乾燥 に関する技術一覧

「乾燥」に関する技術の関連情報です。 「乾燥」 の関連技術、「固体材料または固形物から液体を除去することによる乾燥」 など、その他「乾燥」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「乾燥」の分野ページはこちら

乾燥に所属する技術動向

乾燥の分野に属する技術の状況としては、2017年に313件、2018年に272件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、乾燥の分野においては特に近年固体材料または固形物から液体を除去することによる乾燥の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては井関農機株式会社やパナソニック株式会社、月島機械株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 基本的電気素子や計算,計数といった分野も含め、 株式会社ルネサス東日本セミコンダクタや株式会社日立ハイテクノロジーズといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

乾燥』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、金属性抵抗加熱器及びその使用法を特徴とする。該抵抗加熱器は、導電性の(すなわち低い抵抗率を有する)金属成分と、電気絶縁性の(すなわち高い抵抗率を有する)金属成分の酸化物、窒化物、炭化物、及び/または硼化物誘導体とを含む。抵抗率は、金属成分及び誘導体の堆積中の酸化物、窒化物、炭化物、及び硼化物形成の量を制御することによって部分的に制御される。

    抵抗加熱器及びその使用法

  2. 【課 題】比較的低い温度でも比較的短時間で乾燥させることができ、かつ、庫内に給水される水を低いランニングコストで温めることができるとともに、洗濯以外の用途にも使用可能である洗濯乾燥機を提供する。【解決手段】洗濯乾燥機(K)は、洗濯物を収納する庫内(3)と、洗濯物を攪拌する攪拌装置(4)と、庫内の空気を吸い込む吸込口(11)と、吸込口から吸い込まれた空気を、風路(16...

    洗濯乾燥機

  3. 【課題】水分を多く含んだ状態で細断すると生ゴミが粥状になるとか、粘性が高い団塊状となるとか、乾燥が進むとマイクロ波照射による局所的な加熱過多となって発火したり焦げ付く等の問題を解消する。【解決手段】回転カッタを回転させるカッタモータの回転を複数のステップに切り替え、各ステップ毎に切替時間及び回転数を任意に設定できるカッタモータ制御手段を備える。タッチ操作パネルの画面上...

    生ゴミ処理機

  4. 技術 乾燥機

    【課題】ノズル部の構成を特に複雑化したり、新たなエネルギーロスを生じたり、また、風切り音を発生させたりすることなく騒音を抑制することのできる乾燥機を提供する。【解決手段】、送風ファンと、送風ファンの駆動源と、送風ファンに連結され送風ファンにより生成される空気流を噴出させるノズルを備えた乾燥機において、ノズルの先端部に空気流との接触面にて平滑面を有した多孔質体にて構成さ...

    乾燥機

  5. 技術 乾燥機

    【課題】ランニングコストを低減できる乾燥機を提供すること。【解決手段】乾燥ユニット2は、回転軸1aに支持された乾燥剤ロータ1が第1の空気通路5と第2の空気通路6とに跨がって配置されている。第2の空気通路6には、温水式熱交換器7と凝縮器8とが設置されている。温水式熱交換器7は、空気の流れ方向で乾燥剤ロータ1の上流に設置されて、蓄熱タンクに溜められた高温のブライン(熱媒体...

    乾燥機

新着の技術

乾燥』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 隅部31,39や穴35などがある場合にも、確実に除水あるいは除塵できるようにする。【解決手段】 チェーンコンベア2に沿って複数のノズルを設け、チェーンコンベア2上に搬送される食品用パウチPに対してエアを吹き付けて、当該食品用パウチPに付着している水滴やゴミを除去する除水または除塵機に関する。そして、上記複数の旋回ノズル22,25,26は、角度を自由に設定...

    除水または除塵機

  2. 【課題】被乾燥物の変質や臭気発生を抑制するために低温で乾燥する場合においても、被乾燥物を効率よく乾燥し、かつ安定した品質の乾燥物を得ることのできる除湿乾燥機の提供。【解決手段】被乾燥物Kを筒状に整形する整形器21および筒状に整形された被乾燥物Kを切り離す切断機22を有する成形部2と、無端ネット311を備え、成形部2から被乾燥物Kを受入れて水平方向へ移送する無端ネットコ...

    除湿乾燥装置

  3. 技術 乾燥庫

    【課題】作業性の高い乾燥庫を提供する。【解決手段】乾燥庫1は、乾燥対象物を収納する収納室S1と、収納室S1と並んで配置された機械室S2と、収納室S1と機械室S2とを仕切る壁部31と、壁部31に配置され、収納室S1内の空気を機械室S2内へ導入する複数のファン4と、機械室S2に配置された除湿器5と、収納室S1の上方に位置し、除湿器5で除湿された空気を収納室S1へ導入するダ...

    乾燥庫

  4. 【課題】加工後の板状ワークを効率よく乾燥させることができるようにする。【解決手段】板状ワークWが進入又は進出する進入出口210を備えたボックス2と、ボックス2内に進入又はボックス2内から進出する板状ワークWを挟んで対向し板状ワークWの両面にエアを噴出するエア噴出口330を備えるエアナイフ3と、を備えた板状ワーク乾燥機1である。

    板状ワーク乾燥機

  5. 【課題】乾燥庫内の空気を除湿することにより被乾燥物を乾燥する除湿乾燥装置に関し、被乾燥物の含水率を10%以下にまで乾燥することが可能で、比較的高い温度で乾燥を行う場合でもヒータの消費電力を抑制することができる、構造が簡単で庫内温度の制御も容易な省エネ型の除湿乾燥装置を得る。【解決手段】外気を遮断した状態で乾燥庫内の空気を循環して相対湿度を低下させる。庫内空気の循環路2...

    除湿乾燥装置

    • 公開日:2019/02/21
    • 出願人: 谷口和夫 、...
    • 発明者: 高桑俊
    • 公開番号:2019-027726号
    • 公開日:2019/02/21
    • 出願人: 谷口和夫 、...
    • 発明者: 高桑俊
    • 公開番号:2019-027726号

乾燥 ページ上部に戻る