燃焼装置への燃料の供給 に関する技術一覧

「燃焼装置への燃料の供給」に関する技術の関連情報です。 「燃焼装置への燃料の供給」 の関連技術、「燃焼装置へ送給するための準備における塊状または粉状の燃料の調製」「塊状または粉状燃料の燃焼装置への供給または分配」 など、その他「燃焼装置への燃料の供給」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「燃焼装置への燃料の供給」の分野ページはこちら

燃焼装置への燃料の供給に所属する技術動向

燃焼装置への燃料の供給の分野に属する技術の状況としては、2017年に113件、2018年に120件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、燃焼装置への燃料の供給の分野においては特に近年燃焼装置へ送給するための準備における塊状または粉状の燃料の調製の分野における動向が活発であり、他にも塊状または粉状燃料の燃焼装置への供給または分配や その他の燃料の燃焼装置への供給または分配といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはリンナイ株式会社やパナソニック株式会社、三菱重工業株式会社が豊富な実績を残しており、 東京瓦斯株式会社などは、 管,管の継ぎ手または取り付け具,管,ケーブルまたは保護管類の支持,熱絶縁手段一般や体積,体積流量,質量流量,または液位の測定,体積による測定といった分野も含め、 東邦瓦斯株式会社や大阪瓦斯株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

燃焼装置への燃料の供給』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ガス器具の種別の特定およびガス漏れの検出を、低コストで容易かつ正確に実行可能なガス器具判別装置および判別方法を提供する。【解決手段】ガス流路に設けられたガス流量測定部11とガス圧力測定部12から、ガス流量とガス圧力の測定信号i(t),v(t)が、一定の周期で微分積分手段13,14にそれぞれ与えられると、微分積分手段13,14では、回路モデル用の微分値および積分...

    ガス器具判別装置と判別方法および判別システム、ガス流路監視装置および監視方法

  2. 【課題】使用中のガス器具を検出ガス流量から容易に判別できるガス器具判定装置を提供する。【解決手段】複数のガス器具について、燃焼制御に伴って発生する一連のガス流量パターンを分割した部分流量パターンを、制御ステップ毎に分類した流量パターンテーブルと、複数のガス器具とそれに対応する前記部分流量パターンの組合せとを対応付けた新規器具テーブルと、ガス流量計が検出したガス流量パタ...

    ガス器具判定装置及びガス器具の判定機能を有するガスメータ

  3. 【課題】従来の構成では、ガス漏れを検知したとき、ガス器具の使用に無関係に、ガスが遮断してしまうものであり、安全側処置ではあるが、利便性が犠牲になっているという課題があった。【解決手段】警報器32,33の検知情報とガスメータ22の検知情報とを基に状況を判断して処置方法を選択する処置選択手段28をガスメータ22と警報器32,33の少なくともいずれか一方に備え、ガスメータ2...

    保安システム

  4. 【課題】燃料油の磁気処理化を円滑に行い得て、排気ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)等の有害物質を減少させ、また、燃料消費率を向上させる排出ガスの有害物質処理装置を提供する。【解決手段】燃料油の流れに対して直角方向の磁界を形成する一対の永久磁石7、7−1を有し、一方の永久磁石7を一方の磁石保持ケース3に収容した一方の磁気処理体1と、他方の永久磁石7−1を他方の...

    排出ガスの有害物質処理装置

  5. 【課題】種々のガス器具の管理方法を提示し、ガスの使用促進を図る。【解決手段】ガスメータ装置100は、ガス器具400a,400b,400c及びこれらの動作状況を判別し、ガス器具管理装置300に送る。ガス器具管理装置300は、管理情報蓄積部340に記憶された情報に従って、ガス料金を算出する。

    ガス器具管理システム及びガス供給システム

新着の技術

燃焼装置への燃料の供給』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】点火、燃焼、及び消火が適切にできないおそれを抑制することのできる水素ガスバーナー装置の提供。【解決手段】水素ガスバーナー装置(100、200)は、水素ガス及び酸素含有ガスを燃焼室(C1)に供給する管(3、4)に設けられ、水素ガス及び酸素含有ガスの供給量を調整するバルブ(6、7)と、バルブ(6、7)を駆動する駆動手段(61、71)と、燃焼室(C1)内において点火...

    水素ガスバーナー装置

  2. 【課題】流量調整弁の開度ずれを判定可能なガス流量制御装置を提供する。【解決手段】バーナへのガス流路1に設けられた流量調整弁2と、この流量調整弁2の開度ずれを判定する判定手段とを備える。判定手段は、流量調整弁2の実際の開度における容量係数を、予め設定しておいた基準値と比較して、流量調整弁2の開度ずれを判定する。容量係数の基準値は、異なる2以上の開度と、これらの開度におけ...

    ガス流量制御装置

  3. 【課題】混合燃料の組成変化による不利益を抑制し得る混合燃料供給装置を提供すること。【解決手段】2種類以上の燃料成分の内の第1燃料成分を導入する第1燃料成分導入路と、第1燃料成分以外の第2燃料成分を導入する第2燃料成分導入路と、第1燃料成分導入路に配置されて第1燃料成分の導入量を調節する第1導入量調節装置と、第2燃料成分導入路に配置されて第2燃料成分の導入量を調整する第...

    混合燃料供給装置及び混合燃料供給方法

  4. 【課題】発酵乾燥装置3を用いてごみなどを減圧下で加熱しながら、微生物を利用して発酵乾燥させ、これにより得られた乾燥物から燃料を生成し、この燃料の熱エネルギーのばらつきを抑えて利用し易くする。【解決手段】有機性廃棄物を含むごみ(処理対象物)をタンク30(密閉容器)に収容し、減圧下において所定の温度範囲に加熱しながら撹拌するとともに、微生物を利用して有機物を発酵させ、減容...

    処理対象物の発酵乾燥による燃料化装置および燃料化方法

  5. 技術 燃焼装置

    【課題】電磁弁が閉状態になる確実性を向上することにより、燃焼装置の安全性を高めること。【解決手段】コンロのロック状態がONされると、CPU76は、スイッチング素子Q1,Q2をOFFすることにより、昇圧回路77からソレノイドバルブ75への電力の供給を解除し、これにより、ガス供給路を閉じる。CPU76がスイッチング素子Q1,Q2をOFFしてもソレノイドバルブ75がガス供給...

    燃焼装置

燃焼装置への燃料の供給 ページ上部に戻る