対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズ に関する技術一覧

「対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズ」に関する技術の関連情報です。 「対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズ」 の関連技術、「2個のレンズのみをもつもの」「3つのレンズのみをもつもの」 など、その他「対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズ」の分野ページはこちら

対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズに所属する技術動向

対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズの分野に属する技術の状況としては、2011年に3件、2015年に1件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズの分野においては特に近年7個以上のレンズをもつものの分野における動向が活発であり、他にも2個のレンズのみをもつものや 4個のレンズのみをもつものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日本電産サンキョー株式会社やキヤノン株式会社、オリンパス株式会社が豊富な実績を残しており、 オムロン株式会社などは、 特定の機能に特に適合したデジタル計算またはデータ処理の装置または方法や診断のための測定または記録方法または機器,個体の識別といった分野も含め、 株式会社パリーミキ技研といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明の目的は、固体撮像素子に対するレンズ部材の光軸方向の取付け精度を向上し、ピント調整機構が省略できると共に、構造の簡略化が図れ、部品点数の削減、組立て性の向上、製品の小形化と製品の信頼性の向上が図れ、しかも安価な撮像モジュールを提供する事にある。【解決手段】本発明の撮像モジュールは、セラミック基板2の一面に同一平坦面からなる位置出し基準面Pを形成し、この位...

    撮像モジュ—ル

  2. 【課題】短波長でのリソグラフィーに適した投影用対物レンズの提供。【解決手段】好ましくは100nm以下といったような短波長マイクロリソグラフィーにおいて使用するための投影用対物レンズであって、イメージ側での開口数(NA)がNA≧0.15であるようにして配置された6個のミラー、つまり、第1ミラーS1〜第6ミラーS6を具備してなり、ウェーハ面4に対して最も近い位置に配置され...

    マイクロリソグラフィー縮小用対物レンズおよび投影露光装置

  3. 【課題】超広角、高解像度、小型軽量、かつ、低コストのいずれにも対応可能な超広角レンズを提供すること。【解決手段】超広角レンズ10は、物体側から順に負のパワーを持つメニスカス単レンズ11、負のパワーを持つ単レンズ12、正のパワーを持つ単レンズ13、および正のパワーを有する接合レンズ15を備えた4群5枚構成である。メニスカス単レンズ11以外はプラスチックレンズであり、第3...

    超広角レンズ

  4. 【課題】広い波長域で回折効率を高くする回折レンズを効果的に用いて、色収差を良好に補正したレンズ光学系を提供する。【解決手段】互いに異なる光学材料から成る2枚のレンズで構成された接合レンズ(L2,L4,L5)を有する。接合レンズ(L2,L4,L5)が、2枚のレンズの密着面にレリーフパターンで構成された回折格子を有し、2枚のレンズの空気と接するレンズ面の曲率半径が、いずれ...

    レンズ光学系

  5. 【目的】互いに凹面を向けたメニスカス形状の第1および第2レンズを各々、少なくとも1つの非球面を有するプラスチックレンズとし、全レンズ系を3枚レンズ構成とすることにより、小型化および低コスト化を達成するとともに、温度変化に伴うピント移動の抑制を容易に行う。【構成】物体側から順に、物体側に凸面を向けた、両面が非球面とされたプラスチックからなるパワーの弱いメニスカス形状の第...

    結像レンズ

新着の技術

対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】物体側の第1レンズ群と、像側の第2レンズ群とにより構成される2レンズ群構成で、第2レンズ群のパワーを正とし、第1レンズ群のパワーを正もしくは負とすることができる新規な結像レンズ系を提供する。【解決手段】結像レンズ系は、物体側から、第1レンズ群G1、正の第2レンズ群G2を配してなり、第1レンズ群G1は、負のレンズ群G1a、正のレンズ群G1bを配して構成され、第2...

    結像レンズ系および撮像装置および検査装置

  2. 【課題】良好な光学特性を有し、低背、広角、且つ、明るいF値を有する5枚のレンズで構成される撮像レンズを提供する。【解決手段】 物体側から順に、正パワーの第1レンズ、負パワーの第2レンズ、第3レンズ、正パワーの第4レンズ、負パワーの第5レンズが配置され、且つ、所定の条件式を満足することを特徴とする撮像レンズ。

    撮像レンズ

  3. 【課題】レーザポインタが有する機能を備えるとともに、レーザポインタと比して危険性の少ない装置であり、対象物に光を当てたときに生じる光点の輪郭が明確なものを提供する。【解決手段】光ポインタは、実際上の点光源として機能する光源系140と、第2レンズ160と、第1レンズ150とを備えている。光源系140は、LED又はELであり、レーザを発振しない。光源系140から出た光は、...

    光ポインタ

  4. 【課題】超広画角で、かつ高い光学性能が得られる光学系を得る。【解決手段】物体側から像側へ順に第1レンズ群L1、絞りSP、第2レンズ群L2を有する単一焦点距離又はズーム機能を有する光学系であって、前記第1レンズ群は最も物体側にメニスカス形状の負の屈折力の第1負レンズG1を有し、前記第1レンズ群は前記第1負レンズより像側に少なくとも1枚の負の屈折力の第Gn負レンズを有し、...

    光学系及びそれを有する撮像装置

  5. 【課題】半画角が90°より大きく、小型であっても、各収差が良好に補正されて、光学性能に優れた広角レンズ、及び、この広角レンズを有する光学機器を提供する。【解決手段】電子スチルカメラ1等に搭載される広角レンズWLを、負の屈折力を有する前群GFと、正の屈折力を有する後群GRとから構成する。この前群GFは、物体側から順に、負の屈折力を有し、物体側に凸面を向けた第1レンズL1...

    広角レンズ、及び、この広角レンズを有する光学機器

対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズの詳細カテゴリ一覧

対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

対物レンズを構成する単レンズと複合レンズの総数とその配列によって特徴づけられた対物レンズ ページ上部に戻る