力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定 に関する技術一覧

「力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定」に関する技術の関連情報です。 「力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定」 の関連技術、「力または圧力の測定一般」「グループ7/00または9/00に分類されない手段による流体,または流動性固体の定常圧あるいは準定常圧の測定」 など、その他「力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定」の分野ページはこちら

力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定に所属する技術動向

力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定の分野に属する技術の状況としては、2016年に839件、2017年に992件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定の分野においては特に近年2以上の圧力を同時に測定する装置の分野における動向が活発であり、他にも力,トルク,仕事,機械的動力または機械的効率を測定する装置の試験または較正や 流体圧力測定装置の試験または較正といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社デンソーや日本精工株式会社、本田技研工業株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品や化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池といった分野も含め、 株式会社デンソーや株式会社豊田中央研究所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】衝突対象の推定、すなわち歩行者との衝突および車両との衝突の区別を可能にするとともに、それに対応した保護装置の作動を可能にすること。【解決手段】衝突対象と車両の衝突を検出する衝突検出手段1と、前記衝突情報および車速から何に衝突したかを予測する衝突状態推定手段2と、衝突状態推定手段2の信号から歩行者保護装置8と乗員保護装置6のどれを作動させるか、または複数の乗員保...

    車両用衝突判別装置

  2. 【課題】ABS、TCS、VSC等の各種車両安定装置の制御に利用する、車輪に加わる路面反力を表す信号を正確に得られる様にする。【解決手段】路面反力を測定する為に使用する歪みゲージ26、26を、外輪6を構成する結合フランジ12の側面に添着する。車輪に加わる路面反力は、この外輪6を含んで構成する車輪支持用転がり軸受ユニットに直接伝達される為、この構成を採用する事により、上記...

    車輪用転がり軸受ユニット

  3. 【課題】構造がシンプルで電気的な接触部を持たず、且つ中立点付近で精度の良いトルクセンサ1を提供すること。【解決手段】トルクセンサ1は、入力軸2と出力軸3とを同軸上に連結するトーションバー4、入力軸2の端部に取り付けられるリング状の磁石5、出力軸3の端部に取り付けられる一組の磁気ヨーク6、及び磁気ヨーク6に生じる磁束密度を検出する磁気センサ7等より構成される。磁気ヨーク...

    トルクセンサ及びこのトルクセンサを具備する電動パワーステアリング装置

  4. 【課題】タイヤに組み込まれた空気圧検出装置の動作モードを外部から任意に設定できるようにする。【解決手段】車両各車輪のタイヤ4内に、空気圧を検出して無線にて周期的に送信する検出装置10を組み込み、各検出装置10からの電波を車体側の受信装置で受信することにより各タイヤの状態を監視するシステムにおいて、各検出装置10を、設定装置50から送信されたkHz帯の電波を受信し、その...

    空気圧検出装置及びタイヤ状態監視システム

  5. 【課題】 半導体集積回路装置(CMOS等)と微小機械とを半導体基板上にモノリシックに集積化した集積化MEMSの製造技術において、半導体集積回路装置の通常の製造技術とは異なる特別な工程を使用することなく集積化MEMSを製造できる技術を提供する。【解決手段】 CMOS集積回路プロセスを使用して、集積回路とともにMEMS構造体を形成する。例えば、加速度センサを形成する場...

    集積化マイクロエレクトロメカニカルシステムおよびその製造方法

新着の技術

力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】抱水量依存摩擦力測定装置(1)は、天秤支持部(2)と、天秤支持部(2)の上に支持される天秤(3)と、天秤(3)の計量皿支持部から吊り下げられ、天秤支持部(2)が形成する空間内に、可撓性および抱水性を有するシート状の試料(9)を広げて吊り下げた状態で保持する計測治具(4)と、中心軸の周りの回転面である回転楕円面の一部を有し、中心軸が計測治具(4)に保持...

    抱水量依存摩擦力測定装置および抱水量依存摩擦力測定方法

  2. 【課題】 高い伸長率を有し、繰り返し使用した際の信頼性にも優れ、静電容量型センサに用いられる絶縁性のシート状物を提供する。【解決手段】 誘電層と前記誘電層の両面に設けられた電極層とを備え、面方向に変形する静電容量型センサに用いられる、絶縁性のシート状物であって、ポリエーテルポリオールをポリオール成分とし、HDI系ポリイソシアネートをイソシアネート成分とするウレタン...

    シート状物、静電容量型センサシート、及び、衣服

  3. 【課題】構造が単純で、素子配置の自由度が高い力覚センサを提供する。【解決手段】弾性変形する板バネからなる4組の検出部D1〜D4を、4組の円弧状連結部L1〜L4で連結した構造を有する検出リング600を用意し、検出リング600の下方に支持基板を配置し、Y軸上に配置された固定点P1,P2を支持基板に固定する。検出対象となる力やモーメントを作用点Q1,Q2に作用させると、4組...

    力覚センサ

  4. 【課題】簡易な方法で多軸の変位を検知して出力可能なセンサチップを備えた力覚センサ装置を提供する。【解決手段】本力覚センサ装置は、基板と、前記基板の中央に形成された一の支持部と、前記基板の前記一の支持部の周囲に形成された他の支持部と、を有するセンサチップと、前記センサチップへ力を伝達する起歪体と、を備え、前記センサチップは前記一の支持部と前記他の支持部において前記起歪体...

    力覚センサ装置

  5. 【課題・解決手段】歪みゲージ装置(10)を製造するための方法は、バンド(12)を作製する第1のステップを含む。バンド(12)の少なくとも測定領域(36)は、柔軟性を有する。次いで、歪みに応じて電気抵抗を変化させる少なくとも1つの測定用撚り線(30)を含むセンサー(22)が作製され、バンド(12)内またはバンド上に、予張力が付与されることなく配置される。その後、バンド(...

    歪みゲージ装置を製造するための方法

力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

力,応力,トルク,仕事,機械的動力,機械的効率,または流体圧力の測定』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。