弾薬,爆破 に関する技術一覧

「弾薬,爆破」に関する技術の関連情報です。 「弾薬,爆破」 の関連技術、「装薬,例.爆破用,煙火,弾薬」「信管,安全解除機構または安全機構」 など、その他「弾薬,爆破」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「弾薬,爆破」の分野ページはこちら

弾薬,爆破に所属する技術動向

弾薬,爆破の分野に属する技術の状況としては、2015年に73件、2016年に87件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、弾薬,爆破の分野においては特に近年信管,安全解除機構または安全機構の分野における動向が活発であり、他にも爆破や 装薬,例.爆破用,煙火,弾薬といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日油株式会社や株式会社IHIエアロスペース、レイセオンカンパニーが豊富な実績を残しており、 防衛装備庁長官などは、 器械や弾薬,爆破といった分野も含め、 川崎重工業株式会社や株式会社IHIエアロスペースといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

弾薬,爆破』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】中央制御ユニットに接続されたハードワイヤード回路に統合され、従来のイグナイターの外側全体のサイズに近いサイズを持つ電気火工品イグナイターを提供する。【解決手段】電気火工品イグナイタ(1)は円盤状金属片(8)により下流の室と上流の室に分割された本体を有し、下流の室は抵抗性加熱素子(11)、火工品起爆組成物(12)、および火工品点火組成物(7)を有し、上流の室は電...

    電気火工品イグナイター

  2. 【課題】構成部品点数を減じると共に、当該構成部品自体の製造容易性を向上させることのでき、また長年の使用によっても初期性能を維持することができ、更に高温中に曝された場合であっても、導電性ピンを確実に保持することのできるイニシエータ組立体とする。【解決手段】電気式イニシエータと、これを保持する金属製カラーとを含んで構成され、電気式イニシエータの導電性ピン同士は、その頭部同...

    イニシエータ組立体及びこれを用いたガス発生器

  3. 【課題】イニシエータの使用態様を多様化するとともに、起爆剤からインフレータのガス発生手段への伝火エネルギの伝達効率を向上させること。【解決手段】インフレータに組付けられて同インフレータのガス発生手段に起爆剤25から伝火することにより同インフレータを起爆させるイニシエータ20において、起爆剤25を収容するカプセル26が有底筒状に形成されていて、同カプセル26の筒部26b...

    イニシエータ

  4. 技術 点火装置

    【課題・解決手段】反応性材料を点火するための点火装置(10)が、電力と通信信号を点火装置に、及び点火装置から導通するための導体(13,14)を有する。制御器(59)が点火装置内に配置されている。制御器は、ASIC(特定用途向け集積回路)であることが好ましい。制御器は、点火装置から離れて配置されているマスタ制御器と通信する通信手段を有する。制御器は、点火装置の部品につい...

    点火装置

  5. 【課題】イオン化に伴う汚染の発生を抑制すること。【解決手段】出入り管理ゲート12の扉14が開かれて入域者10が出入管理ゲート12の室内に入ったときに、この扉14の開閉に伴って出力される扉開閉信号にしたがって爆発物検知装置18内のコロナ放電用電源が一定時間オンになり、入域者10に付着されていた物質を含む気体試料が吸気部20、気体試料導入配管22を介して爆発物検知装置18...

    爆発物検知システム

新着の技術

弾薬,爆破』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】親ダイと共に起爆側受信アンテナ、電子回路基板、および電気雷管をユニット化するための無線起爆ユニット用ケースを提供する。【解決手段】起爆操作機から発信される無線方式の信号を起爆側受信アンテナ12で受け、該起爆側受信アンテナ12にて生じた起電力を電子回路23にて変調・蓄電し、その電力を電気雷管14に伝達して爆薬を起爆する無線起爆システムにおいて使用される無線起爆ユ...

    無線起爆ユニット用ケースおよび無線起爆ユニット

  2. 【課題】人体や環境に有害な成分や摩擦や静電気に対する感度が鋭敏な成分を含まず、着火性に優れた点火器用非火薬点火剤を提供する。【解決手段】過酸化ストロンチウム10〜85重量%、モリブデン粉10〜70重量%、ホウ素5〜30重量%、結合剤であるニトロセルロースを外割りで0〜10重量%含有する点火剤。

    非火薬点火剤

  3. 【課題】容易にかつ安価に点火器をホルダに対して固定することができる点火器組立体の製造方法を提供する。【解決手段】本発明に基づく点火器組立体の製造方法は、点火部21および端子ピン22が設けられるとともに、樹脂製の部分である樹脂部23がその一部に含まれてなる点火器20が準備される工程と、貫通孔11aが設けられたホルダ10が準備される工程と、端子ピン22が貫通孔11aに挿入...

    点火器組立体の製造方法

  4. 【課題】従来の点火装置より小型であり、かつ速やかに点火できるレーザ点火装置を提供する。【解決手段】レーザ光2aを発生するレーザ発振装置2と、レーザ光2aを焦点Fに集光するレンズ4と、焦点Fより反レンズ側である前方に位置し燃焼により燃焼ガスを発生させる主点火薬10と、点火ユニット6と、点火ユニット6から前方に向けて延び主点火薬10に至る第2隙間16と、を備える。点火ユニ...

    レーザ点火装置

  5. 【課題・解決手段】従来のガスシリンダのねじ付きネック内に螺合されるように意図された、又はその上に螺合されるように意図された高流量インフレータ。インフレータは、連結されたトリガピンによってコック位置に保持されたばね付勢型のバラスト発射ピンを含む。トリガピンを引くことにより発射されると、発射ピンは、パワープライマーホルダに取り付けられたパワープライマーと係合するように強制...

    高流量のインフレータ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

ページトップへ

弾薬,爆破 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON