弾薬,爆破 に関する技術一覧

「弾薬,爆破」に関する技術の関連情報です。 「弾薬,爆破」 の関連技術、「装薬,例.爆破用,煙火,弾薬」「信管,安全解除機構または安全機構」 など、その他「弾薬,爆破」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「弾薬,爆破」の分野ページはこちら

弾薬,爆破に所属する技術動向

弾薬,爆破の分野に属する技術の状況としては、2016年に87件、2017年に68件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、弾薬,爆破の分野においては特に近年信管,安全解除機構または安全機構の分野における動向が活発であり、他にも爆破や 装薬,例.爆破用,煙火,弾薬といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日油株式会社や株式会社IHIエアロスペース、レイセオンカンパニーが豊富な実績を残しており、 防衛装備庁長官などは、 器械や弾薬,爆破といった分野も含め、 川崎重工業株式会社や株式会社IHIエアロスペースといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

弾薬,爆破』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】中央制御ユニットに接続されたハードワイヤード回路に統合され、従来のイグナイターの外側全体のサイズに近いサイズを持つ電気火工品イグナイターを提供する。【解決手段】電気火工品イグナイタ(1)は円盤状金属片(8)により下流の室と上流の室に分割された本体を有し、下流の室は抵抗性加熱素子(11)、火工品起爆組成物(12)、および火工品点火組成物(7)を有し、上流の室は電...

    電気火工品イグナイター

  2. 【課題】構成部品点数を減じると共に、当該構成部品自体の製造容易性を向上させることのでき、また長年の使用によっても初期性能を維持することができ、更に高温中に曝された場合であっても、導電性ピンを確実に保持することのできるイニシエータ組立体とする。【解決手段】電気式イニシエータと、これを保持する金属製カラーとを含んで構成され、電気式イニシエータの導電性ピン同士は、その頭部同...

    イニシエータ組立体及びこれを用いたガス発生器

  3. 【課題】イニシエータの使用態様を多様化するとともに、起爆剤からインフレータのガス発生手段への伝火エネルギの伝達効率を向上させること。【解決手段】インフレータに組付けられて同インフレータのガス発生手段に起爆剤25から伝火することにより同インフレータを起爆させるイニシエータ20において、起爆剤25を収容するカプセル26が有底筒状に形成されていて、同カプセル26の筒部26b...

    イニシエータ

  4. 技術 点火装置

    【課題・解決手段】反応性材料を点火するための点火装置(10)が、電力と通信信号を点火装置に、及び点火装置から導通するための導体(13,14)を有する。制御器(59)が点火装置内に配置されている。制御器は、ASIC(特定用途向け集積回路)であることが好ましい。制御器は、点火装置から離れて配置されているマスタ制御器と通信する通信手段を有する。制御器は、点火装置の部品につい...

    点火装置

  5. 【課題】イオン化に伴う汚染の発生を抑制すること。【解決手段】出入り管理ゲート12の扉14が開かれて入域者10が出入管理ゲート12の室内に入ったときに、この扉14の開閉に伴って出力される扉開閉信号にしたがって爆発物検知装置18内のコロナ放電用電源が一定時間オンになり、入域者10に付着されていた物質を含む気体試料が吸気部20、気体試料導入配管22を介して爆発物検知装置18...

    爆発物検知システム

新着の技術

弾薬,爆破』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】起爆操作機から送電ループへより大きな交流電流を供給可能であり、連続して爆破する場合において爆破毎の消費部材をより低減し、爆破毎の消費部材の交換の手間と消費部材の消費量を低減して爆破作業の作業効率をより向上させることができる、送電装置及び無線起爆システムを提供する。【解決手段】送電装置60Aは、起爆操作機50に一方端が接続された発破母線63と、発破母線63の他方...

    送電装置及び無線起爆システム

  2. 【課題・解決手段】本発明は、航空機の2つの段の分離を、前記2つの段の構造に影響を与えることなく可能にする方法及び装置に関する。装置は、前記航空機の2つの段に固定され、その内面(13A)に切断リング(20)を有する接続リング(13)から主に構成される。切断リング(20)は、テルミット及び金属間組成物の混合物を収容する。当該混合物の点火によって、2つの部分に分離する前記リ...

    2つの構成要素を線形分離し接続するための方法

  3. 【課題】配線による重量増加を回避することができる点火器および当該点火器を備えるガス発生器を提供する。【解決手段】点火器1は、ガスを発生させるガス発生器に用いられるものであって、点火指令信号を受信するアンテナ素子31と、アンテナ素子31に接続された通信回路と、通信回路に接続され、点火指令信号を受ける制御回路と、点火薬を収容するスクイブケース47を有し、点火薬を着火させる...

    点火器および当該点火器を備えるガス発生器

  4. 【課題・解決手段】火器用カートリッジ内で使用するためのケーシング(220)は、スリーブ(222)および取り付けられた基部(224)を備える。スリーブは、弾丸を保持するための口部およびそこからニップル(228)を伸ばす反対側の隔壁(226)を備えた円筒部を有する。半径方向に厚さが低減し、湾曲面部を有する唇部(234)は、第1の封止領域(41)を形成する。好ましくは、第2...

    火器用カートリッジおよび作成方法

  5. 【課題】高温下においてもレドーム本体とレドームリングとの結合を維持可能な飛しょう体用レドームを得ること。【解決手段】飛しょう体用レドーム50は、電子機器10が送受信する電波により目標までの距離及び方位を計測し、目標に向けて電波誘導により飛しょうする飛しょう体20の機体4に固定されるレドームリング3と、機体4の先端部に設置されるレドーム本体1と、レドーム本体1とレドーム...

    飛しょう体用レドーム

弾薬,爆破 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON