信号 に関する技術一覧

「信号」に関する技術の関連情報です。 「信号」 の関連技術、「信号または呼出し装置,指令発信装置,警報装置」「測定値,制御信号または類似信号のための伝送方式」 など、その他「信号」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「信号」の分野ページはこちら

信号に所属する技術動向

信号の分野に属する技術の状況としては、2016年に4,136件、2017年に5,202件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、信号の分野においては特に近年測定値,制御信号または類似信号のための伝送方式の分野における動向が活発であり、他にも信号または呼出し装置,指令発信装置,警報装置や 交通制御システムといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社デンソーやトヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社や株式会社デンソーといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

信号』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】移動中のユーザが利便性の高い情報を得られるよう、ユーザが特に指定した情報に加え、ユーザがその場で欲する利用価値の高い広告情報を選択的に提供する。【解決手段】気象情報、交通情報といったサービス情報を提供するサーバ2と、サーバ2から提供されたサービス情報をユーザに対して出力する移動体端末1とを備える。移動体端末1は、現在位置情報を含む個人情報を通信回線3を介してサ...

    情報提供システム、端末における情報の出力方法、移動情報端末及び情報提供装置

  2. 【課題】イグニッションオンにより直ちに目的地、走行経路等の特定データを取得できるようにする。【解決手段】ユーザは、PDAで設定した目的地を出発前に予め情報センタに登録しておく。そして、車両に乗車しイグニッションをオンにすると、ナビゲーション装置は、情報センタに目的地が設定されているか確認する。情報センタでは、対応IDの車両目的地が設定されていれば、ナビゲーション装置か...

    ナビゲーション装置、情報センタ、案内システム、及び経路送信装置

  3. 【課題】立入者の負担を軽減させることができると共に、立入制限の確実性を向上させることができる監視システムを提供する。【解決手段】識別表示読取部112を介して入力された立入制限情報は立入制限情報保持部111に保持される。受信部101は、情報収集部40から受信した各送受信機20,人検出センサ30の検出出力を位置保持部102,センサ出力保持部104に供給する。判定部120は...

    監視システム、監視方法および監視プログラム

  4. 【課題】よりサービス性に富んだ位置情報管理システムを提供する。【解決手段】携帯端末11は、GPSによる位置測定、携帯電話またはPHSの基地局による位置測定、電波マーカー33による位置測定、及び方向検出器20による自立的位置測定と複数の位置測定手段を有しており、どのような場所でもナビゲーションを行うことが出来るようになっている。携帯端末11からは、同じく携帯端末11を有...

    位置情報管理システム

  5. 【課題】移動端末の現在位置を示す地図情報だけでなく、その地図上の施設などの情報も提供できるようにする。【解決手段】各移動端末1が、位置情報を検出する位置情報検出手段11と、位置情報を情報センタ2へ送信する位置情報送信手段12と、アップロードデータを情報センタ2へ送信するアップロードデータ送信手段13と、情報センタ5からの情報/サービスを利用する情報・サービス利用手段1...

    移動通信システム並びに同移動通信システムに使用される移動端末,情報センタ及び記憶媒体

新着の技術

信号』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】波により浸水する陸上の浸水予測地点の浸水深を予測する浸水予測システム(100)は、水上の複数の観測位置における波の最大波高と、波により浸水する陸上の領域毎の浸水深とに基づいて、陸上の領域内の浸水予測地点の浸水深を予測するために、少なくとも一つの観測位置を選定し、浸水予測地点の浸水深を予測する予測式を生成する予測式生成部(20)と、センサ(210、22...

    浸水予測システム、予測方法、プログラム

  2. 【課題・解決手段】駐車支援装置(100)は、自車両(1)に設けられた駐車支援用の第1センサ(4)を用いて、自車両(1)の駐車支援を行う駐車支援制御部(5)と、第1センサ(4)による第1有効検出範囲(AL,AR)に基づく誘導表示を、自車両(1)に対する前方風景に重畳された状態にて表示装置(20)に表示させる誘導表示制御部(25)とを備える。

    駐車支援装置

  3. 【課題・解決手段】走行ルート(411)を走行する自動車の速度の変化を表す速度プロファイル(451)を算出する速度プロファイル算出部(24)と、走行ルート(411)に生じた外乱事象を表す外乱情報と走行ルート(411)を走行した自動車から収集した走行履歴情報(111)とに基づいて、走行ルート(411)を走行する自動車の速度が減衰する割合である減衰率を速度外乱補正係数(32...

    燃費推定システム、燃費推定方法および燃費推定プログラム

  4. 【課題・解決手段】燃費推定システムは、道路を構成する道路区間であるリンク毎のリンク走行速度(331)を、走行速度DB(252)に記憶する走行速度算出部(233)と、走行ルート(411)に基づいて、走行速度DB(252)から走行ルート(411)に含まれるリンクのリンク走行速度(331)を抽出する走行速度抽出部(243)とを備える。また、燃費推定システムは、リンク走行速度...

    燃費推定システム、燃費推定方法および燃費推定プログラム

  5. 【課題・解決手段】燃費推定システムは、走行ルートを走行する自動車の速度の変化を表す速度プロファイルを生成する速度プロファイル生成部(245)を備える。また、燃費推定システムは、走行ルートに存在する交差点で自動車が停止する停止確率(331)と、交差点に設置された信号機とその交差点に隣接する交差点に設置された信号機との連携情報(321)とに基づいて、交差点における自動車の...

    燃費推定システム、燃費推定方法および燃費推定プログラム

信号 ページ上部に戻る