光学的論理素子,光双安定素子 に関する技術一覧

「光学的論理素子,光双安定素子」に関する技術の関連情報です。 「光学的論理素子,光双安定素子」 の関連技術、「論理演算」「相関演算」 など、その他「光学的論理素子,光双安定素子」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「光学的論理素子,光双安定素子」の分野ページはこちら

光学的論理素子,光双安定素子に所属する技術動向

光学的論理素子,光双安定素子の分野に属する技術の状況としては、2017年に18件、2018年に24件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、光学的論理素子,光双安定素子の分野においては特に近年相関演算の分野における動向が活発であり、他にも光双安定素子や 論理演算といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東日本電信電話株式会社や株式会社東芝、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構が豊富な実績を残しており、 東日本電信電話株式会社などは、 ライトガイドやデータ交換ネットワークといった分野も含め、 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構や国立大学法人京都大学といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

光学的論理素子,光双安定素子』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 論理演算、計数演算等に適用可能な全光学的情報処理技術を提供する。【解決手段】 入力部分の量子ドットに生成された励起子が出力部分の量子ドットへ移動する前に作る近接場光により結合したエネルギー状態(入力状態)を示す(a)に対し、(b)は励起子の出力部分の量子ドットへの移動が生じた後(出力状態)のエネルギー状態を示すが、入力状態と出力状態におけるエネルギー準位...

    全光学的機能動作素子

  2. 【課題】1Tb/s級の光変調信号を認識できる光変調信号認識装置及び光変調信号認識方法を提供すること、さらにこれを用いた光分配器及び光分配方法を提供する。【解決手段】光変調信号を拡大し平行信号光18に変換する平行化手段2と、平行信号光18が照射される空間光スイッチ4と、平行信号光18と同期しかつ前記光変調信号よりも周期の長い、進行方向に垂直な面内で広がりのある制御光20...

    光変調信号認識装置および光変調信号認識方法、ならびに、光分配器および光分配方法

  3. 【課題】構成が簡単で安価に形成できる光論理素子を得る。【解決手段】駆動光Ldがその内部を経て一面1aに全反射角で入射するように配された誘電体ブロック1と、この誘電体ブロック1の前記一面1a上に形成された金属膜2と、制御光Lcの照射を受けるように前記金属膜2の上に形成された、光照射によって屈折率が変化する光機能性膜3とによって光論理素子を構成する。

    光論理素子および光論理回路並びに光発振回路

  4. 【課題】単一物質系からなる量子ビットを個別に読み出す。【解決手段】共振器101と、共振器に含まれ複数の物質系を含み各物質系の5つのエネルギー状態を低いエネルギー順に|0>、|1>、|g>、|e1>、|e2>と表示すると|g>−|e1>間遷移が全物質系共通の共振器モードに共鳴し、|0>と|1>とで量子ビットを表現する物質405と、|g>−|e2>間遷移、|1>−|e2>...

    量子ビット読出装置および方法

  5. 【課題】様々な周期,パターンを持つ光パルス信号を発生する光パルスパターン発生器を提供する。【解決手段】パルス光源9からパルス光を、光合分波器101を介して、縦続接続特性可変非対称マッハツェンダ型干渉計102,103でなる可変光遅延線回路に入射する。そして縦続接続特性可変非対称マッハツェンダ型干渉計102,103の後段から、光排他的論理和回路104および光増幅器14を介...

    光パルスパターン発生器

新着の技術

光学的論理素子,光双安定素子』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】単一光子検出器を備える量子鍵配送用受信装置に対するBright Illumination攻撃によるハッキングを排除する。【解決手段】n(nは2以上の整数)値の乱数を発生させ、乱数値i(iは0以上n−1以下の整数)と、乱数値iを発生させた時刻を含む乱数ビット値情報を生成する乱数発生器と、乱数値iによって定まる透過率Tiで外部からの入力光を強度変調する光強度変調...

    単一光子検出装置及び量子鍵配送用受信装置

  2. 【課題】多値スピン問題であるポッツ問題を計算可能なポッツモデルの計算装置を提供する。【解決手段】複数の光パルスを増幅するための共振器部1、2と、ある光パルスに関わる相互作用を演算してフィードバックするフィードバック構成とを有するイジングモデルの計算装置4と、ポッツ変換算出部6とを用いたポッツモデルの計算装置であって、フィードバック構成は、2値スピン間の相互作用である第...

    ポッツモデルの計算装置

  3. 【課題・解決手段】いくつかの局面によると、第1の量子力学振動子に分散的にカップリングされ、かつ第2の量子力学振動子に分散的にカップリングされる多準位量子系を含む系を操作する方法が提供され、該方法は、多準位量子系に第1の駆動波形を適用する工程、第1の量子力学振動子に1つ以上の第2の駆動波形を適用する工程、および第2の量子力学振動子に1つ以上の第3の駆動波形を適用する工程を含む。

    2キュービット量子状態の操作のための技術ならびに関連のある系および方法

  4. 【課題】論理演算の高速化を実現することができる多ビットの光論理回路を提供する。【解決手段】8ビット入力AND回路は、3入力1出力の光論理素子1−1〜1−7を縦続接続したものである。初段の光論理素子1−1〜1−4は、異なる振幅に0,1の値を割り当てた振幅ビットの信号光2つとバイアス光とを入力とする。初段以外の光論理素子1−5〜1−7は、直前の2つの光論理素子の出力光とバ...

    光論理回路

  5. 【課題】量子中継において、もつれ光子の波長を、量子メモリーへ高い効率において吸収される波長へと変換することができる波長変換器、及び量子通信システムを提供すること。【解決手段】波長変換器は、量子中継に用いられる波長変換器であって、量子通信の伝送路の減衰特性に応じた第1の周波数をもつ第1のもつれ光子と、量子メモリーの吸収波長帯に応じた第2の周波数及び第1の周波数の2つの周...

    波長変換器、及び量子通信システム

光学的論理素子,光双安定素子の詳細カテゴリ一覧

光学的論理素子,光双安定素子の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

光学的論理素子,光双安定素子 ページ上部に戻る