蒸気発生 に関する技術一覧

「蒸気発生」に関する技術の関連情報です。 「蒸気発生」 の関連技術、「蒸気発生法,蒸気ボイラ」「予熱,または蓄熱,給水の供給,水位の制御,ボイラ水の循環」 など、その他「蒸気発生」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「蒸気発生」の分野ページはこちら

蒸気発生に所属する技術動向

蒸気発生の分野に属する技術の状況としては、2017年に270件、2018年に212件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、蒸気発生の分野においては特に近年蒸気の過熱の分野における動向が活発であり、他にも予熱,または蓄熱,給水の供給,水位の制御,ボイラ水の循環や 蒸気発生法,蒸気ボイラといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三浦工業株式会社や三菱重工業株式会社、株式会社サムソンが豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 基本的電気素子や計算,計数といった分野も含め、 株式会社日立産業制御ソリューションズやバブコック日立株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

蒸気発生』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 排温水に残留する熱を熱源として回収し、所要温度の蒸気または高温水と、温水とを同時に生成することができて省エネルギー化、二酸化炭素排出量の削減に資することができ、しかも構造がシンプルで既存の機器を利用して構成することができて装置コストの上昇を抑えることもできる蒸気・温水発生装置を提供する。【解決手段】 圧縮機1の吐出側に一端が接続された冷媒管2の他端が、第...

    ヒートポンプ式蒸気・温水発生装置

  2. 【課題】再蒸発タンクから下方の液体圧送部材側へ復水が確実に流下できる復水の再蒸発装置を得ること。【解決手段】再蒸発タンク1の上部に復水供給管2と連通管8を接続する。連通管8に圧力センサ9と圧力制御弁4を取り付けてエゼクタ3の吸引室12と接続する。エゼクタ3には蒸気供給管11を接続する。再蒸発タンク1の所定下方に液体圧送部材7を配置して、連結管5で接続する。復水供給管2...

    復水の再蒸発装置

  3. 【課題】原動機、発電設備、原動機排熱による排熱回収ボイラ、燃料燃焼ボイラを有する装置を複数台設置する装置において、これまでは発生発電量に重点が置かれた制御であって、発生蒸気量の観点からは必ずしも効率的かつ経済的な運転台数、蒸気需給バランス制御を行うものではなかった。本発明は、発生蒸気供給設備において、より効率的な設備の運用を図ったプロセス蒸気発生設備の運用方法およびシ...

    産業用プロセス蒸気発生設備の運転制御方法およびシステム

  4. 【課題】既存の空気燃焼ボイラに容易に適用して燃焼を安定且つ容易に制御できる酸素燃焼ボイラの燃焼制御手法を提供する。【解決手段】ボイラ負荷指令35に対応した設定量の酸素をボイラ本体4に供給し、且つ、ボイラ本体4に供給する給水の入口温度と蒸気の出口温度からボイラ収熱量を計測し、ボイラ本体4の収熱量41が目標の収熱量42になるように燃焼排ガス14aの再循環流量を制御してボイ...

    酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置

  5. 【課題】高温の過熱蒸気を小型・軽量の装置で安全に得られるようにする。【解決手段】金属管3をらせん状に巻いて円筒状の蒸気発生管1を形成し、その外側に配置した円筒状の加熱コイル2で蒸気発生管1を誘導加熱して、金属管3の一端3aから流入させた水を他端3bから蒸気として取り出すようにするとともに、蒸気発生管1に軸方向に分けた2つの加熱領域1a,1bを設定し、これら各領域の金属...

    蒸気発生装置

新着の技術

蒸気発生』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 復水貯蔵タンクまたは復水貯蔵槽(CST)として常用CSTと非常用CSTが別個に設置された復水貯蔵設備において、非常時において常用水を非常用水としても利用ができる深層防護の機能を有する復水貯蔵設備を提供すること。【解決手段】 常用CST101と非常用CST102が別個に設置された復水貯蔵設備において、常用CST101と非常用CST102が、フェールオープン...

    復水貯蔵設備

  2. 【課題】 缶体や水管の内面に付着したスケールの清掃効果を持ちスケールの蓄積を阻害する効力を持つ貫流ボイラーシステムの提供。【解決手段】 貫流管1の取水部に設けられた液体改質装置2と、前記液体改質装置2を通過した貫流管1内の水を軟水にする軟水化装置3と、前記軟水が流通する貫流管1を含み且つ蒸気噴出口4を備えるボイラー5を備え、前記液体改質装置2は、液体の流入口と流出...

    貫流ボイラーシステム

  3. 【課題】超臨界圧時における伝熱劣化現象の発生を抑制しつつ、伝熱性能の向上を図ることで、管温度の上昇を抑制することができる伝熱管等を提供する。【解決手段】ボイラに設けられ、内部が超臨界圧となり、内部に熱媒が流通する火炉壁管35であって、内周面に形成され、管軸方向へ向かうらせん形状の溝部と、らせん形状の溝部によって、径方向の内側に突出して形成されるリブ部37とを備え、リブ...

    伝熱管、ボイラ及び蒸気タービン設備

  4. 【課題・解決手段】クリンカの増大を抑制できる石炭火力発電設備におけるボイラの運用方法を提供すること。石炭火力発電設備10におけるボイラ40の運用方法は、アルカリ金属及びアルカリ土類金属の含有量が第1の範囲にある第1の石炭を燃焼させる第1燃焼工程ST11と、アルカリ金属及びアルカリ土類金属の含有量が第1の範囲よりも高い含有量の範囲である第2の範囲にある第2の石炭を燃焼さ...

    石炭火力発電設備におけるボイラの運用方法

  5. 【課題・解決手段】流体気化装置(10)であって、気化可能な流体を有する流体供給部(12)と、流体供給部(12)から気泡ポンプ(14)の出口(36)へと流体を圧送するように作動する気泡ポンプ(14)と、気泡ポンプ(14)の出口(36)の隣に位置して気泡ポンプ(14)からの流体を受け取る気化装置(16)とを備える、流体気化装置。

    気化装置および流体を気化させる方法

蒸気発生 ページ上部に戻る