器械 に関する技術一覧

「器械」に関する技術の関連情報です。 「器械」 の関連技術、「長さ,厚さ,または同種の直線寸法の測定,角度の測定,面積の測定,表面または輪郭の不規則性の測定」「距離,水準,または方位の測定,測量,航行,ジャイロ計器,写真測量または映像測量」 など、その他「器械」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「器械」の分野ページはこちら

器械に所属する技術動向

器械の分野に属する技術の状況としては、2016年に17,606件、2017年に20,899件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、器械の分野においては特に近年気象学の分野における動向が活発であり、他にも機械振動または超音波,音波または亜音波の測定や 重量測定といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社デンソーや三菱電機株式会社、トヨタ自動車株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 計算,計数や基本的電気素子といった分野も含め、 東芝メディカルシステムズ株式会社や東芝マイクロエレクトロニクス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

器械』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】一個の衝撃センサでも、台を揺らすことによる揺れの加速度値も、台を打撃する加速度値も確実に検出して、いずれの不正操作による場合も、漏れなく確実に不正を検出し、これを防止し得る衝撃センサを提供する。【解決手段】機械的な衝撃振動をピックアップ3により、電気信号に変換し、ピックアップ3よりの出力信号が揺れによる低い衝撃周波数の場合にはハイパスフィルタ12,14で減衰さ...

    衝撃センサ

  2. 【課題】検体中の核酸を固相表面に吸着させた後、洗浄等を経て脱着させて核酸を分離精製する方法に使用する、分離性能に優れ、洗浄効率が良く、加工が容易であり、実質的に同一の分離性能を有する物を大量に生産可能である固相を使用した核酸の分離精製方法、及びその方法を実施するのに適した核酸分離精製ユニットを提供する。【解決手段】表面に水酸基を有する有機高分子から成る固相に核酸を吸着...

    核酸の分離精製方法

  3. 【課題】経路などの案内情報を提供する装置であって,推薦する観光コースやデートコースなどの様々な経路情報とその付加情報を,ネットワークや電子メディアを介して配信し,誰もがいつでもどこでも利用可能な道案内サービスを実現する。【解決手段】案内のための時間情報や場所情報と案内情報とを持ち,それらを時系列で表すことのできるインストラクションの系列をマークアップ言語により記述した...

    案内情報提示装置,案内情報提示処理方法,案内情報提示プログラムを記録した記録媒体,案内用スクリプトの記録媒体,案内用スクリプト生成装置,案内用スクリプトを用いた運行管理装置,方法およびそのプログラム記録媒体,案内用スクリプトを用いた移動時の時間調整装置,方法およびそのプログラム記録媒体,案内プラン作成装置,方法およびそのプログラム記録媒体,案内情報提供装置,方法およびそのプログラム記録媒体

  4. 【課題】所望の出力電圧値を得るために印加電圧を増やしても磁気抵抗変化率があまり減少せず、書き込みによって磁化固着層の一部の磁気モーメントが回転して出力が徐々に低下する問題がなく、さらに反転磁場を自由に設計できる磁気抵抗効果素子を提供する。【解決手段】第1の反強磁性層(11)/第1の強磁性層(12)/第1の誘電体層(13)/第2の強磁性層(14)/第2の誘電体層(15)...

    磁気抵抗効果素子および磁気記録素子

  5. 【課題】イグニッションオンにより直ちに目的地、走行経路等の特定データを取得できるようにする。【解決手段】ユーザは、PDAで設定した目的地を出発前に予め情報センタに登録しておく。そして、車両に乗車しイグニッションをオンにすると、ナビゲーション装置は、情報センタに目的地が設定されているか確認する。情報センタでは、対応IDの車両目的地が設定されていれば、ナビゲーション装置か...

    ナビゲーション装置、情報センタ、案内システム、及び経路送信装置

新着の技術

器械』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】レールの溶接部に後熱処理を行う後熱処理装置において、溶接部を自動的に検出し加熱処理を行うことのできる後熱処理装置及び後熱処理方法を提供する。レールRの長手方向に沿って所定ピッチ毎に該レール表面の変位を検出する変位検出手段35と、前記変位検出手段が所定ピッチ毎に検出した変位が、所定の閾値を所定回数連続して越える場合に溶接部の開始地点と判断し、前記所定の...

    後熱処理装置及び後熱処理方法

  2. 【課題・解決手段】センサ用ホルダ(100)は、バンパ(1)の表面部(12)に配置されるセンサベゼル(2)と、バンパ(1)の裏面側に突出したセンサ本体(3)を保持する保持部(61)と、保持部(61)から延在してバンパ(1)の裏面部(13)に当接自在な脚部(62)とを有する取付具(6)とを備え、取付具(6)は、センサ本体(3)に対して放射状に広がる複数本の脚部(62)を有...

    センサ用ホルダ及びセンサ装置

  3. 【課題・解決手段】本発明のシステム(9)は、内燃機関(11)の排気経路(12)に設けられた触媒8の劣化を検出するシステムであって、触媒(8)よりも上流側の排気の温度を検出する手段(5)と、触媒(8)よりも下流側の排気の温度を検出する手段(6)とを備え、触媒(8)の上流及び下流のそれぞれにおいて、加速運転時においては、降温又は一定温度から昇温へと変わる変化点を認識し、減...

    触媒劣化検出システム及び触媒劣化検出方法

  4. 【課題・解決手段】棒状の磁心520と磁心520に巻回されたコイル521,522とを有し、磁心520の先端を測定対象物2に接近させた際の磁束の変化に基づき膜厚を測定する膜厚計5のプローブ52に装着して用いる測定治具1を提供する。測定治具1は、プローブ52が固定されるスライド部材11と、プローブ52が固定されたスライド部材11を、磁心520の軸方向にスライドさせるように支...

    膜厚計の測定治具

  5. 【課題・解決手段】回転角検出装置は、回転軸(10)と、被検出パターンを有する被検出部を備えた非締結体(20)と、被検出パターンを検出する検出部(30)と、ワッシャ(40)と、非締結体(20)を回転軸(10)の軸端との間に挟み込むネジ(50)とを備える。回転軸(10)は、軸端から一定深さまで設けられた、穴である非有効ネジ部(12b)と、穴よりも谷径が小さい雌ネジ部(12...

    回転角検出装置

器械 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON