冷凍または冷却,加熱と冷凍との組み合わせシステム,ヒートポンプシステム,氷の製造または貯蔵,気体の液化または固体化 に関する技術一覧

「冷凍または冷却,加熱と冷凍との組み合わせシステム,ヒートポンプシステム,氷の製造または貯蔵,気体の液化または固体化」に関する技術の関連情報です。 「冷凍または冷却,加熱と冷凍との組み合わせシステム,ヒートポンプシステム,氷の製造または貯蔵,気体の液化または固体化」 の関連技術、「冷凍機械,プラントまたはシステム,加熱と冷凍の組み合わせシステム,ヒート・ポンプ・システム」「氷の製造,作業,貯蔵または分配」 など、その他「冷凍または冷却,加熱と冷凍との組み合わせシステム,ヒートポンプシステム,氷の製造または貯蔵,気体の液化または固体化」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「冷凍または冷却,加熱と冷凍との組み合わせシステム,ヒートポンプシステム,氷の製造または貯蔵,気体の液化または固体化」の分野ページはこちら

冷凍または冷却,加熱と冷凍との組み合わせシステム,ヒートポンプシステム,氷の製造または貯蔵,気体の液化または固体化に所属する技術動向

冷凍または冷却,加熱と冷凍との組み合わせシステム,ヒートポンプシステム,氷の製造または貯蔵,気体の液化または固体化の分野に属する技術の状況としては、2017年に2,997件、2018年に2,369件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、冷凍または冷却,加熱と冷凍との組み合わせシステム,ヒートポンプシステム,氷の製造または貯蔵,気体の液化または固体化の分野においては特に近年気体または気体混合物の加圧および冷却処理による液化,凝固または分離の分野における動向が活発であり、他にも氷の製造,作業,貯蔵または分配や 冷蔵庫,冷凍室,アイス・ボックス,他のサブクラスに包含されない冷蔵または冷凍器具といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社やダイキン工業株式会社、パナソニック株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 計算,計数や基本的電気素子といった分野も含め、 東芝ライフスタイル株式会社や東芝コンシューマエレクトロニクス・ホールディングス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

冷凍または冷却,加熱と冷凍との組み合わせシステム,ヒートポンプシステム,氷の製造または貯蔵,気体の液化または固体化』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 技術 調湿装置

    【課題】吸着剤を用いて空気の湿度調節を行う調湿装置において、調湿装置の調湿能力が低下するのを回避しつつ、その運転に要するエネルギを削減する。【解決手段】扁平なケーシング(11)の内部に、吸脱着ユニット(60)を設ける。吸脱着ユニット(60)は、ペルチェ素子(61)と2つの吸着部材(62,65)とによって構成される。ペルチェ素子(61)には、その上面に第1吸着部材(62...

    調湿装置

  2. 【課題】家庭用冷蔵庫は、貯蔵品の種類に適した温度での貯蔵、使用性、収納整理性等を考慮して貯蔵室が上下方向に複数段配置される形態になって、冷蔵庫の高さが高くなり、最上部に配置された貯蔵室の上部の棚の奥の貯蔵品の収納及び取り出しに不便が生じる。また、冷却ユニットの高圧機器部は、冷蔵庫の背面下端の機械室に配置され、最下部の貯蔵室の奥行きが浅くなり、引き出し式容器の背壁の形状...

    冷却貯蔵庫

  3. 技術 冷蔵庫

    【課題】空気中の水分を集水して霧化させる冷蔵庫において、水分をシリカゲル、ゼオライト、活性炭等の材料で構成された吸水材を使用して集水し、この吸水材の水分を霧化させる場合、吸水材の材料寿命があるため信頼性が劣るという課題を解決し、メンテナンスフリーで高信頼性な水分集水することを実現する。【解決手段】冷蔵庫内の空気中水分を結露させる水収集手段である水収集板43と、水収集板...

    冷蔵庫

  4. 【課題】ユーザの生活習慣や生活環境等に応じて、あるいはユーザの嗜好に則って、各種機器を快適に制御することができる統合コントローラを提供すること。【解決手段】ネットワーク50を介して各種機器51〜54を統合して制御する統合コントローラ20であって、ユーザによる機器に対する操作2を入力する入力部22と、入力されるユーザの操作履歴2と該操作がなされた時の外的状況1とを記憶す...

    統合コントローラ、機器制御方法及び機器制御プログラム

  5. 【課題】安価で信頼性が高く、ショーケースへの冷却負荷がほとんどかからず、低温環境においても安定した光出力を行い、照明の寿命も長く保つことのできる庫内照明を備えた冷凍・冷蔵リーチインショーケースを提供する。【解決手段】商品の貯蔵室を備えた冷凍・冷蔵ショーケースにおいて、該貯蔵室を照射する庫内照明として、細長い板状基板11に長手方向に略等間隔で配列した複数の発光ダイオード...

    冷凍・冷蔵リーチインショーケース

新着の技術

冷凍または冷却,加熱と冷凍との組み合わせシステム,ヒートポンプシステム,氷の製造または貯蔵,気体の液化または固体化』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】熱交換器のフィンに付着するフロスト量を少なくして冷却効率を向上させることができる食品冷却方法を提供する。【解決手段】熱交換器のフィンにフロストが生じない第1の吹出温度の冷風で食品を冷却して当該食品の主に除湿処理を行う除湿ステップと、除湿ステップを経た食品を、前記第1の吹出温度よりも低く前記フィンにフロストが生じ得る第2の吹出温度の冷風で冷却して当該食品の主に冷...

    食品冷却方法

  2. 【課題・解決手段】本発明に係る熱交換器は、断面が扁平形状を有し、扁平面においてそれぞれ対向して間を隔てて並び、管内の流路が上下方向にのびて配置された複数の扁平伝熱管と、対向する扁平面の間で、上下方向につづら折りされて配置された複数のコルゲートフィンとを有する熱交換器であって、コルゲートフィンは、空気の流れにおいて上流側となるコルゲートフィンの端部が、扁平面の端部よりも...

    熱交換器および空気調和機

  3. 【課題・解決手段】好ましくは、少なくとも実質的に居住空間の外側に配置されている蒸気/圧縮循環ループ内に第1の熱伝達流体を含む第1の熱伝達回路、及び少なくとも実質的に居住空間の内側に配置されている第1の熱伝達流体とは異なる第2の熱伝達流体を含む第2の熱伝達回路を含む、人間又は他の動物によって使用される居住空間内に配置されている空気及び/又は物品を調整するための冷却システ...

    多段低GWP空調システム

  4. 【課題・解決手段】第1の空間及び第2の空間を画定するサーマルコンテナを有する流体浸漬保存及び調理デバイスを使用する方法は、第1の空間内に第1の食品を配することを含む。第2の食品及び第3の食品は、第2の空間内のそれぞれ第1の位置及び第2の位置に配される。第1の温度を有するある量の流体が第1の空間内で循環されて、第1の食品に熱エネルギーを伝達する。所定時間後、ある量の流体...

    流体浸漬による少なくとも半自律型の食事保存及び調理のための装置及び方法

  5. 【課題】移動体に搭載される冷凍サイクル装置の異常を早期かつ正確に判定することが可能な監視システムを提供する。【解決手段】監視システム1が備える制御装置15は、サイクル高圧Pdが前回検出値より低く、サイクル低圧Psが前回検出値より低く、外気温Tambが前回検出値以上であり、内気温Tcabが前回検出値以上であり、凝縮器4の風量モードMcondが前回の風量モード以下であり、...

    監視システム

冷凍または冷却,加熱と冷凍との組み合わせシステム,ヒートポンプシステム,氷の製造または貯蔵,気体の液化または固体化 ページ上部に戻る