熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般 に関する技術一覧

「熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般」に関する技術の関連情報です。 「熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般」 の関連技術、「1つの熱交換媒体に対してのみ定置流路組立体を持ち,媒体が相互に異なった側の流路壁と接触し,他方の熱交換媒体が多量の流体である熱交換装置,例.家庭用または自動車用ラジエータ」「可動の流路をもつ熱交換装置」 など、その他「熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般」の分野ページはこちら

熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般に所属する技術動向

熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般の分野に属する技術の状況としては、2016年に863件、2017年に917件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般の分野においては特に近年流動床を用いる熱交換装置の分野における動向が活発であり、他にも可動の流路をもつ熱交換装置や 不動の中間熱伝達媒体または同物質が相互の熱交換媒体と相い継いで接触する再生式熱交換装置,例.粒状物質を用いるものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社デンソーや三菱電機株式会社、パナソニック株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社デンソーなどは、 燃焼機関の制御や一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給といった分野も含め、 株式会社豊田中央研究所やトヨタ自動車株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】重量およびコストの増加を抑制しつつ、性能の向上を図る。【解決手段】内管11と外管12とからなる二重管式熱交換器において、前記内管11と外管12との間に、前記外管12の内側流路を螺旋状に仕切る伝熱促進体19を介設して、内外管11,12間の流路の流路長を増大させるとともに、該流路を流れる流体の流速および乱流化を増加させることにより、内管11内を流れる流体から内外管...

    二重管式熱交換器

  2. 【課題】 短い時間で効率よく蓄熱する。【解決手段】 固体と液体との状態変化により蓄熱する酢酸ナトリウム3と、酢酸ナトリウム3に直接接触することにより熱交換し、酢酸ナトリウム3よりも比重が小さく混合しない油2とを収容する熱貯蔵容器1aを備えている。さらに、少なくとも熱貯蔵容器1aに収容された酢酸ナトリウム3内を通り、油2を熱貯蔵容器1a内に供給する供給管4と、熱貯蔵...

    熱貯蔵ユニット

  3. 【課題】熱交換性能の向上及び薄型化を図り得る蒸発器を提供する。【解決手段】本発明の蒸発器は、上流側及び下流側熱交換チューブ群P1、P2が前後に併設されたコア1と、コア1の上下両端に配置される上側及び下側ヘッダー部材10、50とを備える。上側ヘッダー部材内が前後に仕切られて、入口側及び出口側タンク11、12が形成される。上流側チューブ群P1における各チューブ6の一端が入...

    蒸発器、その製造方法、蒸発器用ヘッダー部材及び冷凍システム

  4. 【課題】本発明は、燃料電池内を循環される純水を冷却するための燃料電池用純水熱交換器の製造方法に関し、アルミニウムからなる部材を使用した場合にも、金属等のイオンが純水中に混入することを確実に防止することを目的とする。【解決手段】アルミニウムからなるチューブ19とコルゲートフィン21とが交互に積層されるコア部23にアルミニウムからなるタンク部11,13を組み付け熱交換器を...

    燃料電池用循環水熱交換器の製造方法

  5. 【課題】蓄熱ユニットにおいて、万一の破損により蓄熱材が漏洩した場合でも、漏洩した蓄熱材が熱媒体に混入するのを防止する。【解決手段】密閉容器(41)と管状部材(42)を交互に積層し、蓄熱ユニット(40)を構成する。密閉容器(41)には、潜熱蓄熱用の蓄熱物質が蓄熱材として密封される。一方、管状部材(42)は、蓄熱用の熱媒水が流通する蓄熱用伝熱管(43)と、温熱の取り出し用...

    蓄熱ユニット、その組立方法、及び蓄熱装置

新着の技術

熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 熱交換器

    【課題・解決手段】この熱交換器(100)は、第1流体(7)を流通させる第1流路(10)と、第2流体(8)を流通させる第2流路(20)と、互いに隣接する第1流路(10)と第2流路(20)との間に配置され、第1流路(10)と第2流路(20)との間の熱交換量を調整する調整層(30)とを備える。調整層(30)は、第1部分(31)と、第1部分(31)よりも伝熱性能が低い第2部分...

    熱交換器

  2. 【課題】温度差の小さい冷媒を使い、液体を冷やし過ぎずに冷却効率を高める。【解決手段】内部に単一物質の液体と気体だけを詰めて気液平衡にした密閉容器a型2個とb型2個で4量体を構成する構造体は熱量を移動し、入口から入る温流体と冷流体の温度が出口で逆になり、流体温度の閾値と熱効率を持つ。入口から流入する流体のエネルギーを使い、温流体から効率良く吸熱して温度差の小さな冷流体に...

    液体冷却装置

  3. 【課題】潜熱蓄熱材に添加剤を配合しても、構成された成分同士を、経時的に安定し、均一に混じり合った状態に保つと共に、より大きな蓄熱量を得ることができる潜熱蓄熱材組成物と、そのような潜熱蓄熱材組成物を用いた潜熱蓄熱槽を提供する。【解決手段】相変化に伴う潜熱の出入りを利用して蓄熱またはその放熱を行う潜熱蓄熱材10に、該潜熱蓄熱材10の物性を調整する添加剤20を配合してなる潜...

    潜熱蓄熱材組成物、及び潜熱蓄熱槽

  4. 【課題・解決手段】付加製造プロセスを使用して製造された一体型熱交換器について説明される。この熱交換器は、その中に形成された複数のチャネル含む。複数のチャネルの少なくともいくつかは、熱交換器の重量を減らすために、熱交換器に構造支持を提供するように構成される。一体化された一体型熱交換器構造において異なるタイプの冷却を提供するために、複数のチャネルの第1のセットおよび複数の...

    一体化されたマルチチャンバ熱交換器

  5. 【課題】高温液体を本来の品質を保持したまま低温液体に速やかに大電力を使わず省エネルギーで簡便に繰り返しコンパクトな装置で安価に実現すること。【解決手段】高温の液体のその温度から環境温度付近までの冷却を物質の熱容量の特性を活用して外部からのエネルギー投入なしで実現させ、さらに、その温度から目的とする低温までの冷却には時間応答性に優れた熱電冷却を採用し、容器自体の蓄冷効果...

    低温液体作製装置

熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般の詳細カテゴリ一覧

熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの,蓄熱プラントまたは装置一般』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。