小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架 に関する技術一覧

「小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架」に関する技術の関連情報です。 「小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架」 の関連技術、「爆発性または燃焼性の推進装薬の使用に特徴のある飛しょう体の推進」「組立てまたは分解の特徴,モジュールの概念,連結式または折りたたみ式銃」 など、その他「小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架」の分野ページはこちら

小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架に所属する技術動向

小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架の分野に属する技術の状況としては、2016年に14件、2017年に11件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架の分野においては特に近年このサブクラスの他のグループに分類されない主題事項の分野における動向が活発であり、他にも組立てまたは分解の特徴,モジュールの概念,連結式または折りたたみ式銃や 洗浄または潤滑装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社日本製鋼所やヘックレル・ウント・コッホ・ゲーエムベーハー、ラインメタル・エアー・ディフェンス・アクチエンゲゼルシャフトが豊富な実績を残しており、 三菱重工業株式会社などは、 分離や金属の圧延といった分野も含め、 中菱エンジニアリング株式会社や豊和工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明の課題は、従来の光線銃型玩具にない面白味を与えることにあり、より具体的には、使い方によってはバラエティに富んだゲームプレイを可能とし、遊びの幅を広げることにある。【解決手段】制御部110は、自プレーヤのIDを登録する。そして、発信モジュール160が、自プレーヤのIDを含めた仮想弾データを電送する赤外線信号を照射する。一方、受信モジュール210が、他の光線...

    光線銃型玩具および銃弾ユニット

  2. 【課題】指紋センサや指紋認証モジュールを配設するには不適切な振動や衝撃を発する機器に対しても当該機器の開錠を指紋認証によって安全確実に行う指紋認証開錠システムを提供する。【解決手段】機器2は所定の電気信号によってのみ開錠する錠前装置3を備え、電源は備えていない。この機器2に対し容易に取り外すことの出来ない構造で配設された指紋認証開錠装置1は、機器2を使用可能な人物の特...

    指紋認証開錠システム

  3. 【課題】従来の1個のローラによるカム溝への係合によって発生するローラの損傷やカム面との焼き付き等を防止し、常に安定したローラの回転による作動軸の往復動を達成することを目的とする。【解決手段】本発明による溝カム作動機構は、カム溝(3)に形成され軸方向に沿って異なる位置に配設された第1、第2カム面(3a,3b)と、前記各カム面(3a,3b)に当接する第1、第2ローラ部(5...

    溝カム作動機構

  4. 【課題】 弾丸の発射ガス圧を利用して、発射弾数を正確に計数、表示でき、既成の小銃に簡単に着脱できる発射弾数計数装置を提供するものである。【解決手段】 銃身3先端のガス筒6の規整子装着孔6bに発射弾数計数装置7を検出部10に設けたロックナット13により螺着する。検出部10には、シリンダー5に開口するガス導入室15と銃身3のガス漏れ孔4とを連通する発射ガスの導入通路1...

    小銃の発射弾数計数装置

  5. 【課題】人手に頼ることなく、また空薬莢を収集するための特別な装備等を設けることなく発射弾数を常に正確に計数できるようにして、弾数管理の信頼性及び訓練効果の向上を図る。【解決手段】銃1に装着した発射弾数カウンタ2において、発射時の衝撃波形を衝撃センサ21で検出し、この検出された衝撃波形から弾の発射を特定し、その回数を発射弾数としてカウント回路25でカウントする。そして、...

    発射弾数カウンタ

新着の技術

小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 ライフル

    【課題】 雷管突破の発生(雷管に孔が開くこと)を抑えるための機構を本体(ライフル)側に備えたライフルを提供する。【解決手段】 引金21を引くと、撃鉄23が逆鉤22から外れて遊底25内を前進し、薬室11内に収められた弾100の雷管104を撃針26が後方から打撃することにより、薬莢101内の火薬102を爆発させて弾丸103を前方に発射させる構造を有するライフルにおいて...

    ライフル

    • 公開日:2018/06/21
    • 出願人: 常定正
    • 発明者: 常定正
    • 公開番号:2018-096651号
    • 公開日:2018/06/21
    • 出願人: 常定正
    • 発明者: 常定正
    • 公開番号:2018-096651号
  2. 【課題】本発明は、駆動装置(1)と制御スライダ(3)を有する小速射砲の改良に関するものであって、制御スライダ(3)が駆動装置(1)によって機能的に有効に加速可能であり、制御スライダ(3)は2つの終端位置の間で移動可能である。【解決手段】小速射砲は、一方の終端位置において制御スライダ(3)の移動が、制御スライダ(3)の反跳を回避あるいは減少させるために、ダンパー(6)に...

    駆動装置と制御スライダを有する小速射砲

  3. 【課題・解決手段】磁気作動式認証・ロック解除システムが提供され、このシステムは、小火器への一体化に特に適しているが、オペレータがグリップ、ハンドル又はスティック型コントローラを手に持つことを必要とする任意の器具中にも組み込み可能である。このシステムは、器具内に収納されるロック機構と、好ましくは着用可能な装備品、例えば手袋中に組み込み可能なロック解除機構とを含む。このシ...

    磁気作動を利用した認証・ロック解除システム及び方法

  4. 【課題】本発明は、制御スライダ、リボルバードラム及び弾薬供給を有する小速射砲の改良に関するものであって、弾薬ガイドがクラッチによって機能的に有効にリボルバードラムから分離可能である。本発明は、さらに、この種の小速射砲を駆動する方法の改良に関する。【解決手段】小速射砲の駆動は、連続射撃の間に弾薬供給がクラッチによって機能的に有効にリボルバードラムから分離可能であって、弾...

    小速射砲及び小速射砲を駆動する方法

  5. 【課題・解決手段】様々なゲーム環境で使用されるゲーム用銃器および他の周辺デバイスを含めた、ゲームデバイスおよびシミュレーションシステムのための触覚フィードバックをシミュレートするように構成されるリニアモータおよび制御装置を含む方法および装置が提供される。

    触覚システムのための方法および装置

小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON