気象学 に関する技術一覧

「気象学」に関する技術の関連情報です。 「気象学」 の関連技術、「気象学」 など、その他「気象学」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「気象学」の分野ページはこちら

気象学に所属する技術動向

気象学の分野に属する技術の状況としては、2017年に120件、2018年に139件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、気象学の分野においては特に近年気象学の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社デンソーや株式会社東芝、中国電力株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 電気的デジタルデータ処理や画像通信,例.テレビジョンといった分野も含め、 東芝インフラシステムズ株式会社や東芝プラントシステム株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

気象学』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【目的】情報収集能力の高い交通情報システムを提供する。【構成】車両2に車載機3を搭載し,渋滞情報,事故情報,気象情報等の交通情報を収集する。車載機にはカー・ナビゲーション・システム20が含まれ,位置情報が検出されるとともに,渋滞,事故,気象に関する情報がマニアル入力される,または自動的に検出される。車載機はまたレーザ・レーダ14を含み,車両台数,車速,車両等の形状が検...

    交通情報システム

  2. 【課題】自動車等に搭載されるナビゲーション装置において、目的地までの道案内を行うための地図上に面的な気象情報を提供する。【解決手段】位置情報取得部31により自動車の現在位置に関する情報を取得し、気象データ取得部33によりこの現在位置を含む地域の気象情報を取得する。気象データ解析部34によって取得された気象情報を解析し、所定面積単位に区分された各領域の天気予報の分布図を...

    ナビゲーション装置,ナビゲーションシステム,および気象情報提供サーバ

  3. 【課題】水災害を防止するためには、ハードの整備が不可欠であるが、それと同時に河川情報の迅速かつ的確な提供により、各人が生命、財産を守ることが求められている。レーダによる雨量、雨域移動等を解析して洪水予測、土砂災害予測、氾濫シミュレーションをおこなった結果を広く関連するプラットフォーム側に報知するようにして迅速かつ的確な対応ができるようにした河川情報提供システムを構築す...

    河川情報提供システム

  4. 【課題】 画像処理精度を向上させた偏光イメージング装置を提供する。【解決手段】 それぞれ透過軸が異なる2つ以上の偏光子の領域に分かれており、入射される入力光のうち、前記各領域において当該入力光の無偏光成分を透過させると共に、前記各領域によって偏光方向が異なる前記入力光の偏光成分を透過させる偏光子ユニットを1個又は複数個含む偏光子アレイと、前記各領域を透過した光を独...

    偏光イメージング装置

  5. 【課題】ネットワークを利用し所望する情報の迅速、効率的且つ容易な取得を可能とする情報収集支援方法及びシステムの提供。【解決手段】情報募集者(情報レシピエント)からの募集事項と該募集事項の懸賞を認証するための認証データとからなる募集情報の入出力を行う手段4、認証手段5、情報募集者の懸賞を決済する手段6、募集情報を公表用募集情報と管理用情報に分割する手段7、公表用募集情報...

    情報収集支援方法及びシステム

新着の技術

気象学』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】時間の経過に伴って低下する海気象予測データの予測精度を考慮して、ウェザールーティングによって最適航路を探索する方法及び装置を提供する。【解決手段】最適航路探索装置1の処理装置12において、船舶に固有の個船性能データM1と海気象状況を示す海気象予測データM2とに基づいて、ウェザールーティングで所定の評価指標を最適とする最適航路を探索する最適航路探索方法であって、...

    最適航路探索方法及び装置

  2. 【課題】路面の凹凸の度合いを精度よく推定する。【解決手段】タイヤ内に設置された加速度センサ11と、前記加速度センサ11の出力からタイヤに入力する加速度情報を取得する加速度情報取得手段12,13,14と、予め設定しておいた路面粗さ毎の加速度情報15Mを記憶する記憶手段15と、前記取得した加速度情報と前記記憶手段15に記憶された路面粗さ毎の加速度情報とを比較して、前記路面...

    路面状態推定方法及び路面状態推定装置

  3. 【課題】建設中の敷地内の各任意地点での風向風速を予測できるようにする。【解決手段】建設施工現場の敷地内に風観測基準点を設定し、風観測基準点で測定された過去の風向風速の測定データを日時情報とともに保存し、建設物の施工段階に応じた建設施工現場を含むその周辺領域での流体解析を行い、任意の日時において風観測基準点で測定された風向風速のデータと、風観測基準点で測定された過去の風...

    建設施工現場における風環境予測方法、及び、風環境予測システム

  4. 【課題】動的ペアリングおよび比較に基づく大気汚染源認識方法、システム、およびプログラムを提供する。【解決手段】プロセッサによって実施される方法は、地理的エリアに関連付けられた複数の汚染測定データ、複数の測地データ、および複数の気象データを受け取る。プロセッサによって実施される方法は、地理的エリアの格子を生成し、それによって、生成した格子は地理的エリアを複数のセルに仮想...

    動的ペアリングおよび比較に基づく大気汚染源認識

  5. 【課題】カーネル関数の計算に使用する特徴量を適切に選択することで、DRY/WETの2路面判別の精度を確保しつつ、計算量を少なくして計算速度を向上させる。【解決手段】加速度センサーにより検出したタイヤ振動の時系列波形を窓掛け手段により時間Tで窓掛けして、時間窓毎のタイヤ振動の時系列波形を抽出して時間窓毎の特徴ベクトルXiを算出した後、時間窓毎の特徴ベクトルXiと、予め算...

    路面状態判別方法及び路面状態判別装置

気象学 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

気象学』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。