加熱,レンジ,換気 に関する技術一覧

「加熱,レンジ,換気」に関する技術の関連情報です。 「加熱,レンジ,換気」 の関連技術、「固体燃料使用の家庭用ストーブまたはレンジ,ストーブまたはレンジと共に使用するための装置」「その他の家庭用ストーブまたはレンジ,一般的に適用される家庭用ストーブまたはレンジの細部」 など、その他「加熱,レンジ,換気」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「加熱,レンジ,換気」の分野ページはこちら

加熱,レンジ,換気に所属する技術動向

加熱,レンジ,換気の分野に属する技術の状況としては、2017年に4,155件、2018年に3,327件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、加熱,レンジ,換気の分野においては特に近年固体燃料使用の家庭用ストーブまたはレンジ,ストーブまたはレンジと共に使用するための装置の分野における動向が活発であり、他にも他に分類されない熱の発生または使用や 家庭用または区域暖房方式,例.中央暖房方式,家庭用温水供給方式,そのための要素または構成部材といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社やダイキン工業株式会社、パナソニック株式会社が豊富な実績を残しており、 三菱電機株式会社などは、 家具,家庭用品または家庭用設備,コーヒーひき,香辛料ひき,真空掃除機一般や他に分類されない電気技術といった分野も含め、 三菱電機ホーム機器株式会社や三菱電機ビルテクノサービス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

加熱,レンジ,換気』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】室内壁面等に付着した臭い、菌、ウィルスを除去することができる空気清浄機を提供する。【解決手段】フィルターにより空気を濾過する空気清浄部2を有する空気清浄機である。これにおいて、脱臭作用を有する液体Lや殺菌作用を有する液体Lや抗ウィルス作用を有する液体Lを溜める液溜め部5と、前記液溜め部5の液体Lを霧化する霧化手段6と、前記霧化手段6によって霧化されたミストMを...

    空気清浄機

  2. 【課題】特定のネットワークに依存せず、統一的なサービス提供環境を実現することが可能な通信装置を提供すること。【解決手段】第1のネットワークに接続して該第1のネットワークに依存するプロトコルで通信するサービス提供装置を第2のネットワークを介して制御するための通信装置において、前記サービス提供装置を制御するための前記第1のネットワークの通信プロトコルに依存する第1のコマン...

    通信装置、通信制御方法、サービス登録方法、サービス提供方法及び装置制御プログラム登録方法

  3. 【課題】複雑に折れ曲がったフィルタ上のごみを自動的に清掃するフィルタ清掃機能付きの空気調和機を提供する。【解決手段】本体1の前面上部および上面に設けられた吸込口2と、前面下部に設けられた吹出口3とを結ぶ空気通路に、フィルタ4と、熱交換器6と、送風ファン5とを夫々設けるとともに、前記フィルタ4上のごみを除去するごみ除去手段11と、同ごみ除去手段11により除去されたごみを...

    空気調和機

  4. 【課題】発生したミストを効率的に室内に拡散させ、室内空気及び室内壁面等の付着物の脱臭を効果的に行うことができる。【解決手段】吸込み口1から吸込んだ空気をフィルタ2で浄化して吐出口3から吐出させる送風部4を有する空気清浄機Aに、水溜め部5と、水溜め部5の水を水溜め部5の外部に位置する先端側へ搬送する搬送部6と、搬送部6に対向するように配置された電極7と、搬送部6と電極7...

    空気清浄機

  5. 【課題】本発明のヒートポンプ給湯機は、小型軽量な給湯機を提供することにある。【解決手段】ヒートポンプ回路10の高温の冷媒と水循環回路22の水を水熱交換器11にて熱交換することで湯を沸かす給湯機において、給水管16から導入された水を水熱交換器11によって昇温してそのまま使用端末27に給湯する瞬間式とすることで、従来の大型の貯湯タンクを不要とすることができる。また、ヒート...

    ヒートポンプ給湯機

新着の技術

加熱,レンジ,換気』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】ヒートポンプ装置(100)は、蓄熱用熱交換器(12)から排出された熱媒(19)と熱利用媒体(39)との間で熱交換を行なう利用側熱交換器(14)と、熱媒(19)の流路を利用側熱交換器(14)を経由せずに、吸熱側熱交換器(16)、蓄熱用熱交換器(12)を循環する第1の流路、または、利用側熱交換器(14)を経由して、吸熱側熱交換器(16)、蓄熱用熱交換器(...

    ヒートポンプ装置

  2. 【課題・解決手段】燃料電池システム(1)は、屋上又は上層階に設置される共に、常温水が補給される高架タンク(4)と;高架タンク(4)よりも下層階に設置される温水タンク(5)と;温水タンク(5)内の貯留水を加熱可能な主熱源機(7)と;高架タンク(4)と温水タンク(5)とを接続する降水配管(15)と、を建築設備として有する多層階施設(2)で利用される。燃料電池システム(1)...

    燃料電池システム

  3. 【課題】厨房内環境の安全性を確保しつつ、厨房換気の省エネルギー化を図る。【解決手段】排気フード(5)毎に取付けた枝ダクト(70)内と厨房室内(2)との温度偏差を検知(74、50)して、枝ダクトを集気する集合ダクト(21)に設けた可変風量装置(Variable Air Volume:VAV、80、81、82、83)毎の風量を制御した上、排気ファン(13)および給気ファン...

    厨房換気システムおよびその方法

  4. 【課題・解決手段】本実施例は空気清浄機に関する。本実施例に係る空気清浄機には、半径方向での空気の吸い込みが行われる第1吸込部、第1ファン、及び第1フィルター部材が備えられる、第1空気清浄モジュールと;前記第1空気清浄モジュールの上側に配置され、前記半径方向での空気の吸い込みが行われる第2吸込部、第2ファン、及び第2フィルター部材が備えられる、第2空気清浄モジュールと;...

    空気清浄機

  5. 【課題・解決手段】一実施例において、システムには食料品の調理に使用されるエネルギー量を提供するために操作可能な熱源が含まれている。本システムにはさらに食料品の調理レシピを有する無線装置に対して第1の通信リンクを確立するように操作可能なプロセッサが備えられている。本プロセッサは第1の通信リンクを介して調理レシピに関する第1の温度の表示を受信するようにさらに操作可能である...

    無線制御調理システム

加熱,レンジ,換気 ページ上部に戻る