炉または炉内の装入物の冷却 に関する技術一覧

「炉または炉内の装入物の冷却」に関する技術の関連情報です。 「炉または炉内の装入物の冷却」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「炉または炉内の装入物の冷却」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜50件を表示(310件中)1/7ページ目

  1. 技術 焼結炉

    【課題】冷却速度を向上させることができる焼結炉を提供する。【解決手段】焼結炉1は、チャンバ2と、チャンバ2内に設けられるヒータ8と、ヒータ8に対面するように設けられるインナーボックス10と、を備える。チャンバ2は、ヒータ8が設置される加熱区域A1と、加熱区域A1に隣接しヒータ8が存在しない冷却区域A2とを含む。インナーボックス10は、インナーボックス10内に配置される...

    焼結炉

  2. 【課題】各セグメント内において管状の冷却水路を周回する誘導電流(渦電流)が発生する事態を防止・抑制して、ルツボの誘導加熱による投入電力の損失を低減し、溶解効率の上昇を図ることが可能なコールドクルーシブル溶解炉を提供する。【解決手段】ルツボ1の胴体部10が、高さ方向に延伸する管状の水冷通路C1が内部に形成された複数のセグメント2を、絶縁材4で閉塞した縦スリット3を介して...

    コールドクルーシブル溶解炉

  3. 【課題】 差厚鋼板や輪郭が特殊な形状の鋼板などの異形状の加熱対象物を加熱処理する場合においても、その全体を均質に所望の温度に加熱処理することができる熱処理装置を提供することにある。【解決手段】 熱処理装置は、処理室と、当該処理室内において略平板状の加熱対象物を局所的に接するよう支持する支持部と、前記処理室内において前記支持部に支持される加熱対象物の一面と対向するよ...

    熱処理装置

  4. 【課題・解決手段】被処理物(X)が中間搬送室(1)を経由して加熱室(K)に収容される熱処理装置であって、中間搬送室(1)に隣接して設けられ、酸化剤を含む冷却ガスを用いて被処理物(X)を冷却するガス冷却室(RG)を備える。

    熱処理装置

  5. 【課題・解決手段】多室型熱処理装置(A)が、ガス冷却室(10)内に供給された冷却ガスと酸素ガスとの混合の可能性がある部位を、不活性ガスでガスパージするガスパージ装置(40)を有し、冷却ガス供給装置(20)が、冷却ガスとして水素ガスをガス冷却室(10)に供給する。

    熱処理装置

  6. 【課題・解決手段】熱処理システムが、被処理物(X)を加熱処理する加熱室(7A〜7F)と、被処理物を加熱室に搬入すると共に被処理物を加熱室から搬出し、かつ被処理物を無酸素雰囲気下で搬送する搬送装置(5)とを備え、搬送装置が、被処理物を冷却処理する冷却装置を備える。

    熱処理システム

  7. 【課題・解決手段】高性能な永久磁石を提供する。温度TSTで熱処理を行う工程と、第1の層と、第1の層上に設けられた第2の層と、を有する冷却部材を被処理体側に第1の層が位置するように冷却部材を加熱体と被処理体との間に配置する工程と、冷却部材とともに被処理体を加熱室の外部に搬出し、被処理体の温度が温度TST−200℃よりも低い温度になるまで被処理体を冷却する工程と、を備える...

    永久磁石、モータ、および発電機

  8. 【課題】還元鉄を製造するための還元炉内に適正なクーリングガスの供給を行うことが可能な方法を提供する。【解決手段】 提供される方法は、還元炉10内で酸化鉄と還元ガスとを接触させて還元鉄を生成する工程と、還元炉10の炉頂ガスを調整して生成されるプロセスガスを改質器40に供給して改質ガスを生成する工程と、改質ガスを還元ガスとして還元炉10に供給する工程と、還元炉10の冷却...

    還元鉄の製造方法

  9. 【課題・解決手段】鋳造物を略均等に二次冷却することができて小型化が可能な真空溶解鋳造装置を提供する。密閉容器1内に、溶解炉2と、溶解炉から出湯される溶湯を一次冷却して鋳造物を形成する冷却ロール4と、冷却ロールで形成された鋳造物を受け入れて二次冷却する回転自在な冷却ドラム5とを備える。冷却ドラムが、一側に開設されて鋳造物を受け入れる受入開口52と、他側に開設されて二次冷...

    真空溶解鋳造装置

  10. 【課題】熱処理装置において、より簡易な構成で、横型炉のドアを開閉するための開閉機構を冷却することができるようにする。【解決手段】熱処理装置1は、横向きに配置された開口部7aおよびドア2を有する横型炉3と、ドア2を開閉動作させるための開閉機構6と、開口部7aの周囲を取り囲むとともに、開口部7aの周囲に気流を発生させるためのスカベンジャー部12と、を有している。スカベンジ...

    熱処理装置

  11. 【課題】バッチ式熱処理を効率よくできるような竪型熱処理炉の冷却機構及び冷却方法の提供。【解決手段】円筒状の内部室1を有するバッチ式の竪型熱処理炉10の冷却機構は、内部室1を包囲するように与えられた分割された複数のヒーターユニット5のうち、最下段にあるヒーターユニット5の下部から内部室1の内壁に沿って且つ上向きに送風するよう送風ノズル21を設け、少なくとも内部室1の下部...

    竪型熱処理炉の冷却機構及び冷却方法

  12. 【課題・解決手段】本発明は、固体バッチ材料を溶解するためのプロセスに関し、プロセスは、固体バッチ材料を溶解装置の中に導入するステップと、サブマージ燃焼によって溶解装置内の固体バッチ材料を溶解するステップと、溶解物にフローパターンを受けさせるステップとを含み、フローパターンは、コンピュータ上で一般的流体動力学方程式を利用することによってシミュレートされるとき、溶解物表面...

    サブマージ燃焼バーナを使用して固体バッチ原材料を溶解するための方法および装置

  13. 技術 焼成炉

    【課題】 簡易な構成でありながら、装置を高温化することなく基板を均一に加熱して焼成することが可能な焼成炉を提供する。【解決手段】 ステンレス製の炉体10と、基板100の下方に配設された複数のランプヒータ13と、これらのランプヒータ13の下方に配設された水冷式の冷却プレート11と、基板100の上方に配設された複数のランプヒータ14と、これらのランプヒータ14の上方に...

    焼成炉

  14. 【課題】ミスト冷却に対する冷却性能の低下を抑制した多室型熱処理装置を提供する。【解決手段】上面視で加熱室が中間搬送室を挟んで複数配置され、被処理物が中間搬送室を経由して前記加熱室に収容される多室型熱処理装置であって、上面視で中間搬送室に隣接して設けられ、冷却ガスを用いて被処理物を冷却するガス冷却室と、ガス冷却室内において被処理物に向けて延出するガス吹込口と、被処理物を...

    多室型熱処理装置

  15. 【課題】 キルン本体から排出される高温の粉粒体を冷却処理する前に熱回収を行って有効利用可能とした粉粒体の加熱処理装置を提供する。【解決手段】 粉粒体を加熱処理するロータリーキルン2のキルン本体4の下位に、加熱処理した高温の粉粒体を冷却処理する冷却機19を備え、前記キルン本体4の排出部9と冷却機19とを排出シュート20で連結すると共に、この排出シュート20の外周部は...

    粉粒体の加熱処理装置

  16. 【課題】H鋼を効果的に冷却することが可能なH鋼の冷却構造体および冷却方法を提供すること。【解決手段】自溶炉の炉体を形成するH鋼のウェブ部および2つのフランジ部により炉内側に形成される空間に設けられ、前記ウェブ部および2つの前記フランジ部の前記空間を形成する面に接触または熱伝導性部材を介して当着するとともに、前記フランジ部の炉内側端面を覆うジャケットと、前記ジャケットの...

    H鋼の冷却構造体、及びH鋼の冷却方法

  17. 【課題】冷却室内において被処理物を冷却液に浸漬して冷却する冷却装置及び多室型熱処理装置において、効率的かつ均一に被処理物を冷却できる流れを冷却室内に提供する。【解決手段】冷却液Wに浸漬することにより被処理物Xの冷却を行う冷却装置であって、被処理物Xを収容すると共に内部に冷却液Wを貯留可能な冷却室1と、被処理物Xよりも下方から冷却室1に冷却液Wを供給する供給ノズル2と、...

    冷却装置及び多室型熱処理装置

  18. 【課題】ヘッダー管に取り付けられたノズルから冷却液を噴霧することによって被処理物を冷却する冷却装置及び多室型熱処理装置において、ノズルを容易に交換可能とする。【解決手段】冷却液を噴霧することにより被処理物の冷却を行う冷却装置であって、被処理物を収容する冷却室1と、ノズルが取り付けられる本体部から突出して設けられると共に本体部へ供給される冷却液が供給される接続管3bを有...

    冷却装置及び多室型熱処理装置

  19. 【課題】装置全体の小型化を図るとともに、消費電力量の低減化を図ること。【解決手段】装置本体10の内部に載置された対象物1に熱処理を行う熱処理装置において、対象物1の周囲を覆う態様で配設されることにより対象物1を略密閉された空間に位置させるカバー体30と、対象物1との間に断熱板11が介在した状態で装置本体10の内部に配設され、かつ駆動する場合に対象物1を載置する発熱体2...

    熱処理装置

  20. 【課題】装置全体の小型化を図るとともに、消費電力量の低減化を図ること。【解決手段】装置本体10の内部に載置された対象物1に熱処理を行う熱処理装置において、対象物1の周囲を覆う態様で配設されることにより対象物1を略密閉された空間に位置させるカバー体30と、対象物1との間に断熱板11が介在した状態で装置本体10の内部に配設され、かつ駆動する場合に対象物1を載置する発熱体2...

    熱処理装置

  21. 【課題】熱容量の大きな被処理物に対しても、電子部品の損傷を防止し、はんだ付け品質の低下を抑制することができるはんだ付け装置および電子装置の製造方法を提供する。【解決手段】はんだ付けされる部分を有する被処理物11を搭載する搭載面7Aを含む冷却部7を備え、搭載面7Aには冷却用ガスを噴出させるガス噴出口10が形成されており、さらに、冷却部7の内部を通ってガス噴出口10から被...

    はんだ付け装置および電子装置の製造方法

  22. 【課題】装置を小型化してエネルギーの消費量を低減し、ワーク内の温度バラツキをおさえて、ろう付け部を短時間で狙いとする温度域に入れてろう付けし生産性を高める。【解決手段】本発明のろう付け方法は、ワークを高周波誘導加熱コイルによって加熱する際に、ワークを急速に加熱し、ワークの加熱を開始してから一定時間が経過した時点、又はワークが所定温度に到達した時点でコイルへの通電を停止...

    ろう付け方法及び装置

  23. 【課題】排水量を少なくすることができ、かつ排熱を回収可能な冷却水の利用方法を提供する。【解決手段】本発明に係る冷却水の利用方法は、炉の冷却に用いた冷却水を純水製造装置の原水として使用することを特徴とする。本発明によれば、水の使用量を低減でき、かつ排熱を回収可能な冷却水の利用方法を提供することができる。

    冷却水の利用方法

  24. 【課題】本発明に係る1つの態様は、簡便な構成で、真空炉を水平状態に維持しつつ昇降させることができる鉛直型真空炉アセンブリを提供することを目的とする。【解決手段】本発明によれば、第1および第2の支柱と、第1および第2の支柱を表面に固定するための固定手段と、第1および第2の支柱を互いに離間させた状態で接続する横梁と、第1および第2の支柱の対向する面に長手方向に形成された第...

    鉛直型真空炉用のワークロード昇降システム

  25. 【課題】 貴金属のリサイクルを容易に行うことが可能で、第一の処理炉の過熱による耐久性の低下を防止し、ダイオキシンの発生や焼却灰の発火という危険性を未然に防止することが可能な有価金属の回収処理装置及び方法を提供する。【解決手段】 有価金属の回収処理装置は、第一の処理炉10と、ガス化減容物を燃焼処理する第二の処理炉21aと、可燃性の熱分解ガスを燃焼処理する第三の処理炉...

    有価金属の回収処理装置及び方法

  26. 【課題】乾留された石炭の自然発火の防止を図りつつ、石炭の表面への酸素の吸着を効率良く行うことができる不活性化処理装置の提供。【解決手段】石炭2及び処理ガスが内部に供給され、回転可能に設けられたロータリキルン本体103と、ロータリキルン本体103と共に回転可能に設けられると共に、ロータリキルン本体103の長手方向に延在して設けられ、内部を冷却水が流通する送給管142とを...

    石炭不活性化処理装置

  27. 【課題】浴槽底部の冷却効率を向上できるフロート板ガラスの製造設備を提供する。【解決手段】建屋上層階5の床15に設けられた開口部14に隣接して設けられた溶解槽1と、溶融ガラスをガラスリボンにフロート成形する浴槽2と、建屋下層階6に設けられ、浴槽2の底部に望ませる噴射管25を複数有するメインダクト7と、メイン送風機8と、浴槽下方側に設置されて中間階10を構成するグレーチン...

    フロート板ガラスの製造設備

  28. 【課題】 比較的高温の温度域でワークを恒温保持する必要性が高い焼鈍処理において、急冷工程中のワークの温度変動に伴いワーク近傍のガスの温度が変動しても、循環させるガスを急冷時間内に亘って適切に調温することができる急冷方法及び急冷設備を提供する。【解決手段】 ワークが配置される急冷室のガスを排出する排出ステップと、急冷室から排出されたガスを、冷却する冷却側のガスと冷却...

    焼鈍処理における急冷方法及び焼鈍炉における急冷設備

  29. 【課題・解決手段】本願明細書に記載されている様々な実施形態による、冷却能力が高められたヒータアセンブリは、断熱部内の流体、または、断熱のために用いられる空間内の流体を利用する。自然対流または強制対流フローを生じさせることにより、該ヒータは、急速に冷却され、より低い温度精度および/またはより高い温度精度で作動することができ、および、より高い熱損失率を生じさせることにより...

    冷却能力を高めた加熱要素

  30. 【課題・解決手段】方向性凝固により高純度アルミニウムを準備する方法であって、4N〜5Nアルミニウムを原料として提供するステップと、アルミニウム原料を温度670℃〜730℃まで加熱するステップと、その温度を7分間〜80分間維持するステップと、チャンバー3の底部を冷却して、1時間〜8時間にわたり、アルミニウム液をチャンバー3の底部から頂部への方向において結晶化させて、結晶...

    方向性凝固により高純度アルミニウムを準備する方法及びそのための溶鉱炉

  31. 【課題】被処理物の歪や変形を十分に小さく抑える熱処理装置を提供する。【解決手段】加熱された被処理物Mを冷却する冷却室160を備え、複数の被処理物Mを同時に単列で搬送する搬送装置10と、搬送装置10の搬送経路を囲んで配置されミスト状の冷却液を供給するミスト冷却装置30とを備えた冷却ユニットCUが冷却室160に設けられており、ミスト冷却装置30は、搬送経路を中心として周方...

    熱処理装置

  32. 【課題】冷却時の温度分布を抑制できる熱処理装置及び熱処理方法を提供する。【解決手段】本発明の熱処理装置は、加熱された被処理物Mを冷却する冷却室120を備える熱処理装置であって、ミスト状の冷却液を冷却室120内に供給するミスト供給部20と、気体を冷却室120内に供給してミスト状の冷却液の流動方向を調整する気体供給部30と、気体供給部30が有する気体の供給方向を変更する開...

    熱処理装置及び熱処理方法

  33. 【課題】窒素ガス、アルゴンガス等の不活性ガスを使用することなく、ガスバーナの燃焼によって生じる変成ガスを炉内雰囲気ガスとして活用し、しかも被熱処理物の脱炭等、品質に悪影響を及ぼすことのないような鋼の熱処理炉を実現する。【解決手段】予熱室3、加熱室6及び水冷冷却室7が連続的に設けられており、加熱室6には、グラファイト材料で形成されたマッフル23を有し、マッフル23内で鋼...

    鋼の熱処理炉

  34. 【課題】全周的に、かつ充分に、シール界面を冷却することが可能なロータリーキルンのシール構造およびロータリーキルンを提供することを課題とする。【解決手段】ロータリーキルン1のシール構造4は、回転筒部2の外周面から径方向外側に突出する回転側径方向延在部400と、回転側径方向延在部400から軸方向に延在する環状の回転側軸方向延在部401と、を有する回転フランジ部40と、回転...

    ロータリーキルンのシール構造およびロータリーキルン

  35. 【課題】電気炉等の冶金炉を損傷の危険がなく長期間に亘って十分に冷却できる信頼性の高い炉体冷却方法及び冶金炉を提供する。【解決手段】本発明に係る冶金炉の冷却方法は、トラニオン軸3によって傾動可能に支持されたトラニオンリング5によって炉体7を保持してなる冶金炉1の炉体冷却方法であって、トラニオン軸3の軸端側からトラニオン軸3内の輸送管15を除いた空隙19を通過させてトラニ...

    冶金炉の鉄皮冷却方法及び冶金炉

  36. 【課題】ロータリーキルンの外表面を効率的に冷却する。【解決手段】ロータリーキルンを冷却するロータリーキルンの冷却装置において、冷却用空気の流れを生じさせる冷却ファンと、前記冷却用空気を噴出させる開口部に備えられた風向調整手段と、前記冷却用空気に霧を噴霧する噴霧手段とを有することとした。

    ロータリーキルンの冷却装置

  37. 【課題】金属の溶解効率が高く、窒素酸化物の排出が少なく、特別な付帯設備無しでも不純物元素を除去可能であり、耐久性にも優れたハイブリッド型金属溶解炉を提供する。【解決手段】金属溶解炉は、坩堝11と、坩堝を支持する炉本体10と、炉蓋20と、坩堝内に火炎を噴射可能なバーナー23と、誘導加熱手段とを備える。バーナー23は、燃料ガスと、酸素濃度が21mass%以上100mass...

    ハイブリッド型金属溶解炉

  38. 【課題】断熱炉の炉壁を貫通する貫通孔に挿通されるモータ軸を有するファンモータが断熱炉の外側に設置された熱処理装置において、ファンモータへの負荷を軽減させ、高出力化を可能とするとともに、長尺なモータ軸を用いても省スペースで設置出来るようにする。【解決手段】熱処理装置1は、断熱炉100およびファン10を有する。ファン10は断熱炉100に取付けられ、モータ部11からモータ軸...

    熱処理装置

  39. 【課題】ワークの焼入れ処理を行う場合に、該ワークの上面、側面及び下面に冷却能力の高い冷却ガスを均一に接触させ、従来に比べ冷却効率良くワークの焼入れ処理(冷却)を行うことが可能なガス冷却装置を提供する。【解決手段】ワークを入れる密閉容器と、前記密閉容器内を真空引きする真空ポンプと、前記密閉容器内に冷却ガスを供給する冷却ガス供給源と、を有し、前記密閉容器は上蓋、底板及び外...

    ワークのガス冷却装置

  40. 【課題】簡易な構成で、断熱容器に冷却媒体を満遍なく導入させるとともに、真空炉内の空間を有効活用することで装置自体の小型化を図る。【解決手段】真空熱処理装置100は、真空炉110と、断熱容器120と、加熱部140と、被処理物を加熱している間、少なくとも断熱容器の開口126を閉鎖した状態にする蓋部130と、冷却媒体を冷却して送出し、送出した冷却媒体を回収する冷却装置150...

    真空熱処理装置

  41. 【課題】 大きな粒状物だけでなく細かな粒状物の落下をも防ぐことができる冷却ユニットを提供する。【解決手段】 冷却ユニット1は、高温の粒状のセメントクリンカを搬送しながら冷却するクーラ装置に備わっている。冷却ユニット1は、底板21aを有するケーシング21を有している。ケーシング21には、セメントクリンカより低温のセメントクリンカが堆積されており、この堆積されたセメン...

    冷却ユニット、及びそれを備えるクーラ装置

  42. 【解決手段】水パイプを有する炉ステーブの副次的ステーブサポートであって、水パイプは、炉ステーブの外側に水パイプの第1部分と、炉殻壁の外側に水パイプの第2部分とを有している。副次的ステーブサポートは、第1端部と第2端部を有する保護パイプであって、第1端部がステーブにより近く、水パイプ周りに同軸上に配置されている保護パイプと、保護パイプの第1端部と水パイプの第3部分との間...

    気密な副次的ステーブサポートのための装置及び方法

  43. 【課題】銅製錬を行う自熔炉の三角天井部を構成する煉瓦を熱損傷から保護し、三角天井部の熱負荷に対する耐久性を向上することのできる三角天井構造を提供すること。【解決手段】自熔炉の三角天井部を構成する複数の煉瓦の間に、所定の間隔毎に、煉瓦側面に当着して挾持されるように、内部冷水路を有する水冷式の銅製ジャケットを配置する水冷式三角天井構造とする。これにより、最小限の銅製ジャケ...

    自熔炉の水冷式三角天井構造

  44. 【課題】銅製錬を行う自熔炉等の加熱炉の壁体を構成するH型鋼を熱損傷から保護し、自熔炉の壁体の熱負荷に対する耐久性を向上することのできる水冷式H型鋼を提供すること。【解決手段】加熱炉の壁体を構成するH型鋼を、H型鋼と、内部冷水路を有する銅製ジャケットと、を含んで構成され、銅製ジャケットが、H型鋼のウェブと両フランジ下部により形成されるコの字型の三面に当接して配置されてい...

    水冷式H型鋼

  45. 【課題】建設の手間を最適化し、炉の構造を小型化して熱処理プロセスの省エネルギー化を促進すると共に、機能的なユニットにおいてガス供給及び装入によって影響を受けるが、装入物が上から処理室内に装入される場合にも下から装入される場合にも同様に適用可能であるように構成されることにより、熱処理プロセスにおける真空炉の有用性を高めた縦型真空炉を提供する。【解決手段】金属半製品の熱処...

    金属半製品の熱処理のための縦型真空炉

  46. 【課題・解決手段】本発明は、平面状の基板(10)を熱加工するための処理チャンバ(20,21,21′)に関する。この処理チャンバ(20,21,21′)は、熱加工中に基板(10)を運搬及び支承するための搬送装置(25,25′)と、基板(10)を対流加熱又は対流冷却するためのガス案内装置(30,30′)とを有している。このガス案内装置(30,30′)は、温度調節されたガスを...

    基板を熱加工するための装置及び処理チャンバ

  47. 【課題】炉内のコンベヤ上を流れるワークを熱源とするにあたって効率的な発電を行えるようにした制御冷却炉を提供する。【解決手段】熱量を持ったワークW、例えば鍛造後のワークWを搬送対象とするコンベヤ2が炉壁3にてトンネル状に囲まれている。熱電発電モジュール8と、その熱電発電モジュール8を冷却するための水冷式のヒートシンク16、および受熱板15の三者が予めユニット化されている...

    制御冷却炉

  48. 【課題・解決手段】本発明は、材料を焼き戻すための方法及び装置に関する。本発明によれば、1つ以上の液体が少なくとも1つの噴霧器によって液滴に霧化され、液滴の少なくとも一部が高温材料の表面と衝突して気化し、これによって熱エネルギーが高温材料の表面層から除去されるよう、これらの液滴が高温材料の表面に向かって誘導される。衝突部材を使用して、液滴のサイズをさらに小さくすることが...

    霧状スプレーによって材料を冷却するための方法及び装置

  49. 【課題】温度安定時に温度を均一に維持することができ、昇降温時に容易に制御することができる。【解決手段】制御装置51は個別に制御される制御ゾーンの数が多い多制御ゾーンモデル72aと、制御ゾーンの数が少ない少制御ゾーンモデル72bをとることができる。昇降温時に少制御ゾーンモデル72bをとって少ない数の制御ゾーンC1、…C5の温度センサ50からの信号に基づいて、各制御ゾーン...

    熱処理装置およびその制御方法

  50. 【課題】溶製されたインゴットを速やかに冷却することにより製造効率を向上させることができる金属製造用溶解炉を提供する。【解決手段】原料供給機と、原料を保持するハースと、原料を溶解する加熱源と、溶解された原料を流し込み冷却する鋳型とを備えた溶解部と、溶解部の下方に設けられ、鋳型内で形成されたインゴットの引き抜き治具を備えたインゴット引き抜き部と から構成された電子ビーム...

    金属製造用溶解炉

    おすすめの成長市場

    関連メディア astavision

    • 3Dプリンター医学応用

      3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

    • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

      人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

    • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

      2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

    ページトップへ

    炉または炉内の装入物の冷却の詳細カテゴリ一覧

    炉または炉内の装入物の冷却の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    炉または炉内の装入物の冷却 ページ上部に戻る