計算,計数 に関する技術一覧

「計算,計数」に関する技術の関連情報です。 「計算,計数」 の関連技術、「すべての計算が機械的に行われるデジタル計算機」「デジタル流体圧計算装置」 など、その他「計算,計数」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「計算,計数」の分野ページはこちら

計算,計数に所属する技術動向

計算,計数の分野に属する技術の状況としては、2018年に10,820件、2019年に10,346件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、計算,計数の分野においては特に近年デジタル流体圧計算装置の分野における動向が活発であり、他にもハイブリッド計算装置や すべての計算が機械的に行われるデジタル計算機といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはキヤノン株式会社や富士通株式会社、株式会社リコーが豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 計算,計数や基本的電気素子といった分野も含め、 東芝ソリューション株式会社や東芝テック株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

計算,計数』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】移動中のユーザが利便性の高い情報を得られるよう、ユーザが特に指定した情報に加え、ユーザがその場で欲する利用価値の高い広告情報を選択的に提供する。【解決手段】気象情報、交通情報といったサービス情報を提供するサーバ2と、サーバ2から提供されたサービス情報をユーザに対して出力する移動体端末1とを備える。移動体端末1は、現在位置情報を含む個人情報を通信回線3を介してサ...

    情報提供システム、端末における情報の出力方法、移動情報端末及び情報提供装置

  2. 【課題】データ処理デバイスによる不正な処理を防止すること。【解決手段】データ処理部210は、命令コード記録部240に記録された命令コードを読み出し(フェッチ)、命令コードにしたがって制御部211によって各種のデータ処理をおこなう。データ提供部220は、演算部221によってデータ処理部210での処理に用いるデータの生成や算出、取得をおこない、レジスタ222に格納する。ア...

    アクセス制御装置、アクセス制御方法およびアクセス制御プログラム

  3. 【課題】企業での調達に適した電子商取引システムを提供することにある。【解決手段】オフィスサプライネット(OSN)センタ1が多くのユーザ企業5、7に対し、インターネット11でのオンラインの商品受発注サービスを提供する。OSNセンタ1は、複数の商品サプライヤ3A,3Bと接続され、複数サプライヤからの商品情報を商品データベース35内に保持し、複数サプライヤの商品の販売を一手...

    電子商取引システム及び電子商取引センタ

  4. 【課題】3つ以上の基板や装置、ユニット間の認証において、認証処理の負担を軽減しつつ、認証強度を向上させること。【解決手段】認証システム100において、機能拡張用デバイス102は、被認証情報算出部221によって認証処理ごとに異なる認証データを算出し、送受信部222によって他の機能拡張用デバイス102または/および主装置101に被認証情報を送信する。他の機能拡張用デバイス...

    認証方法、認証プログラムおよび電子機器

  5. 【課題】文字や図形などの視認情報とデジタルデータとを一体に記録できるようにする。【解決手段】印字用紙13にRFIDタグ14を設ける。一方、プリンタ機能およびファクシミリ機能を有する複写機に原稿用のリーダライタおよび印字用紙用のリーダライタを設け、パソコンなどの外部機器から送信されてきた文字データやグラフィックデータなどに基づいて印字用紙に視認情報を印字すると共に、デジ...

    RFIDタグ付き印字用紙、プリンタ、複写機およびファクシミリ装置

新着の技術

計算,計数』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本願はトレーニングデータの生成方法、生成装置及びその画像のセマンティックセグメンテーション方法を提供し、前記トレーニングデータの生成方法は、3次元立体シーンにおけるオブジェクトモデルに対応するクラスタグを設定するステップ(201)と、前記3次元立体シーンのシーンパラメータを変更することによって、対応する複数のシーングラフを取得するステップ(202)と...

    トレーニングデータの生成方法、生成装置及びその画像のセマンティックセグメンテーション方法

  2. 【課題・解決手段】本願の実施は、逆チャープZ変換(ICZT)を実施するO(nlog(n))の効率的な方法を説明する。この変換は、よく知られた順チャープZ変換(CZT)の逆変換であり、これは、サンプリング点が、単位円の替わりに対数らせん輪郭線上に位置することを可能にすることによって、高速フーリエ変換(FFT)を一般化する。これ故に、ICZTは、逆高速フーリエ変換(IFF...

    O(nlog(n))時間及びびO(n)メモリでチャープZ変換を逆変換するためのシステム及び方法

  3. 【課題・解決手段】マルチエージェントメッセージング許可のための技法が記載される。一実施形態では、装置が、ユーザアカウントに関連付けられたユーザクライアントデバイスからマルチエージェントエンティティのための着信メッセージを受信することと、エージェントアカウントに関連付けられたエージェントクライアントデバイスを決定することと、エージェントアカウントに関連付けられたエージェ...

    マルチエージェントメッセージングのための技法

  4. 【課題・解決手段】一例では、メディアコンテンツを処理するためのデバイスは、メディアコンテンツを記憶するように構成されたメモリと、回路においてインプリメントされた1つまたは複数のプロセッサとを含み、その1つまたは複数のプロセッサは、メディアコンテンツの第1のパッキングされた領域を処理することと、ここにおいて、第1のパッキングされた領域を処理するために、1つまたは複数のプ...

    メディアコンテンツのためのリージョンワイズパッキング、コンテンツカバレッジ、およびシグナリングフレームパッキング

  5. 【課題】共有メモリ・ファイル転送セットアップおよび使用を改善するための方法およびシステムを提供する。【解決手段】方法は、ハードウェア・ノード間に接続されたネットワーク・リンクを構成することを含む。共有ストレージ・リンク毎に、各ハードウェア・ノードは、コマンド・セクションおよびデータ・ストレージ・セクションを含む。ハードウェア・ディスク・ドライブについてのストレージ容量...

    共有メモリ・ファイル転送

計算,計数 ページ上部に戻る