炉,キルン,窯,レトルト に関する技術一覧

「炉,キルン,窯,レトルト」に関する技術の関連情報です。 「炉,キルン,窯,レトルト」 の関連技術、「炉,キルン,窯またはレトルト一般,開放式焼結用または類似の装置」「2種以上の炉に見出される種類のものである限りにおける,炉,キルン,窯またはレトルトの細部または付属品」 など、その他「炉,キルン,窯,レトルト」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「炉,キルン,窯,レトルト」の分野ページはこちら

炉,キルン,窯,レトルトに所属する技術動向

炉,キルン,窯,レトルトの分野に属する技術の状況としては、2015年に516件、2016年に519件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、炉,キルン,窯,レトルトの分野においては特に近年炉,キルン,窯またはレトルト一般,開放式焼結用または類似の装置の分野における動向が活発であり、他にも炉,キルン,窯またはレトルト一般,開放式焼結用または類似の装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては新日鐵住金株式会社やJFEスチール株式会社、光洋サーモシステム株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 冶金や成形といった分野も含め、 黒崎播磨株式会社やNSプラント設計株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

炉,キルン,窯,レトルト』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】被処理材を熱処理する場合において、使用する気体の量を最小限にする。【解決手段】亜音速〜音速の範囲の吐出速度で気体を気体吐出手段10から対象物44に向かって吐出してそれにより対象物を浮揚する浮揚装置;対象物に対して気体を気体吐出手段の気体吐出口12から吐出してそれにより対象物を上方で浮揚するプレート14を有して成る浮揚装置であって、プレートは、プレートで開口して...

    浮揚装置、浮揚搬送装置および熱処理装置

  2. 【課題・解決手段】半導体基板のような物体を加熱するパルス処理方法およびシステムは、単一の基板のマルチパルス処理、または異なった物理特性を有する異なった基板の単一パルス処理またはマルチパルス処理のプロセス制御を特徴とする。熱は、バックグラウンド加熱モードの間に、物体(36)へ制御可能な方法で加えられ、それによって選択的に物体(36)を加熱して、バックグラウンド加熱の間に...

    加熱源の組み合わせを使用する半導体パルス加熱処理方法

  3. 【課題】廃棄物のガス化において、タールを形成することなく、高ガス化ガスの発熱量の低下を防止し、廃棄物の焼却において、排ガス又は焼却灰中の有害物質の量を少なくすることを可能とする廃棄物の処理方法を提供すること。【解決手段】有機系廃棄物のガス化に際し、ガス化炉内にガス化促進剤として、有機系廃棄物の焼却に際し、燃焼場に燃焼促進剤として、焼却灰に有害物質分解剤として、排ガスに...

    廃棄物の処理方法

  4. 【課題】下方吸引式焼結機の操業において、装入層中に、希釈した気体燃料を供給することで、装入層全体の通気性を悪化させることなく、高強度の焼結鉱を高歩留で製造することのできる技術を提案する。【解決手段】焼結機のパレット上に堆積させた焼結原料の装入層の上から各種の気体燃料を供給して焼結鉱を製造する方法において、パレット上の前記装入層の上から供給する気体燃料として、燃焼下限濃...

    焼結鉱の製造方法および焼結機

  5. 【課題】高価な耐熱フィルタの使用を極力抑え、かつ、加熱効率の高い平面ガラス基板用連続式焼成炉を提供する。【解決手段】炉内壁表面に不銹金属材料を用いたエアタイト構造とするとともに、独立して温度制御可能な複数のゾーンから構成し、各ゾーンにそれぞれ給気量制御用ダンパ16を有するクリーンエアー供給管1aと排気量制御用ダンパ17を有する炉内雰囲気排気管1bを接続し、かつ、ゾーン...

    平面ガラス基板用連続式焼成炉

新着の技術

炉,キルン,窯,レトルト』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】耐火ブロックから形成された壁部と、壁部を外部から支持するバックステーとを有する耐火構造体、例えばガラス炉蓄熱室構造体および/またはガラス炉構造体を構築するための方法および装置が提供される。対向する複数対の支持体が、垂直方向バックステーのうちの、少なくともそれぞれに対応する1つに接続され、交差支持梁が、それぞれに対応する1対の支持体間で耐火構造体にわた...

    ガラス炉構造体を構築するための方法および装置

  2. 【課題・解決手段】本発明は、測定装置による溶融金属の光学的温度検出のための方法に関しており、前記測定装置は、前記金属から、または光導波路の先端から、放出された電磁放射を光学的検出器まで案内するための光導波路と、少なくとも1つの予備光導波路と、前記電磁放射の分析から前記金属の温度を検出する光学的検出器と、前記光導波路が測定量検出器である測定チェーンと、前記予備光導波路が...

    溶融金属の光学的温度検出のための方法およびそのような方法を実施する繰り出し装置

  3. 【課題】本発明の目的は、耐食性並びに耐スポーリング性の優れたアルミナ−クロミア質焼成煉瓦の製造方法を提供することにある。【解決手段】本発明のアルミナ−クロミア質焼成煉瓦の製造方法は、電融ジルコニア・ムライト原料5〜25質量%、クロミア原料10〜40質量%、及び残部がアルミナ原料よりなる配合物を混練し、所定の形状に成形し、焼成することを特徴とする。

  4. 【課題】本発明は、エネルギー効率の低下を抑止しつつ、予熱後の燃焼用空気の温度を管理できる排熱回収装置の提供を目的とする。【解決手段】本発明は、鋼材を加熱する加熱炉から排熱を回収する装置であって、上記加熱炉に供給される燃焼用空気を予熱する熱交換器と、上記加熱炉から排出される排ガスの顕熱を回収する排熱回収ボイラと、上記加熱炉及び上記熱交換器を接続する第1排ガス流路と、上記...

    排熱回収装置及び排熱回収方法

  5. 【課題・解決手段】簡易な構成で、被処理品をより確実に所望の搬送経路に沿って搬送することのできる熱処理装置を提供する。熱処理装置1は、加熱室7と、加熱室7に隣接して配置された冷却室8と、被処理物100を支持するための搬送トレイ2と、加熱室7の外部から加熱室7および冷却室8を経由して冷却室8の外部へ向かう搬送経路B1沿って搬送トレイ2を搬送するための第1搬送機構3と、を備えている。

    熱処理装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

ページトップへ

炉,キルン,窯,レトルト ページ上部に戻る