燃焼装置,燃焼方法 に関する技術一覧

「燃焼装置,燃焼方法」に関する技術の関連情報です。 「燃焼装置,燃焼方法」 の関連技術、「固体燃料燃焼装置」「流体燃料を用いる燃焼方法または装置」 など、その他「燃焼装置,燃焼方法」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「燃焼装置,燃焼方法」の分野ページはこちら

燃焼装置,燃焼方法に所属する技術動向

燃焼装置,燃焼方法の分野に属する技術の状況としては、2016年に986件、2017年に1,114件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、燃焼装置,燃焼方法の分野においては特に近年火格子,火格子の灰落としまたはかきならしの分野における動向が活発であり、他にも固体燃料燃焼装置や 他に分類されない燃焼室の構造上の細部といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはゼネラル・エレクトリック・カンパニイやリンナイ株式会社、三菱重工業株式会社が豊富な実績を残しており、 大阪瓦斯株式会社などは、 器械や加熱,レンジ,換気といった分野も含め、 東邦瓦斯株式会社や東京瓦斯株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

燃焼装置,燃焼方法』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】レシプロエンジン、ロータリーエンジン、ジェットエンジンやガスタービンなどの熱機関またはプラズマ装置において、混合気中の燃料の割合を下げて薄い混合気を燃焼・反応させる場合においても、安定、かつ、高効率の燃焼・反応が行えるようにし、着火の安定化、火炎伝播速度の向上、出力向上、排気ガスの清浄化、不均一混合気の安定着火、燃費消費率の改善等を図る。【解決手段】燃焼・反応...

    点火装置、内燃機関、点火プラグ、プラズマ装置、排ガス分解装置、オゾン発生・滅菌・消毒装置及び消臭装置

  2. 【課題】少なくとも一つのガス器具が稼働中におけるガス流量増変化に対応するガス器具、及び、複数のガス器具の稼働中におけるガス流量減変化に対応するガス器具を判定するガス器具判定装置を提供する。【解決手段】複数種類のガス器具について、燃焼制御に伴って発生する一連のガス流量パターンを分割した部分流量パターンを、制御ステップ毎に分類した流量パターンテーブルと、複数種類のガス器具...

    ガス器具判定装置及びガス器具の判定機能を有するガスメータ

  3. 【課題】製紙工程にて排出されるペーパースラッジの利用価値を向上し、あるいは再利用出来るための処理方法及びその処理によって得られた材料の提供する。特に摩耗性に優れ、安定した品質を有する白色無機粒子を回収する。【解決手段】有機物と白色無機粒子を含む混合物を酸素含有ガスの存在を制限した貧酸素状況下、温度1000℃以下、好ましくは、少なくとも450℃〜700℃の範囲で第1及び...

    有機物と白色無機粒子を含む混合物の処理方法及びその処理をして得られた材料とその使用方法

  4. 【課題】ガスタービン設備において、NOxの低減を図るとともに、燃料と空気の混合を促進して、燃焼室での火災の安定性を向上すること、低NOxかつ燃焼安定性を向上すること。【解決手段】燃料と空気とが供給される燃焼室を備え、該燃料と該空気を複数の同軸噴流として前記燃焼室に供給するよう構成し予混合流路内で、燃料流れを中心として、その外周側に空気流れを形成したことを特徴とする。【...

    ガスタービン燃焼器およびガスタービン燃焼器の運転方法

  5. 【課題】使用中のガス器具を検出ガス流量から容易に判別できるガス器具判定装置を提供する。【解決手段】複数種類のガス器具について、燃焼制御に伴って発生する一連のガス流量パターンを分割した部分流量パターンを、制御ステップ毎に分類した流量パターンテーブルと、顧客毎に登録され、ガス器具に対応して制御ステップ毎の前記部分流量パターン及びガス流量を有する登録器具テーブルと、検出され...

    ガス器具判定装置及びガス器具の判定機能を有するガスメータ

新着の技術

燃焼装置,燃焼方法』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】石油ピッチ燃料を用いた場合でも、バーナの内部に石油ピッチが付着・固化してバーナが使用不可となることがなく、ボイラの運転を長時間継続することを可能とすること。【解決手段】石油ピッチ燃料用バーナにおいて、搬送用気体と共に石油ピッチを燃焼炉2に供給するための燃料供給管3と、燃料供給管3の外壁面18に冷却材19を接触させて、燃料供給管3の内壁面5を冷却するための冷却手...

    石油ピッチ燃料用バーナおよびその使用方法

  2. 【課題】再溶融のための溶融装置のフード下におけるガス圧力条件とは無関係に、電極ロッドには何も力が伝わらないようにするか、あるいは電極ロッドに余分に加わっている力だけを大幅に補正することによって、電極ロッド及び電極ロッド駆動部に加わる力を相殺できる再溶融のための溶融装置を提供する。【解決手段】溶融装置は、ガス防護フード20によって周囲環境から分離される溶融室190を備え...

    溶融装置及び方法

  3. 【課題】排気整流板の外周側に滴下する凝縮水を溝部により排気ダクトから離隔した場所に集めて排出可能な逆燃焼式燃焼装置を提供する。【解決手段】燃料を下方に向けて燃焼させる燃焼部(2) と、燃焼部(2) の下方に配置された熱交換器(4,5) と、熱交換器(5) の下方に配置された排気集合筒(6) と、排気集合筒(6) 内に設けられた排気整流板(7) とを備えた逆燃焼式燃焼装...

    逆燃焼式燃焼装置

  4. 【課題】少なくとも3つの脚部を設けて自立可能な構造にした合成樹脂製の排気集合筒を採用した逆燃焼式燃焼装置を提供する。【解決手段】燃料を下方に向けて燃焼させる燃焼部(2) と、燃焼部(2) の下方に配置された熱交換器(4,5) と、熱交換器(4,5) の下方に配置された排気集合筒(6) とを備えた逆燃焼式燃焼装置(1) において、排気集合筒(6) は合成樹脂材料製の成形...

    逆燃焼式燃焼装置

  5. 【課題】給気管を設置できない現場においても既設の排気筒を利用してFF式燃焼装置を安全に使用可能にする給排気アダプタを提供すること。【解決手段】外装ケースと、前記外装ケース内部に設けられた燃焼部及び熱交換部及び前記燃焼部に燃焼用の空気を供給するための送風手段と、前記送風手段に空気を供給する給気部と、熱交換後の燃焼排気を排出する排気部を備え、前記給気部と前記排気部が前記外...

    給排気アダプタ

燃焼装置,燃焼方法 ページ上部に戻る