武器,爆破 に関する技術一覧

「武器,爆破」に関する技術の関連情報です。 「武器,爆破」 の関連技術、「小火器と砲,例.大砲,に共通の機能的特徴または細部,小火器架または砲架」「爆発性または燃焼性推進装薬を用いない飛しょう体発射用武器,他に分類されない武器」 など、その他「武器,爆破」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「武器,爆破」の分野ページはこちら

武器,爆破に所属する技術動向

武器,爆破の分野に属する技術の状況としては、2016年に115件、2017年に118件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、武器,爆破の分野においては特に近年小火器,例.ピストル,ライフル銃,そのための付属具の分野における動向が活発であり、他にも砲身からの発射体または飛しょう体発射装置,例.大砲,ロケットまたは魚雷ランチャ,もり打ち砲や 標的,射撃場,弾丸受けといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社東芝や三菱電機株式会社、株式会社IHIエアロスペースが豊富な実績を残しており、 防衛装備庁長官などは、 器械や弾薬,爆破といった分野も含め、 株式会社日本製鋼所や川崎重工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

武器,爆破』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【目的】本発明は、照準位置、または、照準装置の空間座標、向き、を求めることを目的とするものである。【構成】的7の近辺に配置した1個または複数個の赤外線光源2と、撮像装置1と、撮像結果を解析して照準位置を求める解析手段3とよりなる。

    位置検出システム

  2. 【課題・解決手段】単層カーボンナノチューブを酸中に懸濁させて、ナノチューブ/酸の混合物を形成すること、ナノチューブ/酸混合物に芳香族ポリアミドを加えること、及びポリアミド中に単層カーボンナノチューブを分散させて、単層カーボンナノチューブ/ポリアミドのドープを形成することにより、単層カーボンナノチューブ及び芳香族ポリアミドを含んだ複合材料を作製することができる。ドープを...

  3. 【課題】本発明は、遠赤外線に対し、優れた偽装効果を有する遠赤外線偽装シートを提供せんとするものである。【解決手段】本発明の遠赤外線偽装シートは、シートの少なくとも片面に、金属薄膜層および迷彩用着色剤含有樹脂層が積層されてなり、かつ、その表面の熱放射率が多段階に分布していることを特徴とするものである。

    遠赤外線偽装シート

  4. 【課題】暴行、盗難など様々な犯罪被害から身を守るために、カメラ本来の機能及び装備を流用して防犯や危機管理に役立てることができる防犯機能付きカメラを提供する。【解決手段】カメラ10は、ストロボ用のコンデンサ120に蓄えられた電圧を高電圧銃ヘッド124から取り出して相手に電気ショックを与える高電圧ショック(スタンガン)機能、非常時にハンドストラップ46を引き抜くと警報音が...

    防犯機能付きカメラ

  5. 【課題】赤外線撮像手段の撮像信号に基づき、スポット光の位置検出を正確に行うことを可能とするシューティングゲーム装置を提供することにある。【解決手段】このゲーム装置は、ディスプレイ30を撮像する赤外線ビデオカメラ40の撮像信号に基づき、前記赤外線撮像手段の撮像エリアに含まれる位置検出エリアを特定する。そして、ディスプレイ30に表示される標的に向け、発射される赤外線スポッ...

    ゲーム用の装置、位置検出用の装置及び情報記憶媒体

新着の技術

武器,爆破』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 弾の性能(弾丸の飛翔力等)を犠牲にすることなく、薬室の拡大を防止することができる構造を有するライフル銃を提供する。【解決手段】 銃身10と薬室形成部20とが別体とし、薬室形成部20を、銃身10を形成する金属よりも硬い金属で形成した。薬室形成部20と銃身10とにおけるロックウェル硬さの差は、10〜50HRCとすると好ましい。薬室形成部20のロックウェル硬さ...

    ライフル銃

    • 公開日:2018/07/19
    • 出願人: 常定正
    • 発明者: 常定正
    • 公開番号:2018-112373号
    • 公開日:2018/07/19
    • 出願人: 常定正
    • 発明者: 常定正
    • 公開番号:2018-112373号
  2. 【課題・解決手段】ターゲット方法において、第1の航空機(100)上の第1の映像センサ(102)によって潜在的なターゲット座標に関するシーンの第1の映像をキャプチャするステップと、前記第1の航空機によって前記第1の映像(232)および関連する潜在的なターゲット座標を送信するステップと、プロセッサと通信している第1のディスプレイ上で前記第1の映像を受信し、前記プロセッサは...

    マシンからマシンへのターゲットを維持するポジティブ識別

  3. 技術 ライフル

    【課題】 雷管突破の発生(雷管に孔が開くこと)を抑えるための機構を本体(ライフル)側に備えたライフルを提供する。【解決手段】 引金21を引くと、撃鉄23が逆鉤22から外れて遊底25内を前進し、薬室11内に収められた弾100の雷管104を撃針26が後方から打撃することにより、薬莢101内の火薬102を爆発させて弾丸103を前方に発射させる構造を有するライフルにおいて...

    ライフル

    • 公開日:2018/06/21
    • 出願人: 常定正
    • 発明者: 常定正
    • 公開番号:2018-096651号
    • 公開日:2018/06/21
    • 出願人: 常定正
    • 発明者: 常定正
    • 公開番号:2018-096651号
  4. 【課題・解決手段】ナイフ、ピック、弾丸および破片に対して耐性のある物品に使用するのに好適な可撓性複合材であって、(i)布帛を含むが樹脂を含まない第一ゾーンであって、第一ゾーンが複合材の総厚の10〜90パーセントを含む第一ゾーンと、(ii)第三ゾーンであって、エラストマー系または熱可塑性樹脂を含むが布帛を含まず、第三ゾーンが複合材の総厚の0〜50パーセントを含む第三ゾー...

    防弾性および耐穿刺性の複合材

  5. 【課題】水ロケットの飛行軌跡のソフトを作成して追跡したいが、水ロケットの流量係数を簡便に取得する方法がない。【解決手段】 回転体の中央部を回転中心とし、左端に水ロケットを、右端にバネ秤を取り付けたハードウエアと、そのハードウエアを完全に模擬できるシミュレータから構成されている。シミュレータに対して流量係数以外の条件をハードウエアの条件と同一とし、流量係数のみを仮の値...

    水ロケットの流量係数の計測方法と装置の開発

武器,爆破 ページ上部に戻る