燃焼装置,燃焼方法 に関する技術一覧

「燃焼装置,燃焼方法」に関する技術の関連情報です。 「燃焼装置,燃焼方法」 の関連技術、「固体燃料燃焼装置」「流体燃料を用いる燃焼方法または装置」 など、その他「燃焼装置,燃焼方法」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「燃焼装置,燃焼方法」の分野ページはこちら

燃焼装置,燃焼方法に所属する技術動向

燃焼装置,燃焼方法の分野に属する技術の状況としては、2016年に988件、2017年に1,115件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、燃焼装置,燃焼方法の分野においては特に近年火格子,火格子の灰落としまたはかきならしの分野における動向が活発であり、他にも固体燃料燃焼装置や 他に分類されない燃焼室の構造上の細部といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはゼネラル・エレクトリック・カンパニイやリンナイ株式会社、三菱重工業株式会社が豊富な実績を残しており、 大阪瓦斯株式会社などは、 器械や加熱,レンジ,換気といった分野も含め、 東邦瓦斯株式会社や東京瓦斯株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

燃焼装置,燃焼方法』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】レシプロエンジン、ロータリーエンジン、ジェットエンジンやガスタービンなどの熱機関またはプラズマ装置において、混合気中の燃料の割合を下げて薄い混合気を燃焼・反応させる場合においても、安定、かつ、高効率の燃焼・反応が行えるようにし、着火の安定化、火炎伝播速度の向上、出力向上、排気ガスの清浄化、不均一混合気の安定着火、燃費消費率の改善等を図る。【解決手段】燃焼・反応...

    点火装置、内燃機関、点火プラグ、プラズマ装置、排ガス分解装置、オゾン発生・滅菌・消毒装置及び消臭装置

  2. 【課題】少なくとも一つのガス器具が稼働中におけるガス流量増変化に対応するガス器具、及び、複数のガス器具の稼働中におけるガス流量減変化に対応するガス器具を判定するガス器具判定装置を提供する。【解決手段】複数種類のガス器具について、燃焼制御に伴って発生する一連のガス流量パターンを分割した部分流量パターンを、制御ステップ毎に分類した流量パターンテーブルと、複数種類のガス器具...

    ガス器具判定装置及びガス器具の判定機能を有するガスメータ

  3. 【課題】製紙工程にて排出されるペーパースラッジの利用価値を向上し、あるいは再利用出来るための処理方法及びその処理によって得られた材料の提供する。特に摩耗性に優れ、安定した品質を有する白色無機粒子を回収する。【解決手段】有機物と白色無機粒子を含む混合物を酸素含有ガスの存在を制限した貧酸素状況下、温度1000℃以下、好ましくは、少なくとも450℃〜700℃の範囲で第1及び...

    有機物と白色無機粒子を含む混合物の処理方法及びその処理をして得られた材料とその使用方法

  4. 【課題】ガスタービン設備において、NOxの低減を図るとともに、燃料と空気の混合を促進して、燃焼室での火災の安定性を向上すること、低NOxかつ燃焼安定性を向上すること。【解決手段】燃料と空気とが供給される燃焼室を備え、該燃料と該空気を複数の同軸噴流として前記燃焼室に供給するよう構成し予混合流路内で、燃料流れを中心として、その外周側に空気流れを形成したことを特徴とする。【...

    ガスタービン燃焼器およびガスタービン燃焼器の運転方法

  5. 【課題】使用中のガス器具を検出ガス流量から容易に判別できるガス器具判定装置を提供する。【解決手段】複数種類のガス器具について、燃焼制御に伴って発生する一連のガス流量パターンを分割した部分流量パターンを、制御ステップ毎に分類した流量パターンテーブルと、顧客毎に登録され、ガス器具に対応して制御ステップ毎の前記部分流量パターン及びガス流量を有する登録器具テーブルと、検出され...

    ガス器具判定装置及びガス器具の判定機能を有するガスメータ

新着の技術

燃焼装置,燃焼方法』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】逆バイアス印加状態において半導体スイッチがオンすることを防止する。【解決手段】コレクタ電極C、エミッタ電極Eおよびゲート電極Gを有する半導体スイッチSWと、一端がコレクタ電極Cに電気的に接続され、他端がゲート電極Gに電気的に接続され、N型半導体層とP型半導体層とが交互に隣接配置されたものとして構成されたツェナーダイオード5Aと、一端がゲート電極Gに電気的に接続...

    半導体装置

  2. 【課題・解決手段】稼働のコストが低い燃焼システムを提供する。燃料を燃焼させる燃焼装置10と、燃焼装置10において燃料が燃焼することによって発生する排ガスが流通する排気路L1と、排気路L1に配置され且つ排ガスから熱回収する空気予熱器30と、排気路L1に配置され且つ脱硝触媒によって排ガスから窒素酸化物を除去する脱硝装置40と、を備える燃焼システム1であって、脱硝装置40は...

    燃焼システム

  3. 【課題】本発明の目的は、パワーを生成する時のレシプロ燃焼エンジン及びガスタービンの欠点を軽減する方法を実施するための方法及びシステムを提供することである。【解決方法】本発明は、燃焼室(10)をタービン(22)の外側に配置し、直列に接続された複数のコンプレッサから、高圧の水蒸気パルスにより補助される燃焼プロセスを実行するために空気が加熱された上で前記燃焼室へと排出される...

    パワー生成のためのシステム及び方法

  4. 【課題・解決手段】ガスタービン用の燃料ノズルアセンブリおよび燃料ノズルアセンブリを再調整する方法が提供される。方法は、ガスタービンの燃料ノズルアセンブリ(100)において行われ、ベース(102)と、ベース(102)から燃料ノズル先端部(106)まで延びるボディ(104)と、内側アセンブリ(110)と、外側アセンブリ(112)とを有する予め組み立てられた燃料ノズルアセン...

    溶接されたガスタービン燃料ノズルおよびガスタービン燃料ノズルを製作する方法

  5. 【課題】燃料の供給量が顕著に減少しても、燃焼器の燃焼性能(炎の安定性、燃焼排気ガスの過剰な空気のレベル、及び炎の凝集によって評価される)を維持できる噴霧器を提供する。【解決手段】霧化領域108、燃料及び/又は霧化媒体を霧化領域へ入り込むことを可能にするように構成される少なくとも1つの流入口を有する近端部102、霧化された燃料が霧化領域を飛び出すことを可能にするように構...

    噴霧器の改良

燃焼装置,燃焼方法 ページ上部に戻る