時計 に関する技術一覧

「時計」に関する技術の関連情報です。 「時計」 の関連技術、「機械的駆動の時計または携帯時計,時計または携帯時計の機械的部分一般,太陽,月または星の位置を利用した時刻計」「電気機械時計または携帯電気機械時計」 など、その他「時計」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「時計」の分野ページはこちら

時計に所属する技術動向

時計の分野に属する技術の状況としては、2016年に618件、2017年に677件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、時計の分野においては特に近年時計または携帯時計の製作または維持に使用するために特別に設計された装置または工具の分野における動向が活発であり、他にも時間間隔の測定や 電気機械時計または携帯電気機械時計といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはカシオ計算機株式会社やセイコーエプソン株式会社、シチズン時計株式会社が豊富な実績を残しており、 シチズン時計株式会社などは、 時計や基本的電気素子といった分野も含め、 シチズンセイミツ株式会社やシチズン時計河口湖株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

時計』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】画像を撮影日時または撮影位置に基づいて分類する画像撮影装置、画像画像処理装置及び画像管理方法を提供する。【解決手段】被写体の画像を撮影し、記録する画像撮影装置であって、被写体の画像を撮像する撮像部32と、GPS衛星から日時データ及び位置データを受信するGPS受信部48と、撮像部32が撮像する画像データに、GPS受信部48が受信する撮影日時データ及び撮影位置デー...

    画像撮影装置、画像処理装置、及び画像管理方法

  2. 【課題】非接触データ通信機能を備えた装着型電子機器であって、ケース体その他の部分に導電性部材を用いても通信機能の低下を抑制できる構造を提供する。【解決手段】ケース部101の内部にはムーブメント104及び文字板107が配置されている。ムーブメント104の外周側には環状の磁性部材108が配置され、磁性部材108の環状凹溝108a内にループ状のアンテナ111が配置されている...

    非接触データ通信機能を備えた装着型電子機器及び非接触データ通信システム

  3. 【課題】発光装置に生体リズムの調整機能を持たせるために、青色光源として波長445〜480nmの発光体を利用する場合、点灯中は常に生体リズムに影響を与えてしまう。【解決手段】発光装置は、赤色光を発するLED103、緑色光を発するLED104、発光ピーク波長が470nmである青色光を発するLED105、及び105よりピーク波長が短波長である青色光を発するLED106をそれ...

    発光装置及び表示装置

  4. 【課題】装飾性やデザインの多様性、本来の基本性能を維持したままでの通信を可能とする。【解決手段】時計本体のケース103は、下面を金属製の裏蓋部材105によって閉鎖されている。ケース103の内側には上面側に位置して補強用の金属部材106が内蔵されるとともに、その上面側の外側にはベゼル107が設けられている。ケース103の内部には時計モジュール108が収容されている。時計...

    データ通信装置、リスト型電子機器及び認証システム

  5. 【課題】カラオケ演奏装置を通信機能付き携帯機器の鳴動メロディのデータソースとして活用して多彩な鳴動メロディを種々の携帯機器の仕様に合わせて供給する。【解決手段】各カラオケ伴奏音楽生成データにおける特定のパートが鳴動メロディ用に指定されている。ユーザインタフェースを介してある楽曲の鳴動メロディ用パートの試聴要求を受け付けると、データ転送インタフェースで携帯機器と交信して...

    鳴動メロディ用の音楽生成データを供給するカラオケ演奏装置

新着の技術

時計』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本開示の時計ケースは、セラミックスからなる。また、蓋部材との嵌合において該蓋部材に対向する嵌合面を備える。そして、該嵌合面において、粗さ曲線から求められる算術平均粗さRaが0.6μm以下であり、粗さ曲線から求められる突出山部高さRpkが0.9μm以下である。

    時計ケース

  2. 【課題・解決手段】本発明は、交差ポイント(P)にて接触することなく交差する第1及び第2の弾性ストリップ(5,6)によって連結された固定部品(2)及び可動部品(3)を備える、分離交差ストリップを有するタイプ、特に時計装置用の可撓性枢動機械構成要素(1;1’;1’’;1’’’)に関する。この可撓性枢動機械構成要素(1;1’;1’’;1’’’)は、交差ポイント(P)の位置を...

    可撓性枢動機械構成要素及び可撓性枢動機械構成要素を備えた時計装置

  3. 【課題・解決手段】本発明は、時計の巻き上げ機構と、該巻き上げ機構を自動的に巻き上げる手段とを有する機械式時計であって、該自動巻き上げ手段は、使用時に、自動車の電気システムによって直接的又は間接的に動力供給される又は作動される、機械式時計に関する。。

    機械式時計

  4. 【課題】単純で信頼性が高い機構を作ることによって腕時計用の日付及び月相の機構の駆動を単純化する。【解決手段】腕時計用の日付及び月相のディスプレー機構100であり、計時器用ムーブメント200によって駆動されるように構成している内側歯列2がある日付リング1を有しているか又は計時器用ムーブメント200の内側歯列2がある日付リング1と連係するように構成している。このディスプレ...

    腕時計用の日付及び月相のディスプレー機構

  5. 【課題】携行式計時器のケース内においていずれの箇所にも任意の向きにも収容することができる計時器用の非近接制御機構を提供する。【解決手段】軸方向及び回転方向に運動可能なメインステム1と、及びメインステム1を非近接制御する制御機構100とを備えたムーブメント1000を有する携行式計時器である。制御機構100は、ユーザーによって操作可能でありプレートのガイド手段によって回転...

    計時器用の非近接制御機構

時計 ページ上部に戻る