制御装置の配置 に関する技術一覧

「制御装置の配置」に関する技術の関連情報です。 「制御装置の配置」 の関連技術、「炉温制御」「炉内圧制御」 など、その他「制御装置の配置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「制御装置の配置」の分野ページはこちら

制御装置の配置に所属する技術動向

制御装置の配置の分野に属する技術の状況としては、2015年に20件、2016年に11件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、制御装置の配置の分野においては特に近年炉内圧制御の分野における動向が活発であり、他にもその他のものや 炉温制御といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては新日鐵住金株式会社や光洋サーモシステム株式会社、東京エレクトロン株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 特殊な鋳造方法,そのための機械または装置や組成に特徴を持つ成形セラミック製品,セラミック組成といった分野も含め、 中外炉工業株式会社やNSプラント設計株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

制御装置の配置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】基板を多段積みにした状態で焼成する場合においても、セッター間に挟まれた部位にクリーンエアーを流入させることができ、当該部位に存在する基板の脱バインダーを促進させたり、冷却速度を向上させたりすることが可能なクリーンエアー導入方法を提供する。【解決手段】被焼成体である膜形成素材が塗布された基板の進行方向に対して区画された複数の加熱室と、隣接する加熱室へ当該基板を搬...

    焼成炉のクリーンエアー導入方法

  2. 【課題】汚泥等廃棄物を焼却する加圧燃焼炉を利用して効率のよい発電を行う。【解決手段】圧力容器11内に流動焼却炉12を収容して加圧流動炉(加圧燃焼炉)Aを構成し、流動焼却炉12の除塵後の燃焼排ガスfを、タービン式発電装置Bのガスタービン21に送入して発電するとともに、ガスタービン21より出た排ガスgおよびガスタービン21により作動する圧縮機23よりの圧縮空気hを再生器2...

    廃棄物焼却用の加圧燃焼炉を利用した発電方法

  3. 【課題・解決手段】反応チャンバ(130)が、LED加熱ランプ上部アレイ(146)とLED加熱ランプ下部アレイ(148)との間に配置される。上部および下部アレイ(146、148)を形成するLED加熱ランプ(180)は、LED加熱ランプ(146、148)の各アレイに沿った電力出力を動的に相違させ得るように、個々にまたはグループで制御可能である。LEDランプ(180)は、例...

    CVD加熱用のLED加熱ランプアレイ

  4. 【課題】ロータリーキルン内の雰囲気温度と処理物の温度を共に最適に保って安定した操業を可能とすること。【解決手段】処理物2を回転させつつ傾斜に沿って投入側から排鉱側に移動させる過程で加熱処理するロータリーキルン1において、前記処理物2の投入側に、バーナ火炎11aが処理物2の移動方向と並行流となるように処理物加熱バーナ11を配置する。また、排鉱側に、バーナ火炎12aが処理...

    ロータリーキルン

  5. 【課題】 灰若しくはスラグ性状をリアルタイムで正確に把握し、安定した溶融炉の運転を可能とした灰及びスラグ性状管理装置、並びに灰溶融処理設備とその方法を提供する。【解決手段】 主灰計量器15及び飛灰計量器18と、該灰と成分比率の異なる調整剤を添加する調整剤計量器22と、これらの計量器による供給量を夫々調整して生成した混合灰を溶融処理する溶融炉24と、を備えた灰溶融処...

    灰及びスラグ性状管理装置、並びに灰溶融処理設備とその方法

新着の技術

制御装置の配置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】抵抗加熱および誘導加熱の2種類の加熱方法によって金属を加熱する際に、ダメージを回避しながら加熱の総熱量を増やすことが可能な技術の提供。【解決手段】固体の状態の金属を配置した後で、コイルアッセンブリへの交流電力の供給を、初期供給量の供給量で開始して、金属を加熱する。この際、溶融金属が存在しない状態における交流電圧の位相に対する交流電流の位相の位相差と、現時点にお...

    溶融金属の生産方法および溶融金属の生産装置

  2. 【課題】 燃料ガスを燃焼用空気と混合させて、ラジアントチューブ内で燃焼させた後、燃焼排ガスをラジアントチューブの他端部から外部に排出させるにあたり、有害なNOXや未燃成分ガスが含まれた燃焼排ガスが外部に排出されるのを防止すると共に、燃焼排ガスの熱を有効に利用する。【解決手段】 ラジアントチューブバーナー10の一端部における燃焼バーナー部12において燃料ガスと燃焼用...

    ラジアントチューブバーナーユニット及び工業炉

  3. 【課題】本発明は、エネルギー効率の低下を抑止しつつ、予熱後の燃焼用空気の温度を管理できる排熱回収装置の提供を目的とする。【解決手段】本発明は、鋼材を加熱する加熱炉から排熱を回収する装置であって、上記加熱炉に供給される燃焼用空気を予熱する熱交換器と、上記加熱炉から排出される排ガスの顕熱を回収する排熱回収ボイラと、上記加熱炉及び上記熱交換器を接続する第1排ガス流路と、上記...

    排熱回収装置及び排熱回収方法

  4. 【課題】 差厚鋼板を加熱処理する場合においても、その全体を均質に所望の温度に加熱することができる光加熱方法の提供。【解決手段】 光加熱方法は、複合鋼板材料の一面および他面をそれぞれ加熱する、複数の加熱ランプよりなる一面側加熱機構および複数の加熱ランプよりなる他面側加熱機構と、これらの一面側加熱機構および他面側加熱機構を制御する制御部とを有する光加熱装置を用い、制御...

    光加熱方法

  5. 【課題】温度制御条件に変化が生じた場合でも、被処理物をより均等に温度変化させることができるとともに、被処理物をより均等に温度変化させるための調整作業を自動的に行うことのできる熱処理装置を提供する。【解決手段】熱処理装置1は、被処理物100を収容するためのチャンバ4と、冷却空気をチャンバ4に供給するための基準ダンパ32およびサブダンパ31,33を含む媒体供給部7と、基準...

    熱処理装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

  • 地下大空間・地下構造物

    周口店洞窟の北京原人、ラスコーやアルタミラの壁画洞窟に象徴されるように、人類は太古から地下空間を生活…

ページトップへ

制御装置の配置の詳細カテゴリ一覧

制御装置の配置の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

制御装置の配置 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON