乾燥 に関する技術一覧

「乾燥」に関する技術の関連情報です。 「乾燥」 の関連技術、「固体材料または固形物から液体を除去することによる乾燥」 など、その他「乾燥」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「乾燥」の分野ページはこちら

乾燥に所属する技術動向

乾燥の分野に属する技術の状況としては、2015年に295件、2016年に312件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、乾燥の分野においては特に近年固体材料または固形物から液体を除去することによる乾燥の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては井関農機株式会社やパナソニック株式会社、月島機械株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 基本的電気素子や計算,計数といった分野も含め、 株式会社ルネサス東日本セミコンダクタや株式会社日立ハイテクノロジーズといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

乾燥』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、金属性抵抗加熱器及びその使用法を特徴とする。該抵抗加熱器は、導電性の(すなわち低い抵抗率を有する)金属成分と、電気絶縁性の(すなわち高い抵抗率を有する)金属成分の酸化物、窒化物、炭化物、及び/または硼化物誘導体とを含む。抵抗率は、金属成分及び誘導体の堆積中の酸化物、窒化物、炭化物、及び硼化物形成の量を制御することによって部分的に制御される。

    抵抗加熱器及びその使用法

  2. 【課 題】比較的低い温度でも比較的短時間で乾燥させることができ、かつ、庫内に給水される水を低いランニングコストで温めることができるとともに、洗濯以外の用途にも使用可能である洗濯乾燥機を提供する。【解決手段】洗濯乾燥機(K)は、洗濯物を収納する庫内(3)と、洗濯物を攪拌する攪拌装置(4)と、庫内の空気を吸い込む吸込口(11)と、吸込口から吸い込まれた空気を、風路(16...

    洗濯乾燥機

  3. 【課題】水分を多く含んだ状態で細断すると生ゴミが粥状になるとか、粘性が高い団塊状となるとか、乾燥が進むとマイクロ波照射による局所的な加熱過多となって発火したり焦げ付く等の問題を解消する。【解決手段】回転カッタを回転させるカッタモータの回転を複数のステップに切り替え、各ステップ毎に切替時間及び回転数を任意に設定できるカッタモータ制御手段を備える。タッチ操作パネルの画面上...

    生ゴミ処理機

  4. 技術 乾燥機

    【課題】ノズル部の構成を特に複雑化したり、新たなエネルギーロスを生じたり、また、風切り音を発生させたりすることなく騒音を抑制することのできる乾燥機を提供する。【解決手段】、送風ファンと、送風ファンの駆動源と、送風ファンに連結され送風ファンにより生成される空気流を噴出させるノズルを備えた乾燥機において、ノズルの先端部に空気流との接触面にて平滑面を有した多孔質体にて構成さ...

    乾燥機

  5. 技術 乾燥機

    【課題】ランニングコストを低減できる乾燥機を提供すること。【解決手段】乾燥ユニット2は、回転軸1aに支持された乾燥剤ロータ1が第1の空気通路5と第2の空気通路6とに跨がって配置されている。第2の空気通路6には、温水式熱交換器7と凝縮器8とが設置されている。温水式熱交換器7は、空気の流れ方向で乾燥剤ロータ1の上流に設置されて、蓄熱タンクに溜められた高温のブライン(熱媒体...

    乾燥機

新着の技術

乾燥』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は複数の気体出口のパターンを含む第1の面(21)を含む気体衝突装置に関する。パターンは実質的に平行な複数の気体出口の列(23a、23b)を含み、該列は気体衝突装置の第1の面の前端に対して斜角aの方向に配置されている。本発明はさらに、そのような気体衝突装置を含む記録基材処理装置及び印刷システムと、本発明に係る気体衝突装置を用いて記録基材を乾燥する...

    気体衝突装置、そのような気体衝突装置を含む記録基材処理装置及び印刷システム

  2. 【課題】高周波誘電加熱における過剰加熱を防止する。【解決手段】乾燥装置13は、液体31が付着した媒体21と接触し、媒体21を回転方向に搬送する加熱ローラ51と、加熱ローラ51の円周に沿って配置され、交流電界を発生させる複数の電極52とを備える。加熱ローラ51は、媒体21と接触する導電性部材55を含む。導電性部材55と媒体21とが接触する接触領域Rは、媒体21の搬送方向...

    乾燥装置及び液体定着装置

  3. 【課題】取っ手が容器の外側に突き出した状態で位置されていても、取っ手が容器に対して勝手に動いてしまうことを防ぐことができ、回転による容器の脱水作業を確実に行うことができる容器の脱水装置を提供する。【解決手段】容器の脱水装置1は、容器Mを回転して容器Mの水分を脱水する脱水部4と、容器Mを持ち上げて、容器Mを脱水部4に保持させ、脱水後の容器Mとともに下がる容器テーブル20...

    容器の脱水装置

  4. 【課題】簡単な構造であることから装置自体の作製コストが低く、また、メンテナンスが容易であって、被乾燥部材を安定して搬送できることから見当ズレ量も小さい乾燥装置、乾燥方法を提供する。【解決手段】乾燥装置100は、乾燥用エアを吹き出すノズル2と、ノズル2から吹き出す乾燥用エアによって乾燥されるウェブ状の被乾燥部材Wが搬送方向に沿って搬送される搬送路3と、搬送路3の被乾燥部...

    乾燥装置、乾燥方法

  5. 技術 乾燥装置

    【課題】熱風の持つ熱量を効率よく利用することができる乾燥装置及び乾燥方法を得る。【解決手段】複数枚の畳12で単一の連続した流路56が形成されており、ジェットヒーター22からの熱風Wが当該流路56を構成する全ての畳12の表面に沿って流れていく。このため、熱風Wの流速が同じであれば、複数枚の畳12で複数の流路を構成する場合と比し、当該熱風Wが畳12に触れる時間を長くするこ...

    乾燥装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

ページトップへ

乾燥 ページ上部に戻る