弾薬,爆破 に関する技術一覧

「弾薬,爆破」に関する技術の関連情報です。 「弾薬,爆破」 の関連技術、「装薬,例.爆破用,煙火,弾薬」「信管,安全解除機構または安全機構」 など、その他「弾薬,爆破」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「弾薬,爆破」の分野ページはこちら

弾薬,爆破に所属する技術動向

弾薬,爆破の分野に属する技術の状況としては、2017年に68件、2018年に67件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、弾薬,爆破の分野においては特に近年信管,安全解除機構または安全機構の分野における動向が活発であり、他にも爆破や 装薬,例.爆破用,煙火,弾薬といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日油株式会社や株式会社IHIエアロスペース、三菱重工業株式会社が豊富な実績を残しており、 防衛装備庁長官などは、 器械や弾薬,爆破といった分野も含め、 川崎重工業株式会社や株式会社IHIエアロスペースといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

弾薬,爆破』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】中央制御ユニットに接続されたハードワイヤード回路に統合され、従来のイグナイターの外側全体のサイズに近いサイズを持つ電気火工品イグナイターを提供する。【解決手段】電気火工品イグナイタ(1)は円盤状金属片(8)により下流の室と上流の室に分割された本体を有し、下流の室は抵抗性加熱素子(11)、火工品起爆組成物(12)、および火工品点火組成物(7)を有し、上流の室は電...

    電気火工品イグナイター

  2. 【課題】構成部品点数を減じると共に、当該構成部品自体の製造容易性を向上させることのでき、また長年の使用によっても初期性能を維持することができ、更に高温中に曝された場合であっても、導電性ピンを確実に保持することのできるイニシエータ組立体とする。【解決手段】電気式イニシエータと、これを保持する金属製カラーとを含んで構成され、電気式イニシエータの導電性ピン同士は、その頭部同...

    イニシエータ組立体及びこれを用いたガス発生器

  3. 【課題】イニシエータの使用態様を多様化するとともに、起爆剤からインフレータのガス発生手段への伝火エネルギの伝達効率を向上させること。【解決手段】インフレータに組付けられて同インフレータのガス発生手段に起爆剤25から伝火することにより同インフレータを起爆させるイニシエータ20において、起爆剤25を収容するカプセル26が有底筒状に形成されていて、同カプセル26の筒部26b...

    イニシエータ

  4. 技術 点火装置

    【課題・解決手段】反応性材料を点火するための点火装置(10)が、電力と通信信号を点火装置に、及び点火装置から導通するための導体(13,14)を有する。制御器(59)が点火装置内に配置されている。制御器は、ASIC(特定用途向け集積回路)であることが好ましい。制御器は、点火装置から離れて配置されているマスタ制御器と通信する通信手段を有する。制御器は、点火装置の部品につい...

    点火装置

  5. 【課題】イオン化に伴う汚染の発生を抑制すること。【解決手段】出入り管理ゲート12の扉14が開かれて入域者10が出入管理ゲート12の室内に入ったときに、この扉14の開閉に伴って出力される扉開閉信号にしたがって爆発物検知装置18内のコロナ放電用電源が一定時間オンになり、入域者10に付着されていた物質を含む気体試料が吸気部20、気体試料導入配管22を介して爆発物検知装置18...

    爆発物検知システム

新着の技術

弾薬,爆破』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】スクイブの劣化によるスクイブの抵抗値の変化等のスクイブの異常又はスクイブの接続不良等のスクイブを含む経路の異常の有無を一度に検出することができるスクイブ異常検査装置及び方法を提供する。【解決手段】異常判定部11cは、直列接続されたスクイブ5,6に定電圧源10aが接続されたときのスクイブ5,6の上流側の電流値又は下流側の電流値と予め決定された値との比較結果とスク...

    スクイブ異常検査装置及び方法

  2. 【課題】発煙量が低減され、かつ、発炎時間が長い発炎剤組成物を提供することを目的とする。【解決手段】ビニルエステル樹脂と、酸素供給剤と、ストロンチウム化合物と、を含有する発炎剤組成物であって、ビニルエステル樹脂の含有量が発炎剤組成物に対して15質量%以上25質量%以下であり、JIS D 5711に準拠して測定される、発炎剤組成物の燃焼時間が5分以上6分以下である発炎...

  3. 【課題・解決手段】非電気式または電気式な起爆によって水線上及び水線下において遠隔発火装置を使用するための海洋浮揚装置MFD。海洋浮揚装置MFDは、衝撃チューブを介してそれぞれの爆発手段に接続可能な少なくとも2の受信機の組を有する受信機ハウジング13を有する。第1の受信機は分離のための時間遅延起爆に適合し、第2の受信機は当該海洋浮揚装置に必要とされる作動能力を満たすため...

    海洋浮揚装置

  4. 【課題】 爆弾などの爆発物の種類・性質を分析する事無く、有機物質の爆発性物質ならば全てを一つの方法で解体する方法。【解決手段】 共有結合をしている物質にX線を照射すると、X線のエネルギーに依って共有結合している電子が励起されて、この励起された電子が隣や近くの原子に移動して、共有結合が切断する。共有結合をしている大部分の物質は電流が流れない絶縁体や不導体なので、励起...

  5. 【課題】 燃焼持続時間をより長いものにすると共に、炎によって舗装路面を痛めることが出来るだけ少なくなるようにする。【解決手段】 連結部1は、仕切り板12によって前連結部10と後連結部11とに隔てられており、仕切り板12の中央に炎の通り道13が開口されており、その炎の通り道13を燃焼持続が可能な隔壁14が塞いでいる。このような構成の連結部1が、台座2と一体に固定的に...

    発炎筒用の連結具およびこれを備えた発炎筒

弾薬,爆破 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON