バーナ に関する技術一覧

「バーナ」に関する技術の関連情報です。 「バーナ」 の関連技術、「粉状燃料燃焼用バーナ」「燃焼空間へ小液滴または気化した液体として直接噴霧する作用を用いたバーナ」 など、その他「バーナ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「バーナ」の分野ページはこちら

バーナに所属する技術動向

バーナの分野に属する技術の状況としては、2017年に183件、2018年に175件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、バーナの分野においては特に近年液体燃料の流れが熱面に対して間欠的に衝突するバーナの分野における動向が活発であり、他にも液体燃料の滴が面に対して衝突するバーナや 2またはそれ以上のバーナの組合せといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはリンナイ株式会社や株式会社IHI、大阪瓦斯株式会社が豊富な実績を残しており、 東京瓦斯株式会社などは、 管,管の継ぎ手または取り付け具,管,ケーブルまたは保護管類の支持,熱絶縁手段一般や体積,体積流量,質量流量,または液位の測定,体積による測定といった分野も含め、 大阪瓦斯株式会社や東邦瓦斯株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

バーナ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】高負荷燃焼が可能で、かつ燃焼量の調節範囲が非常に大きく、小型化されると共に、環境汚染が起こりにくいバーナを提供すること。【解決手段】一端が開放された管状の燃焼室10を有し、この燃焼室10の他端部に燃料ガスと酸素含有ガスよりなる予混合気を吹き込むノズル11がその内壁面の接線方向に向けて設けられている。

    管状火炎バーナ

  2. 【課題】 マイクロチャネル内の予混合燃焼において、予混合ガスを効率良く高温に予熱できるとともに、逆火現象と同時に火炎の吹き飛び現象を防止して、火炎の安定化を図りつつ、小型化及び高負荷運転を実現することができるマイクロコンバスタを提供する。【解決手段】 燃料及び燃焼用酸化ガスからなる予混合ガスをマイクロチャネルの燃焼室(4)で燃焼させるマイクロコンバスタ(1)であっ...

    マイクロコンバスタ

  3. 技術 燃焼装置

    【課題】高濃度水素ガスに二次燃焼空気が効率的に混合されるようにすることによって少ない二次燃焼空気量で高濃度水素ガスを良好に燃焼させ、もって燃焼ガスの温度低下を避けることができる燃焼装置を提供する。【解決手段】燃焼装置14には、原燃料ガス流路34とオフガス流路36が独立して形成されている。原燃料ガス流路34には一次燃焼空気流路38が連通しており、ファン30によって取込ま...

    燃焼装置

  4. 【課題】石炭やバイオマス等のそれぞれ単独の燃焼では高効率かつ低NOx燃焼が困難な燃料に対し、双方の燃料の燃焼効率と低NOxの同時燃焼を達成し、エネルギーの有効利用と環境対策を両立させること。【解決手段】石炭とバイオマス燃料(植物等生物体を起源とするバイオマスや廃材・廃棄物等の他種再生可能燃料)からなる少なくとも二種類以上の燃料を混焼する燃焼炉に粉砕炭とバイオマス燃料と...

    バイオマス燃料の燃焼装置と方法

  5. 技術 混合装置

    【課題・解決手段】本発明は燃料を含むガス流及びガス状酸化体を混合する装置(1)であり、円筒形混合チャンバ(2)、混合チャンバ(2)の壁の内表面に沿って接線方向に燃料を含むガス流を注入する手段(4,5)、及び混合チャンバ(2)の中心縦軸に沿って軸方向に酸化体の流体(6)を注入する手段(7,8)を含み、そして混合チャンバ(2)の径(14)並びに燃料及び酸化体を注入するため...

    混合装置

新着の技術

バーナ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】バーナボディ内に収容された蓄熱体を全体的に有効活用可能なリジェネバーナを提供する。【解決手段】一対のガスバーナ2を交互に燃焼させるリジェネバーナ1において、ガスバーナ2は、ガスパイプ21、内筒体22、バーナボディ23、蓄熱体24及び給排気規制部材25を有している。バーナボディ23は、内筒体22の外周を囲うように配置された蓄熱体24を収容するとともに、燃焼用空気...

    リジェネバーナ

  2. 【課題】 液化ブタン等のカートリッジガスボンベを燃料とするガス瞬間湯沸かし器では、ガスを使用した際の気化熱によってボンベの温度が低下しガスの噴出圧力が低下することで、長時間継続して能力を維持することができないという課題があった。【解決手段】 カートリッジガスボンベを燃料としたガス瞬間湯沸かし器によって生成される温水を、ボンベ外周に当接するボンベ加熱部に接合...

    カートリッジガスボンベ気化装置およびガス瞬間湯沸かし器

  3. 【課題】バーナキャップ4の上面を上下方向の隙間を存して覆う環状のバーナカバー8を備えるコンロバーナであって、バーナカバーの外周縁部に、バーナキャップとバーナカバーとの間の隙間を全周に亘り閉塞する外周筒部を形成すると共に、バーナカバーに設けた爪部83をバーナキャップの上面に形成した凹孔45に圧入して、バーナカバーを固定するものにおいて、爪部の幅寸法及び凹孔の内径寸法を厳...

    コンロバーナ

  4. 【課題】片面に、各バーナの流入口に向けて燃料ガスを噴射するノズル111,112が横方向の間隔を存して複数形成されると共に、ノズル形成面とは反対側の裏面に、これらノズルに燃料ガスを分配する空間となる凹部115,116が形成されたマニホールド本体11と、マニホールド本体の裏面に凹部を覆うように取付けられる蓋板とを備えるガスマニホールドにおいて、点火電極からの火花放電で点火...

    ガスマニホールド

  5. 【課題】メインバーナ及びパイロットバーナの両方に水素ガスを供給する場合に、安全性を確保しつつ製造コストを抑えられる水素燃焼ボイラを提供すること。【解決手段】水素燃焼ボイラ1は、水素ガスG1を燃料として供給するメイン燃料ラインL100と、メイン燃料ラインL100に取り付けられるフレームアレスタ30と、メイン燃料ラインL100におけるフレームアレスタ30よりも下流側から分...

    水素燃焼ボイラ

バーナ ページ上部に戻る