信号用非携帯用照明装置「4」 に関する技術一覧

「信号用非携帯用照明装置「4」」に関する技術の関連情報です。 「信号用非携帯用照明装置「4」」 の関連技術、「車両用であって,主として車両または車両の部品を指示すること,もしくは他の移動体に信号を与えることを意図した照明装置の構造「4」」「その他の信号用照明装置,例.表示ランプ」 など、その他「信号用非携帯用照明装置「4」」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「信号用非携帯用照明装置「4」」の分野ページはこちら

信号用非携帯用照明装置「4」に所属する技術動向

信号用非携帯用照明装置「4」の分野に属する技術の状況としては、2009年に180件、2010年に21件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、信号用非携帯用照明装置「4」の分野においては特に近年電気的および非電気的光源を組み合わせたものを光源とする信号用照明装置,信号用照明装置で電気的光源を非電気的光源で置換したものまたはその逆のものの分野における動向が活発であり、他にもその他の信号用照明装置,例.表示ランプや 車両用であって,主として車両または車両の部品を指示すること,もしくは他の移動体に信号を与えることを意図した照明装置の構造「4」といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはスタンレー電気株式会社や株式会社小糸製作所、市光工業株式会社が豊富な実績を残しており、 スタンレー電気株式会社などは、 光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置,そのための技法または手順,周波数変換,非線形光学,光学的論理素子,光学的アナログ/デジタル変換器や光源の形状に関連して,サブクラスF21L,F21S,およびF21Vに関連する光源の形状についてのインデキシング系列といった分野も含め、 三菱自動車工業株式会社や本田技研工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

信号用非携帯用照明装置「4」』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】発光ダイオード等の固体発光素子から出る光の利用効率をより向上させると共に所望の指向特性を実現する。【解決手段】発光素子12を封止するモールド樹脂13の前方界面に、発光素子12の光を直接外部へ出射させる直接出射領域18と、発光素子12の光を全反射させる全反射領域19とを形成する。直接出射領域18は、凸レンズ状に形成する。モールド樹脂13の背面には、凹面鏡状をした...

    光学装置及び当該光学装置を用いた機器

  2. 【課題・解決手段】本発明は、発光ダイオード及び発光ダイオード・ランプに関するものである。この発光ダイオードは、少なくとも一つの高熱伝導率のベースに取付けられた発光ダイオード・チップを備え、この発光ダイオード・チップは回路基板を介して電源に電気的に接続されている。発光ダイオード・チップの上方には透光媒質が設けられる。上記ベースの上表面は光反射面である或はベースの周囲には...

    発光ダイオード及び発光ダイオード・ランプ

  3. 【課題】マトリックスに分配されて配置された多数の半導体光源と、該半導体光源から送り出された光の光路における少なくとも1つの光学的に作用するエレメントとを有する車両用の照明装置を改良し、種々異なる光機能の間での切換えが簡単な形式で行われ得るようにすること。【解決手段】マトリックスにおいて種々異なる部分領域が規定され、該部分領域に半導体光源(10)の部分量が配置されており...

    車両用の照明装置

  4. 【課題】高い密閉特性を保つことができ、かつ放熱特性のよいLED照明装置を提供する。【解決手段】複数の発光ダイオードが一方の面に配列された基板と、その基板を取り付ける底部を有する樹脂ケースとを有し、基板が底部に放熱固定板を介して取り付けられてなるLED照明装置であって、放熱固定板の上記基板が取り付けられた面と対向する面に樹脂ケースの底部との接触面積を増大させるように凸部...

    LED照明装置

  5. 【課題】周囲各方面に順次光を放射する回転表示灯であって、従来の同種の回転表示灯と比べると小型にコンパクトに安価に製作できる回転表示灯を提供する。【解決手段】発光ダイオード11が配置された基板1と、基板1の発光ダイオード11の上方に配置された透明回転板2と、基板1の下方に配置され、モータ回転軸32が透明回転板2の回転中心軸部21に接続されたモータ3と、透明回転板2に支持...

    回転表示灯

新着の技術

信号用非携帯用照明装置「4」』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】照明装置における、導光体の端部を装着部品の端部まで配置できるようにする。【解決手段】導光体110に対する光の入射位置の長手方向と角度をなすように導光体110に接続されている導入部121,122が、長手方向端部に設けられた光源131,132からの光を導光体110に対して入射し、導光体110内に設けられた凹部111が、導入部131,132から導光体110内へ導入さ...

    照明装置および光の出射方法

  2. 【課題】投光装置において、外観上、レンズ内に水が入ったように見えないようにすること【解決手段】この投光装置101は、レンズ120の周縁部に、カバー160を取り付ける取付部124が設けられており、当該取付部124の内側にハウジング140を取り付ける取付部123が設けられている。レンズ120は、カバー160を取り付ける取付部124とハウジング140を取り付ける取付部123...

    投光装置および鞍乗型車両

  3. 【課題】採光窓を有する自転車用前照灯において、自転車部品からの反射光の影響による光源のオンオフタイミングのずれを抑える。【解決手段】前照灯14は、光源24と、ケース本体34と、ブラケット32と、照度検出素子26と、遮蔽部30と、を備えている。ケース本体は、採光窓を有し、光源が収納される部材である。ブラケットは、ケース本体を自転車に装着可能な部材である。照度検出素子は、...

    自転車用照明装置

  4. 【課題】 灯具本体2を二層構造にすることで、ランプ3による発熱を灯具本体2の外層部202に伝えにくくし、外層部202の温度上昇を抑制する。【解決手段】 内部にランプ3が配置され、断面形状はほぼ円形を成す灯具1を有する照明器具であって、灯具1は、ランプ3の周囲を覆う内層部201と、内層部201の周囲を覆う外層部202と、空気の対流が得...

    灯具及びこの灯具を備える照明器具

  5. 【課題】従来のスクータ、オートバイなど車高の低い車両のテールランプなど車両用信号灯具においては点灯状態でも、車高の高い車両の運転席からの視認性が低く、行動パターンの予測が困難な場合を生じるという問題点を生じていた。【解決手段】本発明により、テールランプなど車両用信号灯具を1つの光源に対して焦点を有し、一方は水平方向に光を反射する放物系とした水平用反射鏡を略上半部に配し...

    車両用信号灯具

信号用非携帯用照明装置「4」の詳細カテゴリ一覧

信号用非携帯用照明装置「4」の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

信号用非携帯用照明装置「4」 ページ上部に戻る