レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具 に関する技術一覧

「レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具」に関する技術の関連情報です。 「レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具」 の関連技術、「頭当てによる保持具」「手による保持具,例.柄付眼鏡,器物による保持具」 など、その他「レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具」の分野ページはこちら

レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具に所属する技術動向

レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具の分野に属する技術の状況としては、2017年に5件、2018年に2件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具の分野においては特に近年手による保持具,例.柄付眼鏡,器物による保持具の分野における動向が活発であり、他にも手による保持具,例.柄付眼鏡,器物による保持具といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては有限会社ブリッヂコーポレーションやカール−ツァイス−スティフトゥンクトレーディングアズカールツァイス、エシロールアンテルナシオナル(コンパニージェネラルドプティック)が豊富な実績を残しており、 日本電気株式会社などは、 データ交換ネットワークや特定の機能に特に適合したデジタル計算またはデータ処理の装置または方法といった分野も含め、 共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 帽子に取り付けて使用可能な多機能拡大鏡装置の提供。【解決手段】 挟持空間を具えた挟持本体、該挟持本体とスライド式に組み合わされたスライドシート、該スライドシートの一端に組み合わされた調節式レンズで構成され、挟持空間の設置により、挟持本体が随意に使用者が着用する異なる種類の帽子或いは眼鏡フレームを挟持できるものとされる。また、スライドシートに組付けられるレ...

    帽子に取り付けて使用可能な多機能拡大鏡装置

  2. 【課題】レンズをがたつくことなく確実に保持するこができ、しかも、レンズ面が清掃しやすく、安全性にも優れたメガネのレンズ取付構造を提供する。【解決手段】メガネのレンズ取付構造10は、レンズ12を含む。レンズ12の端縁近傍には、楕円状の貫通孔14が設けられる。貫通孔14には、レンズ12の一方主面側から、智16のレンズ挟持部22に設けられた楕円柱状の挿嵌柱状体24が嵌合され...

    メガネのレンズ取付構造

  3. 【課題】眼に欠陥がある/ない、に拘らず使用し得るHMD装置を供給すること。【解決手段】 ユーザの頭上に装着され得るフレーム(2)と、同フレーム(2)上に装着される画像生成装置(5)と、投射光学装置(7)と、接続装置(11)と、ユーザの眼の欠陥を補正するための眼鏡(12)と、からなり、該眼鏡(12)は、眼鏡のつるを有さず、かつ、該接続装置(11)によってフレーム(2)...

    HMD装置

  4. 【課題】 眼鏡フレーム両側のテンプルに取り付けたサイドパッドを頬骨の上面に当てて支えるようにする。鼻パッドを取り去る事で視界を広げ顔の正面にフレームの接触が無く軽快で跡形の付かない、デザインの多様性を広げるサイドパッド眼鏡フレームを提供する。【解決手段】 眼鏡フレーム両側のテンプル丁番の直後に、先端を取り付け後方へ延ばした後、下方へ屈曲させ、更に後方へ屈曲させた加...

    サイドパッド眼鏡フレーム

  5. 【課題】メガネを共用しながら音楽などを聴くことができるメガネ付きヘッドホーン。【解決手段】人体の頭部の曲面に近似した大きさの半円形状をしたヘアーバンド部分12、13と、ヘアーバンド部分12、13の左右の下端に固定されてそれぞれが左右の耳に密着できる右スピーカー部分32と左スピーカー部分33とから成り、左右のスピーカー部分32、33に内蔵したスピーカーで音声を再生して聴...

    メガネ付きヘッドホーン

新着の技術

レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明は帽子等のツバの下部分に収納が可能な収納型レンズで、直接レンズやレンズの縁に手を触れることなくレンズの出し入れが可能な収納型レンズを供給することを目的とする。【解決手段】ツバの下部分に設置する支持部とレンズの間に揺動可能なアームを設け、アームとレンズが同時に移動できるようにした。アームを操作することにより直接レンズに手を触れずにレンズの出し入れが可能となる。

    収納型レンズ

  2. 【課題】激しい運動や衝撃、振動等によっても眼鏡を確実に頭部に保持、固定でき、また種々の眼鏡のつる部にも適用できる眼鏡保持具を提供する。【解決手段】耳掛けつる部の端部が圧入される一対の弾性筒状部2,3と、基端部が弾性筒状部に固着された一対のワイヤ部材4,5と、ワイヤ部材の先端に固着された一対の駒部材8,9とを有し、一方の駒部材が固着された一方のワイヤ部材は、他方の駒部材...

    眼鏡保持具

  3. 【課題】眼鏡フレーム形保持部材の姿勢を長時間に亘って維持でき、頭部への装着も容易な眼鏡フレーム形保持部材の姿勢維持器具を提供する。【解決手段】サージカルルーペやディスプレイを含む機能部材3を前部に取り付ける眼鏡フレーム形保持部材2の姿勢維持器具1において、装着者の頭部Hの頭頂部側と掛止して眼鏡フレーム形保持部材2の上下方向の移動を規制する第一の規制手段11と、頭部Hの...

    眼鏡フレーム形保持部材の姿勢維持器具

  4. 【課題】種々の器材を確実に使用者の頭部に装着可能なユニバーサルアタッチメントを提供する。【解決手段】ユニバーサルアタッチメント1は、平板形状の基部2の両端部に平面から垂直に設けられる一対の直立板3a,3bの間に移動板7を設けて構成される。直立板3bの平面に形成されて内面にネジが形成されているビス孔5と螺合する調整ビス6の軸の先端と接合されている移動板7は、調整ビス6の...

    眼鏡用ユニバーサルアタッチメント

  5. 【課題】 拡大して物体を見たい場合や物体にピントが合わない場合にはヘッドルーペを使用する場合がある。従来のヘッドルーペは目線を変えて遠くの物体を見る場合、レンズを通したままだとピントが合わないため、手動でレンズを目線上から外す操作が必要であった。連続しての作業中や手が離せない状態で、遠くの物体を見るたびに手動でレンズを目線から外す行為は作業の中断になり効率的ではない...

    ヘッドルーペ

レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具の詳細カテゴリ一覧

レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

レンズ組立部材または片眼鏡のための特殊保持具 ページ上部に戻る