複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズ に関する技術一覧

「複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズ」に関する技術の関連情報です。 「複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズ」 の関連技術、「1個の+構成要素のみから成るもの」「2個の構成要素のみから成るもの」 など、その他「複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズ」の分野ページはこちら

複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズに所属する技術動向

複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズの分野に属する技術の状況としては、2015年に1件、2017年に3件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズの分野においては特に近年5個の構成要素のみをもつものの分野における動向が活発であり、他にも6個の構成要素のみをもつものや 7個以上の構成要素をもつものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはコニカミノルタ株式会社や株式会社エンプラス、マイルストーン株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社ニコンなどは、 半導体装置または固体装置またはそれらの部品の製造または処理に適用される方法または装置やフォトメカニカル法,例.フォトリソグラフ法,による凹凸化またはパターン化された表面,例.印刷表面,の製造,そのための材料,例.フォトレジストからなるもの,そのため特に適合した装置といった分野も含め、 株式会社栃木ニコンや株式会社ニコンエンジニアリングといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 携帯電話、携帯端末、電子スチルカメラ等の撮像機器に用いられる小型結像レンズを、小型であることを第一に優先する良好な結像性能と歪曲収差特性、十分な周辺光量、適度なバックフォ−カスを持ち、また射出瞳位置をできるだけ長くとりながら、小型であることを実現する小型結像レンズを提供する。【解決手段】 本発明の小型結像レンズは、物体側より順に、開口絞りとそれに続く正の...

    小型結像レンズ

  2. 【課題】光学性能が良好で射出瞳位置の遠い、低コストでコンパクトな固体撮像素子用の撮像レンズを提供する。【解決手段】固体撮像素子に像を形成する撮像レンズであって、物体側から順に、開口絞り(ST),正レンズ(L1),像側に凸のメニスカスレンズ(L2)を備え、条件式:0.4<D/f<1.9{f:全系の焦点距離,D:正レンズ(L1)の物体側面からメニスカスレンズ(L2)の像側...

    撮像レンズ

  3. 【課題】従来タイプより小型でありながらも、諸収差が良好に補正された、4枚構成の撮像レンズ。【解決手段】固体撮像素子の光電変換部に被写体像を結像させるための撮像レンズであって、物体側より順に、開口絞り、正の屈折力を有する第1レンズ、負の屈折力を有する第2レンズ、正の屈折力を有する第3レンズ、及び少なくとも1面が非球面であって負の屈折力を有する両凹形状の第4レンズからなり...

    撮像レンズ、撮像装置及び携帯端末

  4. 【課題】複数種類の光情報記録媒体に対し記録・再生が可能な集光光学系及び光ピックアップ装置を提供する。【解決手段】対物レンズ3は、波長の異なる光源11,12からの光束により透明基板厚さが異なる光情報記録媒体23,24に対して情報の記録または再生が可能な情報記録再生用光ピックアップ装置に使用され、光源側から順に配置された正屈折力の第1レンズ3aと正屈折力の第2レンズ3bと...

    対物レンズ、集光光学系及び光ピックアップ装置

  5. 【課題】テレセントリック特性を確保しつつ、小型で光学性能の良好な撮影レンズを実現すること。【解決手段】物体側から像側へ順に、開口絞りSP、像側の面が凸形状で正の屈折力の第1レンズL1、物体側の面が凹形状で負の屈折力の第2レンズL2を有し、全体として正の屈折力を有する対物レンズにおいて、比較的屈折力の強い第1レンズL1の像側レンズ面と第2レンズL2の物体側レンズ面を開口...

    対物レンズ

新着の技術

複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、屈折焦点(Fr)と回折構造(5)とを有する多焦点レンズに関し、この構造はレンズ(1)の半径方向(r)で、半径の2乗(r2)についてプロットした場合に、周期的なプロファイル(6,7,8,9)を有し、 プロファイル(6,7,8,9)は、それぞれの結合個所(10,11,12,13)で微分不可能な、互いに接する4つの区域(6,7,8,9)を周期ご...

    多焦点レンズ

  2. 【課題】非光学面での内面反射に起因して投影レンズ表面から制御できない光が出射されるのを抑制することができる車両用灯具等を提供する。【解決手段】投影レンズ20と、前記投影レンズ20の後方に配置された光源30と、を備えた車両用灯具10において、前記投影レンズ20は、前記光源30からの光が入射する裏面21と、前記光源30からの光が出射する、正面視でN(Nは、3以上の整数)角...

    車両用灯具及び投影レンズ

  3. 【課題】本件発明の課題は、本件発明の課題は、十分な光学性能を維持しつつ低コスト化を図り、温度特性の良好な変倍光学系及び当該変倍光学系を備えた撮像装置を提供することにある。【解決手段】上記課題を解決するため、本件発明に係る変倍光学系は、物体側より順に、正の屈折力を有する第1レンズ群と、負の屈折力を有する第2レンズ群と少なくとも1つのレンズ群とを備え、各レンズ群の間隔を変...

    変倍光学系及び撮像装置

  4. 【解決手段】本発明は、対象側表面及び画像側表面を夫々有する第1の非球面正レンズ素子及び第2の非球面負レンズ素子を、対象側から画像側に順番に含む光学撮像レンズ組立体を提供している。光学撮像レンズ組立体の要素は、(i)T<1.2f、(ii)1.1<f/f1<1.5、(iii) -1.5<f/f2<-0.6、(iv)0.2<R1/f<0.5、及び(v) -0.25<K1<-...

    光学撮像のためのレンズ組立体

  5. 【課題】非球面状の光学レンズ(例えば、眼内レンズ及びコンタクトレンズ)を提供すること。【解決手段】眼内レンズは、前方光学面及び対向する後方光学面を形成する本体部を備える。前方光学面は、第1の外側領域及び第2の外側領域によって包囲された中心領域を有する。中心領域は第1の非球面性プロファイルを有する。第1の外側領域は、中心領域の第1の非球面性プロファイルとは異なる第2の非...

    非球面状の光学レンズ並びにそれに関連する光学システム及び形成方法

複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズの詳細カテゴリ一覧

複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

複合された構成要素の数とそれらの符号,すなわち+または−による配列とによって特徴づけられた対物レンズ ページ上部に戻る