赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定 に関する技術一覧

「赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定」に関する技術の関連情報です。 「赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定」 の関連技術、「測光,例.写真の露出計」「個々の光パルスまたは光パルス列の特性の測定」 など、その他「赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定」の分野ページはこちら

赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定に所属する技術動向

赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定の分野に属する技術の状況としては、2017年に773件、2018年に662件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定の分野においては特に近年光速度の測定の分野における動向が活発であり、他にも個々の光パルスまたは光パルス列の特性の測定や 偏光の測定といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはセイコーエプソン株式会社や浜松ホトニクス株式会社、三菱電機株式会社が豊富な実績を残しており、 三菱電機株式会社などは、 電気加熱,他に分類されない電気照明や家庭の洗浄または清浄,吸引掃除機一般といった分野も含め、 三菱電機ホーム機器株式会社やティアック株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】高開口数及び短波長に対応可能で軽量で安価であり、軸上色収差が良好に補正された光情報記録媒体の記録または再生用の対物レンズを提供する。レーザ光源の発振波長変化、温度・湿度変化、光情報記録媒体の透明基板の厚みの誤差等に起因して光ピックアップ装置の各光学面で発生する球面収差の変動を簡易な構成で効果的に補正できる集光光学系及び光ピックアップ装置を提供する。透明基板厚み...

    対物レンズ、集光光学系、光ピックアップ装置及び記録・再生装置

  2. 【課題】分光器に適用した場合にその構成要素の位置決め精度を向上することが可能な光検出器、及びそれを用いた分光器を提供する。【解決手段】半導体基板10の上面10a上に複数のフォトダイオード12を有して形成されたフォトダイオードアレイ11と、フォトダイオードアレイ11に対して所定の位置関係で形成された開口部である光入射部13とを備える光検出器1Bを用い、基板10上に板状部...

    光検出器及びそれを用いた分光器

  3. 【課題】 外乱を除去して正確に環境光の光量を測定する。【解決手段】 フォトダイオード310Aは環境光と背景光に応じた電流I1を出力する。フォトダイオード310Bの環境光が入射する面には遮光膜350が設けられている。フォトダイオード310Bは背景光に応じた電流I2を出力する。キャパシタ320には差分電流Δiが流れる。従って、ノードQの電位は、環境光の光量に応じたもの...

    光検出回路、電気光学装置、および電子機器

  4. 【課題】走査型レーザ顕微鏡において、試料からの蛍光の分光データを短時間に一度に全て取得可能にすること。【解決手段】レーザ光源1からのレーザ光を観察対象の試料に集束させて照射させると共に試料に対して前記レーザ光を移動走査させ、試料から得られた光を分光手段15により分光させて検出器17で検出することにより、スペクトルのデータを得るようにした走査型レーザ顕微鏡において、検出...

    走査型レーザ顕微鏡

  5. 【課題】被加熱物の放射率を低コストで得ること、及び赤外線センサの受光部の汚れを検出し、報知できる誘導加熱調理器を得ること。【解決手段】被加熱物から放射される赤外線を検出する赤外線センサと、被加熱物と熱的に接触した感熱素子と、赤外線センサにより検出された赤外線量と感熱素子により検出された温度により、被加熱物から放射される赤外線の放射率を推定する推定手段と、推定手段により...

    誘導加熱調理器

新着の技術

赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】被写体と測色基準チャートを安定して撮像する。【解決手段】撮像ユニット30は、被写体と対向する底面部32aに、該被写体を撮像するための開口部32cと該開口部32cを通して撮像される被写体と同時に撮像されて所定の色基準を提供する基準チャートKCとが矢印Aで示す主走査方向所定方向に並んで設けられている所定の箱形状の枠体32と、開口部32cに対向する被写体からの反射光...

    撮像ユニット

  2. 【課題】熱画像表示機能を有するウェアラブル装置を提供する。【解決手段】本発明の熱画像表示機能を有するウェアラブル装置は、第1表示装置と、第2表示装置と、レンズモジュールと、サーモグラフィーカメラとを備える。第2表示装置は第1表示装置に隣接し、レンズモジュールにより視覚範囲内の可視光画像がキャプチャされると共に可視光画像が第1表示装置に伝送されて第1表示装置に表示される...

    熱画像表示機能を有するウェアラブル装置

  3. 【課題】平均放射温度評価の実質的なランニングコストを低減するとともに、エンジコストも低減する。【解決手段】評価単位空間Uと内在する評価位置Pを定め、この評価単位空間Uの周囲境界面N毎に、評価位置Pに対する形態係数FP-Nを求める。放射環境の評価対象空間M内に評価単位空間Uを配置し(配置空間MU)、評価単位空間Uの形態係数FP-Nを再利用しながら、配置された配置空間MU...

    放射環境評価システムおよび放射環境評価方法

  4. 【課題】基底関数を用いて分光反射率を推定して、複数のフィルター画像から、その複数のフィルター画像よりも細分化された波長区分のフィルター画像を推定する際に、推定精度の向上を図る推定装置、推定方法およびプログラムを提供する。【解決手段】推定装置10は、撮像特徴量取得部111が所定の被写体を撮像することにより得られる複数のフィルター画像から複数のフィルター画像ごとの撮像特徴...

    推定装置、推定方法およびプログラム

  5. 【課題】より適切な分光情報を得ることができるようにする。【解決手段】カメラモジュールは、画像を撮像するための画素が設けられたイメージング領域、および少なくともイメージング領域の画素とは異なる分光情報を取得可能な画素が設けられたセンシング領域を有する画素アレイ部と、外部からの光をイメージング領域へと導くイメージング光学系と、外部からの光をセンシング領域へと導くセンシング...

    カメラモジュールおよび撮像装置

赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定の詳細カテゴリ一覧

赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定 ページ上部に戻る

その他の分野

赤外線,可視光線または紫外線の強度,速度,スペクトル,偏光,位相またはパルスの測定,色の測定,放射温度測定』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。