小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架 に関する技術一覧

「小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架」に関する技術の関連情報です。 「小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架」 の関連技術、「爆発性または燃焼性の推進装薬の使用に特徴のある飛しょう体の推進」「組立てまたは分解の特徴,モジュールの概念,連結式または折りたたみ式銃」 など、その他「小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架」の分野ページはこちら

小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架に所属する技術動向

小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架の分野に属する技術の状況としては、2015年に11件、2016年に14件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架の分野においては特に近年このサブクラスの他のグループに分類されない主題事項の分野における動向が活発であり、他にも組立てまたは分解の特徴,モジュールの概念,連結式または折りたたみ式銃や 洗浄または潤滑装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社日本製鋼所や住友重機械工業株式会社、ヘックレル・ウント・コッホ・ゲーエムベーハーが豊富な実績を残しており、 三菱重工業株式会社などは、 分離や金属の圧延といった分野も含め、 中菱エンジニアリング株式会社や豊和工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明の課題は、従来の光線銃型玩具にない面白味を与えることにあり、より具体的には、使い方によってはバラエティに富んだゲームプレイを可能とし、遊びの幅を広げることにある。【解決手段】制御部110は、自プレーヤのIDを登録する。そして、発信モジュール160が、自プレーヤのIDを含めた仮想弾データを電送する赤外線信号を照射する。一方、受信モジュール210が、他の光線...

    光線銃型玩具および銃弾ユニット

  2. 【課題】指紋センサや指紋認証モジュールを配設するには不適切な振動や衝撃を発する機器に対しても当該機器の開錠を指紋認証によって安全確実に行う指紋認証開錠システムを提供する。【解決手段】機器2は所定の電気信号によってのみ開錠する錠前装置3を備え、電源は備えていない。この機器2に対し容易に取り外すことの出来ない構造で配設された指紋認証開錠装置1は、機器2を使用可能な人物の特...

    指紋認証開錠システム

  3. 【課題】従来の1個のローラによるカム溝への係合によって発生するローラの損傷やカム面との焼き付き等を防止し、常に安定したローラの回転による作動軸の往復動を達成することを目的とする。【解決手段】本発明による溝カム作動機構は、カム溝(3)に形成され軸方向に沿って異なる位置に配設された第1、第2カム面(3a,3b)と、前記各カム面(3a,3b)に当接する第1、第2ローラ部(5...

    溝カム作動機構

  4. 【課題】 弾丸の発射ガス圧を利用して、発射弾数を正確に計数、表示でき、既成の小銃に簡単に着脱できる発射弾数計数装置を提供するものである。【解決手段】 銃身3先端のガス筒6の規整子装着孔6bに発射弾数計数装置7を検出部10に設けたロックナット13により螺着する。検出部10には、シリンダー5に開口するガス導入室15と銃身3のガス漏れ孔4とを連通する発射ガスの導入通路1...

    小銃の発射弾数計数装置

  5. 【課題】人手に頼ることなく、また空薬莢を収集するための特別な装備等を設けることなく発射弾数を常に正確に計数できるようにして、弾数管理の信頼性及び訓練効果の向上を図る。【解決手段】銃1に装着した発射弾数カウンタ2において、発射時の衝撃波形を衝撃センサ21で検出し、この検出された衝撃波形から弾の発射を特定し、その回数を発射弾数としてカウント回路25でカウントする。そして、...

    発射弾数カウンタ

新着の技術

小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】訓練用の装置に対して初期設定と点検を短時間で容易に行うことができる訓練装置システムを提供する。初期設定時に、個別番号出力器(リストバンド)1が個別番号を出力し、訓練者が装着する人員器材2が、当該個別番号を受信して記憶すると共に無線装置3に送信し、無線装置3が個別番号を記憶し、統制局5から送信された一括初期設定データの中から、記憶している個別番号に対応...

    訓練装置システム及びデータ設定方法

  2. 【課題】実銃により近いリアリティのある作業で弾切れとなったマガジンの交換作業を行うことが可能な光線照射模擬銃用マガジン交換システムを提供する。【解決手段】光線照射模擬銃用マガジン交換システムは、マガジン識別手段10と読取部20と再充填処理部30と光線照射部40とからなる。マガジン識別手段10は、マガジン2に付されマガジン情報を識別可能なものである。読取部20は、模擬銃...

    光線照射模擬銃用マガジン交換システム

    • 公開日:2017/11/02
    • 出願人: 原裕樹
    • 発明者: 原裕樹
    • 公開番号:2017-198354号
    • 公開日:2017/11/02
    • 出願人: 原裕樹
    • 発明者: 原裕樹
    • 公開番号:2017-198354号
  3. 【課題】 通信子機と通信親機とが誤って接続することを防止することが可能な無線通信システムを提供する。【解決手段】 無線通信システムは、通信親機、及び通信子機を具備する。通信子機は、記録部、及び接続処理部を備える。記録部は、携行装置に特有のアプリケーションにおいて無線接続する通信親機の固有情報が含まれる第1の接続先情報と、以前に無線接続した通信親機の固有情報が含まれ...

    無線通信システム、通信子機及び接続処理方法

  4. 【課題】砲身に腔線(ライフル)が無くても、飛翔体を旋転させて発射できる飛翔体旋転システムを提供する。【解決手段】内周面4aが滑らかな砲身4と、砲身4の砲腔内に後方から燃焼ガスを噴射する発射薬6と、内周面4aから半径方向内方に隙間Qを隔てて砲身4に装填される飛翔体8と、飛翔体8に取り付けられ互いに連通させながら砲腔を前後に仕切る回転装弾筒10と、を備える。回転装弾筒10...

    飛翔体旋転システム

  5. 【課題】狩猟や標的射撃等で猟銃を扱う場合において、装弾の有無の確認が困難であることから、情報伝達装置3によって猟銃の所持者および周囲の狩猟者に装弾を知らせ、不当装填時には装弾している狩猟者に脱包を促すことで暴発事故を確実に防止することを可能にする。【解決手段】圧力や接触等を感知するセンサー1、センサー1からの出力信号によって装弾の検出を行う装弾検出手段2、音や表示等で...

    センサーを利用した装弾検出装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 高性能コンピュータ

    2015年4月、理化学研究所は新規のスーパーコンピュータシステム「HOKUSAI GreatWave…

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

ページトップへ

小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON