加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥 に関する技術一覧

「加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥」に関する技術の関連情報です。 「加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥」 の関連技術、「超音波振動を用いるもの」「減圧,例.真空中,のもとで水分を蒸発または昇華させるもの」 など、その他「加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥」の分野ページはこちら

加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥に所属する技術動向

加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥の分野に属する技術の状況としては、2017年に46件、2018年に44件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥の分野においては特に近年超音波振動を用いるものの分野における動向が活発であり、他にも吸引によるものや 加圧,例.絞り出し,によるもの,ブラッシングによるもの,ふきとりによるものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社東芝や株式会社SCREENホールディングス、株式会社アルバックが豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 半導体装置または固体装置またはそれらの部品の製造または処理に適用される方法または装置や特定の機能に特に適合したデジタル計算またはデータ処理の装置または方法といった分野も含め、 株式会社日立ハイテクノロジーズや株式会社ルネサス東日本セミコンダクタといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 技術 乾燥機

    【課題】ノズル部の構成を特に複雑化したり、新たなエネルギーロスを生じたり、また、風切り音を発生させたりすることなく騒音を抑制することのできる乾燥機を提供する。【解決手段】、送風ファンと、送風ファンの駆動源と、送風ファンに連結され送風ファンにより生成される空気流を噴出させるノズルを備えた乾燥機において、ノズルの先端部に空気流との接触面にて平滑面を有した多孔質体にて構成さ...

    乾燥機

  2. 【課題】減圧乾燥容器内で発生する泡やミストおよび固形分が減圧装置側に送られることがない減圧乾燥装置を提供することを目的としている。【解決手段】被乾燥物が内部に充填されて減圧乾燥される減圧乾燥容器と、減圧乾燥容器内の雰囲気を吸引排気する減圧装置に接続される排気経路とを備えた減圧乾燥装置であって、前記排気経路の途中に、減圧乾燥時に減圧乾燥容器内で発生する泡およびミストの減...

    減圧乾燥装置

  3. 【課題】洗浄、エッチング、および現像が可能で、パターン倒れ現象を起すことのない超臨界乾燥装置。【解決手段】撹拌機能を有する回転機構10a、10bにより、洗浄、エッチング、現像の各工程と、超臨界液体供給装置2からの超臨界液体導入による乾燥処理工程とを同一反応槽1内で行う。

    超臨界乾燥装置

  4. 【課題】ウォーターマークを発生させることなく、しかも乾燥処理に要するコストの上昇を抑制することができる基板処理装置および基板処理方法を提供する。【解決手段】洗浄処理の終了した基板Wを、ローター30に保持して回転させながら、乾燥剤吐出ノズル50からフッ素系溶剤であるHFE(ハイドロフルオロエーテル)を供給することにより、基板W上の純水は、回転による遠心力によって振り切ら...

    基板処理装置および基板処理方法

  5. 【課題】粉末トレハロース及びトレハロース含有粉末組成物の製造方法とその方法により得られる粉末組成物を確立することを課題とする。【解決手段】本発明は、含水物とトレハロースとを用いて調製されたトレハロース含有含水物を乾燥することからなるトレハロース含有粉末組成物の製造方法と、その方法により得られる粉末組成物を確立することにより前記課題を解決する。

    粉末組成物の製造方法と粉末組成物

新着の技術

加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、材料を流体発泡剤で乾燥させて含浸させる装置に関しており、この装置は、−流体発泡剤(20)を供給するための発泡剤供給源(13)と、−材料(22)を流体発泡剤(20)または乾燥ガス(25)で乾燥させ、乾燥された材料(23)に少なくとも2バールの圧力で流体発泡剤(20)を充填するように構成された第1の容器(11)であって、発泡剤供給源(13)に流...

    発泡プラスチック部品を製造するためのポリマー顆粒を乾燥させて含浸させるハイブリッド装置

  2. 【課題】遠心脱水タイプのコンベア式洗浄乾燥装置のコンベアラインにおいて、ライン短縮による省スペース、処理効率の向上、ライン施工作業の省力化を可能とする、遠心脱水装置を提供する。【解決手段】一基の架台1上に、コンテナ容器Cを左右両側部で支承して搬送する第一チェーンコンベア11及び第二コンベア12が配設され、第一コンベア11の下流側搬送区間11bと第二チェーンコンベア12...

    コンテナ洗浄ライン用遠心脱水装置

  3. 【課題・解決手段】負極用のロール電極を乾燥する乾燥方法であって、電極の温度を第1温度まで上げる第1加熱工程と、第1上昇工程の後に、所定時間、電極の状態を保つ維持工程と、所定期間の経過後に、第1温度よりも高い第2温度まで電極の温度を上げる第2加熱工程とを含み、第1温度は、電極に含まれる水分の蒸発温度以上に設定され、第2温度は、電極に含まれる添加剤の分解温度以上に設定される。

    電極の乾燥方法

  4. 【課題】簡便に製造でき、さらに、外観を良好に保ちつつ、食感や味のより優れた乾燥果実を製造することができる乾燥果実の製造方法を提供する。【解決手段】乾燥果実の製造方法は、果実11中の自由水が凍結し、結合水の少なくとも一部が凍結しない温度で果実11を冷凍する冷凍工程と、水の沸点が50℃以上70℃以下になる減圧環境下で、冷凍してある前記果実11に、水を沸騰させずに蒸発させる...

    乾燥果実の製造方法

  5. 技術 保管庫

    【課題】庫内の除湿効果を飛躍的に向上させて、より低湿度を実現可能な保管庫を提供する。【解決手段】保管庫1は、内壁14および外壁15からなる二重壁構造の背壁13と、背壁13の内壁14および外壁15で区切られた緩衝室16と、取込口から取り込んだ庫内10の空気を除湿して給気口から庫内10へ給気するとともに、除湿により庫内10の空気から回収した水分を気化して排気口から緩衝室1...

    保管庫

加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥の詳細カテゴリ一覧

加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥 ページ上部に戻る

その他の分野

加熱を伴わないプロセスによる固体材料または物体の乾燥』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。