその製造方法ならびに駆動方法

  4. 技術 表示装置

    【課題】画面内に大きな輝度傾斜があるような画像に対してもダイナミックレンジを拡大することができ、高品位の画像を表示することが可能な表示装置を提供する。【解決手段】画像表示部11、22と、画像表示部内を照明する複数の照明領域を有する照明部12と、入力画像信号に基づいて照明部の各照明領域の輝度を制御する照明輝度制御部14〜18と、照明輝度制御部で得られる照明部の各照明領域...

    表示装置

  5. 【課題】動画ボケの発生しない映像表示装置および関連機器を提供する。【解決手段】表示パネル21の背面にはバックライト16が配置され、このバックライトを構成する導光板14は複数のブロックから構成される。導光板14の端には白色LED11もしくは、R,G,BのLEDが配置されている。この白色LEDは単独であるいは複数個を組として点灯し、この点灯位置は表示パネル21の画像書き込...

    照明装置、映像表示装置、映像表示装置の駆動方法、液晶表示パネル、液晶表示パネルの製造方法、液晶表示パネルの駆動方法、アレイ基板、表示装置、ビューファインダおよびビデオカメラ

新着の技術

静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は画像の不良画素補償方法及び装置を提出し、当該画像の不良画素補償方法は、補償待ち画像データ中の各々の予め設定された方向に対し、不良画素両側の輝度変化傾向をそれぞれ予測し、相応の予め設定された方向での前記不良画素両側に対応する不良画素輝度補償値をそれぞれ決定するステップと、各々の予め設定された方向での不良画素両側の輝度変化傾向の第1差異値をそれぞ...

    画像の不良画素補償方法、装置及び非一時的なコンピュータ可読記憶媒体

  2. 【課題】液晶表示装置の操作者の利便性を担保しつつ、液晶表示装置の焼き付き現象の防止又は回復を図ることができる液晶表示装置等を提供する。【解決手段】本発明に係る液晶表示装置は、画像を表示する液晶パネルと、前記液晶パネルの焼き付きに対応するための所定の画像の表示を制御する表示制御部とを備える。液晶表示装置は、前記所定の画像を表示するための複数の表示モードから、いずれかの表...

    液晶表示装置及び液晶テレビジョン受信装置

  3. 【課題・解決手段】電子ディスプレイの近視発生効果を評価し、低減するための技術が開示される。

    電子ディスプレイの近視発生効果の評価および低減

  4. 【課題】画素のアクティブ期間の可変デューティ比を用いて、モーションアーチファクトを軽減するようにフラットパネルディスプレイを走査する方法を提供する。【解決手段】画素アレイ122における、画素からなる行を所定の光透過レベルにリセットする方法は、画素アレイ122の列信号ライン102を初期電圧202に設定する過程と、列信号ライン102が初期電圧202である間に、画素アレイの...

    可変デューティ比ディスプレイ走査方法およびシステム

  5. 【課題】デジタル表示インタフェース上で立体画像データを供給する。【解決手段】デジタル表示インタフェースが第1視聴覚装置を第2視聴覚装置に接続し、立体画像データが表示インタフェースを通じて送信される。立体画像データの成分は多重化されて画像データを伝える要素に挿入される。立体画像データを特定する又は復号するのを助ける通知情報が補助データを伝える要素中で伝達される。立体画像...

    表示インタフェースを通じた立体画像データの輸送

静的手段を用いて可変情報を表示する表示装置の制御のための装置または回路 ページ上部に戻る