光学 に関する技術一覧

「光学」に関する技術の関連情報です。 「光学」 の関連技術、「光学要素,光学系,または光学装置」「眼鏡,サングラスまたは眼鏡と同様な性質をもつ限りにおいての保護眼鏡」 など、その他「光学」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「光学」の分野ページはこちら

光学に所属する技術動向

光学の分野に属する技術の状況としては、2016年に11,135件、2017年に14,229件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、光学の分野においては特に近年眼鏡,サングラスまたは眼鏡と同様な性質をもつ限りにおいての保護眼鏡の分野における動向が活発であり、他にも光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置,そのための技法または手順,周波数変換,非線形光学,光学的論理素子,光学的アナログ/デジタル変換器や 光学要素,光学系,または光学装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては富士フイルム株式会社やセイコーエプソン株式会社、キヤノン株式会社が豊富な実績を残しており、 東日本電信電話株式会社などは、 電気通信技術や光学といった分野も含め、 住友電気工業株式会社や古河電気工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

光学』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 画像表示装置の表示輝度範囲を理想の範囲に拡大し、かつ、画像品質も確保すること。【解決手段】 画像信号に応じて画像を形成するLCDパネル10と、前記光変調素子に画像を表示させるための照明光を照射するLEDパネル(バックライト)20とを備えた画像表示装置において、前記照明光を複数の領域に分割して放射する照明手段25と、前記複数の領域に対応する画像信号の輝度分...

    照明装置とこれを備えた画像表示装置及び画像表示方法

  2. 【課題】煩雑な工程や高度な技術を要求することなく高コントラストで視角特性の優れた明るい液晶表示装置を提供する。【解決手段】2種以上の微小領域が共存する液晶層を挟持する第1の基板上の電極が対称性のよい形状で第2の基板上の電極が第1の基板上の電極より広くかつ第1の基板上の電極の上部全体を覆い第1の基板上の電極の少なくともほぼ対称中心の位置に柱状のスペ−サ−が存在することに...

    液晶表示装置およびその製造方法ならびに駆動方法

  3. 技術 表示装置

    【課題】画面内に大きな輝度傾斜があるような画像に対してもダイナミックレンジを拡大することができ、高品位の画像を表示することが可能な表示装置を提供する。【解決手段】画像表示部11、22と、画像表示部内を照明する複数の照明領域を有する照明部12と、入力画像信号に基づいて照明部の各照明領域の輝度を制御する照明輝度制御部14〜18と、照明輝度制御部で得られる照明部の各照明領域...

    表示装置

  4. 【課題】有機半導体膜や着色樹脂等の薄膜を形成する際、画素毎での膜厚のばらつきが著しく少ないEL素子やLED素子などの表示装置あるいはカラーフィルタなどを提供する。【解決手段】基板上に、所定高さのバンクにより区切られた被塗布領域にインクジェット法により形成された薄膜層を有する薄膜素子において、バンクの幅をa、高さをc、被塗布領域の幅をb、薄膜層を形成する液体材料の液滴径...

    薄膜パターニング用基板

  5. 【課題】溶媒を使用することなく光学的、物理的に優れ、特に寸法安定性に優れた光学フィルムを提供すること。特にその中でもセルロースエステルフィルムを偏光板保護フィルムとして採用した偏光板及び該偏光板を装着した液晶表示装置を提供すること。【解決手段】溶融流延によって形成されたセルロースエステルフィルムを有することを特徴とする光学フィルム。

    光学フィルム、偏光板及び液晶表示装置

新着の技術

光学』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】内視鏡システムは、表示部と、前記表示部と分離して設けられた操作部と、前記操作部の軸方向を含む一つの面内で前記操作部から前記軸方向とは異なる方向に突出し被検体に挿入される挿入部と、前記挿入部の先端で得られた像を取得する撮像部と、実質的に前記一つの面内で前記挿入部の突出方向に沿う方向に延びる回転軸を有して前記操作部に回転可能に設けられ、当該回転軸回りに回...

    内視鏡システム

  2. 【課題・解決手段】内視鏡は、被検体に挿入される挿入部の先端に設けられる先端構成部と、透光性の板状の第1部材と、前記第1部材の周囲に配置された第2部材と、を含んで一体に成形され、前記先端構成部の端面に取り付けられる先端カバーと、前記第1部材と前記第2部材との境界部分を含むように環状に塗布された、流体の透過を抑制する樹脂部と、を有する。

    内視鏡、内視鏡の製造方法

  3. 【課題・解決手段】電子部品等の実装密度を向上して撮像ユニットの小型化を可能とするとともに、特殊な治具等を使用することなくプリズムを撮像素子上に位置合わせ可能な撮像ユニットおよび内視鏡を提供する。本発明における撮像ユニット10は、光を集光するプリズム40と、撮像素子21を有し、裏面側にセンサ電極が形成された半導体パッケージ20と、複数の電子部品51と、表面側に第1接続電...

    撮像ユニット、および内視鏡

  4. 【課題・解決手段】通常観察と拡大観察との切り替えが可能で、色収差が良好に補正された内視鏡光学系を提供すること。内視鏡光学系は、物体側から順に、負の屈折力を有する第1レンズ群G1と、正の屈折力を有する第2レンズ群G2と、正の屈折力を有する第3レンズ群G3と、から構成され、第1レンズ群G1と第3レンズ群G3を固定し、第2レンズ群G2を移動させることによって、通常観察と拡大...

    内視鏡光学系

  5. 【課題・解決手段】プロジェクター装置は、光源部と、光源部からの光を画素毎に制御して光学像を形成する空間光変調素子と、空間光変調素子で形成された前記光学像を対象スクリーンまで投影する投影光学系とを備える。前記光源部は、固体光源と、波長変換素子と、を含む。前記固体光源は、430nm以上470nm以下の範囲内にピーク波長を有する青色光および480nm以上550nm以下の範囲...

    プロジェクター装置

光学 ページ上部に戻る