補助光学部品の取り付け に関する技術一覧

「補助光学部品の取り付け」に関する技術の関連情報です。 「補助光学部品の取り付け」 の関連技術、「蝶番によるもの」「はめ込みまたは締付けによるもの」 など、その他「補助光学部品の取り付け」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「補助光学部品の取り付け」の分野ページはこちら

補助光学部品の取り付けに所属する技術動向

補助光学部品の取り付けの分野に属する技術の状況としては、2017年に15件、2018年に16件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、補助光学部品の取り付けの分野においては特に近年蝶番によるものの分野における動向が活発であり、他にも蝶番によるものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはオリンパス株式会社や日本エー・シー・ピー株式会社、山本光学株式会社が豊富な実績を残しており、 HOYA株式会社などは、 ガラスのプレス成形や視覚または写真的検査による人体の窩部または管部の診断を行うための機器,そのための照明装置)眼の検査用のもの3/00),内視鏡といった分野も含め、 ペンタックス販売株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

補助光学部品の取り付け』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 技術 電子眼鏡

    【課題】画像を表示する表示装置を有し、その画像を光学像として瞳に投影する電子眼鏡に関し、物体を顔のほぼ正面に見ることができる電子眼鏡、または、複数の画像を比較しながら見ることができる電子眼鏡を提供することを目的とする。【解決手段】画像を表示する表示手段を有して前記画像に相当する光学像を出力するテンプルと、瞳に向かう外光が入射する入射面及び前記外光が出射する出射面を有す...

    電子眼鏡

  2. 【課題】日光と風に対する最適保護を行い、同時に、眼鏡への保護シールドの簡単な取り付けが可能であり、眼鏡と保護シールドとの間の接続が最適である、着脱可能な保護シールドを有する眼鏡を提供する。【解決手段】保護シールド(6)が、保持されたフレーム(2)とレンズ(5)から成る眼鏡(1)へ取り付けられる。このために、保護シールドは二つのピン(9)と(10)を備えており、これらの...

    着脱可能な保護シールドを有する眼鏡

  3. 【解決手段】眼鏡アクセサリーフレームは、補助フレーム(102)を含む。この補助フレームは熱処理された磁性合金を含む。補助フレームの磁性合金は磁気によって補助フレーム(102)を磁化可能な材料を有する主フレーム(104)に連結するよう形成されている。方法も提供されている。

    眼鏡アクセサリーフレーム、眼鏡装置、及び磁性眼鏡器具の形成方法

  4. 【課題】耐久性の向上したネジ無し丁番をゆうする眼鏡を得る【解決手段】本発明のネジ無し丁番を有する眼鏡は、一端に湾曲部を有し他端がレンズ又はリムに設置される線状材料から成る結合部材と、テンプルの一端に設けられ前記湾曲部の前記線状材料間に回動可能な状態で嵌合される嵌合部材を備えた丁番を有する眼鏡であって、前記結合部材は前記嵌合部材の周方向に形成された溝で嵌合し、前記結合部...

    ネジ無し丁番を有する眼鏡

  5. 【課題】 帽子に取り付けて使用可能な多機能拡大鏡装置の提供。【解決手段】 挟持空間を具えた挟持本体、該挟持本体とスライド式に組み合わされたスライドシート、該スライドシートの一端に組み合わされた調節式レンズで構成され、挟持空間の設置により、挟持本体が随意に使用者が着用する異なる種類の帽子或いは眼鏡フレームを挟持できるものとされる。また、スライドシートに組付けられるレ...

    帽子に取り付けて使用可能な多機能拡大鏡装置

新着の技術

補助光学部品の取り付け』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 フロント部はワタリに取付けられて、必要に応じて上方へ跳ね上げることが出来る跳ね上げ式メガネフレームの提供。【解決手段】 ワタリ2には繋ぎ部材7が軸15を介して回転出来るように連結され、繋ぎ部材7の先端にはフロント部1が軸19を介して回転出来るように連結し、上記両軸15,19にはフロント部1を跳ね上げる方向にバネ力を付勢し、フロント部1が顔正面に位置したと...

    跳ね上げ式メガネフレーム

  2. 【課題】本発明は帽子等のツバの下部分に収納が可能な収納型レンズで、直接レンズやレンズの縁に手を触れることなくレンズの出し入れが可能な収納型レンズを供給することを目的とする。【解決手段】ツバの下部分に設置する支持部とレンズの間に揺動可能なアームを設け、アームとレンズが同時に移動できるようにした。アームを操作することにより直接レンズに手を触れずにレンズの出し入れが可能となる。

    収納型レンズ

  3. 【課題】成形性および光学特性に優れる光学シートおよび光学部品を提供すること。【解決手段】本発明の光学シートは、可撓性を有し、一方向に湾曲した湾曲状態で用いられる光学シートであって、入射する光を偏光する偏光層12と、偏光層12よりも湾曲凹側に設けられ、樹脂材料と、波長が350nm以上740nm以下の光のうち、特定の範囲の波長の光を吸収する光吸収剤と、を含む特定波長吸収層...

    光学シートおよび光学部品

  4. 【課題】光吸収剤が凝集するのを防止するとともに、十分な強度を有する光学シートおよび光学部品を提供すること。【解決手段】本発明の光学シートは、ポリカーボネートを主材として、350nm以上740nm以下の波長域の光のうち、特定の波長の光を吸収する光吸収剤を含む特定波長吸収層を有し、前記ポリカーボネートは、粘度平均分子量Mwが20000以上30000以下のものであることを特...

    光学シートおよび光学部品

  5. 【課題】可撓性を有する透明基材の少なくとも一方の面に可視光の波長以下のピッチで複数の構造体を設けたシートを用い、装着性、視認性に優れた眼鏡用保護具を提供する。【解決手段】可撓性を有する透明基材の少なくとも一方の面に可視光の波長以下のピッチで複数の構造体を設けたシートを用いた眼鏡用保護具において、眼鏡4のテンプル5への装着位置に、複数の切込み溝からなる左右一対の装着部3...

    眼鏡用保護具

補助光学部品の取り付けの詳細カテゴリ一覧

補助光学部品の取り付けの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

補助光学部品の取り付け ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON