制御装置の配置 に関する技術一覧

「制御装置の配置」に関する技術の関連情報です。 「制御装置の配置」 の関連技術、「炉温制御」「炉内圧制御」 など、その他「制御装置の配置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「制御装置の配置」の分野ページはこちら

制御装置の配置に所属する技術動向

制御装置の配置の分野に属する技術の状況としては、2016年に11件、2017年に19件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、制御装置の配置の分野においては特に近年炉内圧制御の分野における動向が活発であり、他にもその他のものや 炉温制御といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては新日鐵住金株式会社や光洋サーモシステム株式会社、東京エレクトロン株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 特殊な鋳造方法,そのための機械または装置や組成に特徴を持つ成形セラミック製品,セラミック組成といった分野も含め、 中外炉工業株式会社やNSプラント設計株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

制御装置の配置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】基板を多段積みにした状態で焼成する場合においても、セッター間に挟まれた部位にクリーンエアーを流入させることができ、当該部位に存在する基板の脱バインダーを促進させたり、冷却速度を向上させたりすることが可能なクリーンエアー導入方法を提供する。【解決手段】被焼成体である膜形成素材が塗布された基板の進行方向に対して区画された複数の加熱室と、隣接する加熱室へ当該基板を搬...

    焼成炉のクリーンエアー導入方法

  2. 【課題】汚泥等廃棄物を焼却する加圧燃焼炉を利用して効率のよい発電を行う。【解決手段】圧力容器11内に流動焼却炉12を収容して加圧流動炉(加圧燃焼炉)Aを構成し、流動焼却炉12の除塵後の燃焼排ガスfを、タービン式発電装置Bのガスタービン21に送入して発電するとともに、ガスタービン21より出た排ガスgおよびガスタービン21により作動する圧縮機23よりの圧縮空気hを再生器2...

    廃棄物焼却用の加圧燃焼炉を利用した発電方法

  3. 【課題・解決手段】反応チャンバ(130)が、LED加熱ランプ上部アレイ(146)とLED加熱ランプ下部アレイ(148)との間に配置される。上部および下部アレイ(146、148)を形成するLED加熱ランプ(180)は、LED加熱ランプ(146、148)の各アレイに沿った電力出力を動的に相違させ得るように、個々にまたはグループで制御可能である。LEDランプ(180)は、例...

    CVD加熱用のLED加熱ランプアレイ

  4. 【課題】ロータリーキルン内の雰囲気温度と処理物の温度を共に最適に保って安定した操業を可能とすること。【解決手段】処理物2を回転させつつ傾斜に沿って投入側から排鉱側に移動させる過程で加熱処理するロータリーキルン1において、前記処理物2の投入側に、バーナ火炎11aが処理物2の移動方向と並行流となるように処理物加熱バーナ11を配置する。また、排鉱側に、バーナ火炎12aが処理...

    ロータリーキルン

  5. 【課題】 灰若しくはスラグ性状をリアルタイムで正確に把握し、安定した溶融炉の運転を可能とした灰及びスラグ性状管理装置、並びに灰溶融処理設備とその方法を提供する。【解決手段】 主灰計量器15及び飛灰計量器18と、該灰と成分比率の異なる調整剤を添加する調整剤計量器22と、これらの計量器による供給量を夫々調整して生成した混合灰を溶融処理する溶融炉24と、を備えた灰溶融処...

    灰及びスラグ性状管理装置、並びに灰溶融処理設備とその方法

新着の技術

制御装置の配置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 内面側が耐火物で構成された耐火物容器の内部を加熱させるにあたり、耐火物容器内部の温度上昇を適切に制御し、耐火物容器の内部全体を適切に加熱できるようにする。【解決手段】 少なくとも内面側が耐火物11で構成された耐火物容器10の上面の開口部分の上を、隙間Sを介して覆うように蓋材20を配置させ、この蓋材を貫通するようにして設けたバーナー21によって耐火物容器の...

    耐火物容器内部の加熱装置及び加熱方法

  2. 【課題】スカートの損傷を抑制しつつエネルギーの回収効率を向上可能な転炉排ガスの回収方法及び回収装置を提供すること。【解決手段】本発明の一実施形態である転炉排ガス処理設備1では、炉内圧制御装置24が、COガスの発生量が増加する期間において転炉2内の圧力を増加させることにより巻き込み空気量を低下させる。これにより、スカート11の損傷を抑制しつつエネルギーの回収効率を向上さ...

    転炉排ガスの回収方法及び回収装置

  3. 【課題】短時間で所定温度に収束させることが可能な熱処理装置を提供すること。【解決手段】一実施形態の熱処理装置は、基板を収容する処理容器と、前記処理容器に収容される前記基板を加熱するヒータを有し、前記処理容器の周囲に設けられた炉本体と、前記処理容器と前記炉本体との間の空間に冷媒を供給するブロアと、前記ブロアに連続的に通電する連続運転モードと、前記ブロアに通電と通電停止と...

    熱処理装置及び温度制御方法

  4. 【課題】出湯の度に溶湯の量が変化した場合でも正確な保持温度の管理が可能な誘導溶解炉を提供する。【解決手段】コントローラ100は、溶解炉本体X内に収容された被加熱材Yを昇温させる昇温過程では、第2温度計測手段9Bによる計測温度が設定温度となるまで被加熱材を加熱溶解させると共に、加熱溶解後の出湯過程では、第1温度計測手段9Aによる計測温度と、重量計測手段8により計測された...

    誘導溶解炉

  5. 【課題】金属材料を溶解して保持する溶解炉と、溶解炉の溶湯により鋳造品を製造する鋳造機とを備える溶解炉の操業計画作成装置において、鋳造機にて使用を予定される溶湯の量に合わせて溶解炉に供給される溶湯量を制御するように溶解炉の操業を計画することにより、溶解炉の溶湯量を適正量とする。【解決手段】鋳造品の種類、数量を含む生産計画に基づいて鋳造品を製造するための操業計画を作成する...

    溶解炉の操業計画作成装置、そのためのコンピュータプログラム、プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体、及び溶解炉の操業計画作成方法

制御装置の配置の詳細カテゴリ一覧

制御装置の配置の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

制御装置の配置 ページ上部に戻る