武器,爆破 に関する技術一覧

「武器,爆破」に関する技術の関連情報です。 「武器,爆破」 の関連技術、「小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架」「爆発性または燃焼性推進装薬を用いない飛しょう体発射用武器,他に分類されない武器」 など、その他「武器,爆破」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「武器,爆破」の分野ページはこちら

武器,爆破に所属する技術動向

武器,爆破の分野に属する技術の状況としては、2016年に115件、2017年に120件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、武器,爆破の分野においては特に近年小火器,例.ピストル,ライフル銃,そのための付属具の分野における動向が活発であり、他にも砲身からの発射体または飛しょう体発射装置,例.大砲,ロケットまたは魚雷ランチャ,もり打ち砲や 標的,射撃場,弾丸受けといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社東芝や三菱電機株式会社、株式会社IHIエアロスペースが豊富な実績を残しており、 防衛装備庁長官などは、 器械や弾薬,爆破といった分野も含め、 株式会社日本製鋼所や川崎重工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

武器,爆破』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【目的】本発明は、照準位置、または、照準装置の空間座標、向き、を求めることを目的とするものである。【構成】的7の近辺に配置した1個または複数個の赤外線光源2と、撮像装置1と、撮像結果を解析して照準位置を求める解析手段3とよりなる。

    位置検出システム

  2. 【課題・解決手段】単層カーボンナノチューブを酸中に懸濁させて、ナノチューブ/酸の混合物を形成すること、ナノチューブ/酸混合物に芳香族ポリアミドを加えること、及びポリアミド中に単層カーボンナノチューブを分散させて、単層カーボンナノチューブ/ポリアミドのドープを形成することにより、単層カーボンナノチューブ及び芳香族ポリアミドを含んだ複合材料を作製することができる。ドープを...

  3. 【課題】本発明は、遠赤外線に対し、優れた偽装効果を有する遠赤外線偽装シートを提供せんとするものである。【解決手段】本発明の遠赤外線偽装シートは、シートの少なくとも片面に、金属薄膜層および迷彩用着色剤含有樹脂層が積層されてなり、かつ、その表面の熱放射率が多段階に分布していることを特徴とするものである。

    遠赤外線偽装シート

  4. 【課題】暴行、盗難など様々な犯罪被害から身を守るために、カメラ本来の機能及び装備を流用して防犯や危機管理に役立てることができる防犯機能付きカメラを提供する。【解決手段】カメラ10は、ストロボ用のコンデンサ120に蓄えられた電圧を高電圧銃ヘッド124から取り出して相手に電気ショックを与える高電圧ショック(スタンガン)機能、非常時にハンドストラップ46を引き抜くと警報音が...

    防犯機能付きカメラ

  5. 【課題】赤外線撮像手段の撮像信号に基づき、スポット光の位置検出を正確に行うことを可能とするシューティングゲーム装置を提供することにある。【解決手段】このゲーム装置は、ディスプレイ30を撮像する赤外線ビデオカメラ40の撮像信号に基づき、前記赤外線撮像手段の撮像エリアに含まれる位置検出エリアを特定する。そして、ディスプレイ30に表示される標的に向け、発射される赤外線スポッ...

    ゲーム用の装置、位置検出用の装置及び情報記憶媒体

新着の技術

武器,爆破』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】一実施形態において、本発明は、光学照準装置、例えばライフルスコープ用のレチクルに関し、このレチクルは、静止している状態での照準当てと動いている状態での照準当ての両方に対応するよう漸変太さおよび目盛りのサブテンションマーキングを有する。光学照準装置は、中心軸線を備えた対物レンズ系と、接眼レンズと、エレクターレンズ系とを有し、これらは、第1焦点面および第...

    光学照準装置用レチクル

  2. 【課題】海上保安庁の巡視船などから停船を命じられたにも拘わらず停船命令に従わず逃走を続ける船舶を、強制的に停船させるための逃走船舶制動装置を提供する。【解決手段】長いワイヤーロープ41の両端にパラシュート42を結び、その先に鉄球44を繋いだ制動索具4と、火薬を利用して鉄球44を発射する発射管と制動索具4を収納する収納筒からなる制動索具展張装置3、をドローン2にて吊下げ...

    逃走船舶制動装置及び逃走船舶制動方法

  3. 【課題】子弾の積載量を維持したまま子弾の散布範囲を広げることができる飛翔体とその制御方法を提供する。【解決手段】所定の経路を飛行可能な機体12と、機体12に設けられ機軸を中心に機体12を回転させる旋回翼14と、機体内の機軸方向又は周方向に収納された複数の子弾容器16と、子弾容器16を制御する制御装置18と、を備える。複数の子弾容器16は、子弾17をそれぞれ格納し、かつ...

    飛翔体とその制御方法

  4. 【課題・解決手段】システムは、脅威であると判定された無人航空機(UAV)に対する電子対策を展開する。信号検出器は、遠隔操縦ユニットとUAVとの間で伝達される無線信号を検出する。特徴抽出器は、検出した無線信号から信号特徴を抽出し、分類器は、検出した無線信号が既知の無線プロトコルに対応するのか未知の無線プロトコルに対応するのかを判定する。脅威解析器は、リモートセンシングデ...

    無人航空機の侵入検出および対策

  5. 【課題】天候の影響を受けにくく、追尾性能の高い誘導制御装置を提供する。【解決手段】誘導制御装置は、電波の送受信によりビデオ信号を取得する電波送受信部と、第1目標演算処理を用いて、ビデオ信号に基づき、目標受信電力とクラッタ受信電力とを算出し、目標の第1位置情報を推定する第1目標演算部130と、第1目標演算処理と異なる第2目標演算処理を用いて、ビデオ信号に基づき、目標の第...

    誘導制御装置、誘導制御方法、飛しょう体及び誘導制御プログラム

武器,爆破 ページ上部に戻る