時計 に関する技術一覧

「時計」に関する技術の関連情報です。 「時計」 の関連技術、「機械的駆動の時計または携帯時計,時計または携帯時計の機械的部分一般,太陽,月または星の位置を利用した時刻計」「電気機械時計または携帯電気機械時計」 など、その他「時計」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「時計」の分野ページはこちら

時計に所属する技術動向

時計の分野に属する技術の状況としては、2018年に513件、2019年に526件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、時計の分野においては特に近年時計または携帯時計の製作または維持に使用するために特別に設計された装置または工具の分野における動向が活発であり、他にも時間間隔の測定や 電気機械時計または携帯電気機械時計といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはカシオ計算機株式会社やセイコーエプソン株式会社、シチズン時計株式会社が豊富な実績を残しており、 シチズン時計株式会社などは、 基本的電気素子や時計といった分野も含め、 シチズンセイミツ株式会社やシチズン時計河口湖株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

時計』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】画像を撮影日時または撮影位置に基づいて分類する画像撮影装置、画像画像処理装置及び画像管理方法を提供する。【解決手段】被写体の画像を撮影し、記録する画像撮影装置であって、被写体の画像を撮像する撮像部32と、GPS衛星から日時データ及び位置データを受信するGPS受信部48と、撮像部32が撮像する画像データに、GPS受信部48が受信する撮影日時データ及び撮影位置デー...

    画像撮影装置、画像処理装置、及び画像管理方法

  2. 【課題】非接触データ通信機能を備えた装着型電子機器であって、ケース体その他の部分に導電性部材を用いても通信機能の低下を抑制できる構造を提供する。【解決手段】ケース部101の内部にはムーブメント104及び文字板107が配置されている。ムーブメント104の外周側には環状の磁性部材108が配置され、磁性部材108の環状凹溝108a内にループ状のアンテナ111が配置されている...

    非接触データ通信機能を備えた装着型電子機器及び非接触データ通信システム

  3. 【課題】発光装置に生体リズムの調整機能を持たせるために、青色光源として波長445〜480nmの発光体を利用する場合、点灯中は常に生体リズムに影響を与えてしまう。【解決手段】発光装置は、赤色光を発するLED103、緑色光を発するLED104、発光ピーク波長が470nmである青色光を発するLED105、及び105よりピーク波長が短波長である青色光を発するLED106をそれ...

    発光装置及び表示装置

  4. 【課題】装飾性やデザインの多様性、本来の基本性能を維持したままでの通信を可能とする。【解決手段】時計本体のケース103は、下面を金属製の裏蓋部材105によって閉鎖されている。ケース103の内側には上面側に位置して補強用の金属部材106が内蔵されるとともに、その上面側の外側にはベゼル107が設けられている。ケース103の内部には時計モジュール108が収容されている。時計...

    データ通信装置、リスト型電子機器及び認証システム

  5. 【課題】カラオケ演奏装置を通信機能付き携帯機器の鳴動メロディのデータソースとして活用して多彩な鳴動メロディを種々の携帯機器の仕様に合わせて供給する。【解決手段】各カラオケ伴奏音楽生成データにおける特定のパートが鳴動メロディ用に指定されている。ユーザインタフェースを介してある楽曲の鳴動メロディ用パートの試聴要求を受け付けると、データ転送インタフェースで携帯機器と交信して...

    鳴動メロディ用の音楽生成データを供給するカラオケ演奏装置

新着の技術

時計』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】電子機器の時刻が時刻提供サーバの時刻と非同期状態であっても、電子機器の時刻の精度を向上する。【解決手段】CPU10は、同期状態または非同期状態のいずれにあるのかを判定する判定処理部110と、同期状態である場合、印刷装置1の時刻と、PC2から提供される時刻との差分である時刻差分を記録部20に記録する記録処理部130と、非同期状態である場合、時刻差分と、PC2から...

    時刻調整装置、印刷装置、時刻調整方法、及び時刻調整プログラム

  2. 【課題】情報を表示する表示車の回転ずれを修正しながら、一定の周期で間欠的に回転させることができるゼネバ機構、カレンダ機構、時計用ムーブメント及び時計を提供する。【解決手段】複数の歯部33を有し、表示車20を回転させる回し車30と、伝達される動力によって連続回転すると共に回し車30を間欠的に回転させる回し中間車40とを備え、回し中間車40は、突起部44と、突起部44にお...

    ゼネバ機構、カレンダ機構、時計用ムーブメント及び時計

  3. 【課題・解決手段】進み/遅れ修正リュウズ(4)と振動式共振器(2)を備えた腕時計(1)のための汎用準備デバイス(1000)である。このデバイスは、リュウズ(4)を操るためのロボット的マニピュレーター(306)を備えたワインド及び進み/遅れ修正手段を有する。このデバイスは、振動を発生させる進み/遅れ修正発振器(301)を有する進み/遅れ修正デバイス(300)を備えた調整...

    腕時計のための汎用準備デバイス

  4. 【課題】マイクロメートルまたはナノメートル規模で複雑な形状の、三次元時計部品を製造する方法提供する。【解決手段】時計部品用金型のマスターパターンの製造方法であって、方法は、少なくとも、少なくとも1つのマスクを介して照射することにより第1感光性樹脂を重合し、その後第1感光性樹脂を現像することで得られる第1パターンを含む、第1感光性樹脂から少なくとも1つの感光性樹脂層を含...

    時計部品の製造方法

  5. 【課題】マイクロメートルまたはナノメートル規模で複雑な形状の、三次元時計部品を製造する方法を提供する。【解決手段】時計部品6の製造方法であって、方法は、少なくとも、少なくとも1つのマスクを介して照射することにより第1感光性樹脂を重合し、その後第1感光性樹脂を現像することで得られる第1パターンを含む、第1感光性樹脂から少なくとも1つの感光性樹脂層を含む第1構造を製造する...

    時計部品の製造方法

時計 ページ上部に戻る