時計 に関する技術一覧

「時計」に関する技術の関連情報です。 「時計」 の関連技術、「機械的駆動の時計または携帯時計,時計または携帯時計の機械的部分一般,太陽,月または星の位置を利用した時刻計」「電気機械時計または携帯電気機械時計」 など、その他「時計」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「時計」の分野ページはこちら

時計に所属する技術動向

時計の分野に属する技術の状況としては、2015年に600件、2016年に614件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、時計の分野においては特に近年時計または携帯時計の製作または維持に使用するために特別に設計された装置または工具の分野における動向が活発であり、他にも時間間隔の測定や 電気機械時計または携帯電気機械時計といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはセイコーエプソン株式会社やカシオ計算機株式会社、シチズン時計株式会社が豊富な実績を残しており、 シチズン時計株式会社などは、 時計や基本的電気素子といった分野も含め、 シチズンセイミツ株式会社やシチズン時計河口湖株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

時計』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】画像を撮影日時または撮影位置に基づいて分類する画像撮影装置、画像画像処理装置及び画像管理方法を提供する。【解決手段】被写体の画像を撮影し、記録する画像撮影装置であって、被写体の画像を撮像する撮像部32と、GPS衛星から日時データ及び位置データを受信するGPS受信部48と、撮像部32が撮像する画像データに、GPS受信部48が受信する撮影日時データ及び撮影位置デー...

    画像撮影装置、画像処理装置、及び画像管理方法

  2. 【課題】非接触データ通信機能を備えた装着型電子機器であって、ケース体その他の部分に導電性部材を用いても通信機能の低下を抑制できる構造を提供する。【解決手段】ケース部101の内部にはムーブメント104及び文字板107が配置されている。ムーブメント104の外周側には環状の磁性部材108が配置され、磁性部材108の環状凹溝108a内にループ状のアンテナ111が配置されている...

    非接触データ通信機能を備えた装着型電子機器及び非接触データ通信システム

  3. 【課題】発光装置に生体リズムの調整機能を持たせるために、青色光源として波長445〜480nmの発光体を利用する場合、点灯中は常に生体リズムに影響を与えてしまう。【解決手段】発光装置は、赤色光を発するLED103、緑色光を発するLED104、発光ピーク波長が470nmである青色光を発するLED105、及び105よりピーク波長が短波長である青色光を発するLED106をそれ...

    発光装置及び表示装置

  4. 【課題】装飾性やデザインの多様性、本来の基本性能を維持したままでの通信を可能とする。【解決手段】時計本体のケース103は、下面を金属製の裏蓋部材105によって閉鎖されている。ケース103の内側には上面側に位置して補強用の金属部材106が内蔵されるとともに、その上面側の外側にはベゼル107が設けられている。ケース103の内部には時計モジュール108が収容されている。時計...

    データ通信装置、リスト型電子機器及び認証システム

  5. 【課題】カラオケ演奏装置を通信機能付き携帯機器の鳴動メロディのデータソースとして活用して多彩な鳴動メロディを種々の携帯機器の仕様に合わせて供給する。【解決手段】各カラオケ伴奏音楽生成データにおける特定のパートが鳴動メロディ用に指定されている。ユーザインタフェースを介してある楽曲の鳴動メロディ用パートの試聴要求を受け付けると、データ転送インタフェースで携帯機器と交信して...

    鳴動メロディ用の音楽生成データを供給するカラオケ演奏装置

新着の技術

時計』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】航法衛星信号の受信特性が良好ではない環境においても、高精度な時刻同期又は測位を実現することが可能な時刻同期装置及び測位装置、その方法並びにプログラムを提供する。【解決手段】時刻同期装置及び測位装置は、それぞれ、航法衛星信号受信部2と、制御部4とを備え、制御部4は、同時受信可能な4つ以上の航法衛星からの航法衛星信号の各組み合わせに対して、航法衛星信号受信部2を用...

    時刻同期装置及び測位装置、その方法並びにプログラム

  2. 【課題】動作が確実なばねをプレスロールによって製造する。【解決手段】あらかじめ形成された眼部を有するワイヤー1から、プレスロールによってメインばねを製造する方法である。第2の支持ガイド手段12に設けられた第2の接触領域Bと第3の支持ガイド手段13に設けられた第3の接触領域Cの間に位置する第1の接触領域Aにおいてワイヤーに力Fを与える第1の支持ガイド手段10を有するロー...

    計時器用メインばねをプレスロールによって製造する方法

  3. 【課題】腕時計ケースを開く必要性がなく、機械式ムーブメントのレートを調整可能な計時器用機構を提供する。【解決手段】バランス車10は、フランジ1に弾性的に固定されているバランスリムから離れているリング2を有し、リング2は、フランジ1によって弾性的に担持されている慣性ブロック4の位置を変えるように回転運動することができ、慣性ブロック4はそれぞれ、バランス車10の異なる慣性...

    慣性を調整可能なバランス車を備えた計時器用機構

  4. 【課題】腕時計ケースを開く必要性がなく、また、いずれのアンバランスをも発生させずに、機械式ムーブメントのレートを調整する。【解決手段】リング2は、フランジ1によって担持され、このリング2は、フランジ1に対して、フランジ1によって弾性的に担持されている慣性ブロック4の位置を変えるように回転可能に運動可能である。各慣性ブロック4は、計時器用バランス車10の異なる慣性に対応...

    慣性を調整可能なバランス車を備えた計時器用機構

  5. 【課題】強度向上と温度補償性能の確保とを両立させた時計部品の製造方法および強度向上と温度補償性能の確保とを両立させた時計部品を提供する。【解決手段】SOI基板における活性層にマスクを形成し、当該マスクを用いてデバイス層に対するエッチング加工をおこない、このエッチング加工によりエッチングされたデバイス層に形成された細溝内に、シリコンの温度特性とは異なる温度特性を有する温...

    時計部品の製造方法および時計部品

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

  • 高性能コンピュータ

    2015年4月、理化学研究所は新規のスーパーコンピュータシステム「HOKUSAI GreatWave…

ページトップへ

時計 ページ上部に戻る