圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出 に関する技術一覧

「圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出」に関する技術の関連情報です。 「圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出」 の関連技術、「圧力容器,例.ガスボンベ,ガスタンク,取り替え可能カートリッジ」「容器内にガス溶剤またはガス吸収剤を用いるもの」 など、その他「圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出」の分野ページはこちら

圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出に所属する技術動向

圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出の分野に属する技術の状況としては、2016年に339件、2017年に411件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出の分野においては特に近年圧力のかかっていない容器に液化または固化ガスを充填する方法または装置の分野における動向が活発であり、他にも他のサブクラスに属さない,圧力容器から液化,固化または圧縮ガスを放出する方法または装置や 圧力のかかっていない容器といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ自動車株式会社や大陽日酸株式会社、本田技研工業株式会社が豊富な実績を残しており、 東京瓦斯株式会社などは、 管,管の継ぎ手または取り付け具,管,ケーブルまたは保護管類の支持,熱絶縁手段一般や体積,体積流量,質量流量,または液位の測定,体積による測定といった分野も含め、 住友精密工業株式会社や大阪瓦斯株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ガスハイドレートの充填率の向上、輸送及び貯蔵中の安全性、荷役時の扱いの容易性などを計ることができるガスハイドレートの造粒及び荷役並びに輸送方法を提供する。【解決手段】粉体状のガスハイドレートaを造粒装置7により圧縮成形してペレット状bにする。しかる後に、固形化したガスハイドレートb(b′,b″)を船30や貯蔵施設の貯槽に積み込む。

    ガスハイドレートの造粒及び荷役並びに輸送方法

  2. 【課題】芳香族化合物からなる水素貯蔵体の水素化反応と該芳香族化合物の水素化誘導体からなる水素供給体の脱水素反応との双方に優れた触媒活性を有する、及びこれを利用した安定且つ効率的な水素貯蔵・供給システムを提供【解決手段】芳香族化合物からなる水素貯蔵体の水素化反応と該芳香族化合物の水素化誘導体からなる水素供給体の脱水素反応との双方に優れた触媒活性を有する金属担持触媒であっ...

    • 公開日:2001/07/24
    • 出願人: 市川勝
    • 発明者: 土山和夫 、...
    • 公開番号:2001-198469号

    水素貯蔵・供給用金属担持触媒及びこれを利用した水素貯蔵・供給システム

  3. 【課題】水素消費量が低減しても改質器を停止する必要が無く、効率も低下せず、水素搬送についての危険を極めて小さくすることが出来て、しかも、大重量の貯蔵用器を持ち運ぶ必要が無くなる様なコンピュータを利用した水素供給システムの提供。【解決手段】所定地域(Az)に敷設された配管ネットワーク(10)を有し、該配管ネットワーク(10)には水素製造手段(22z)と、水素貯蔵手段(2...

    水素供給システム

  4. 【課題】水素の供給者側による管理が容易である水素カートリッジ、水素ガス供給システム及び水素カートリッジの管理方法を提供する。【解決手段】水素吸蔵材料8が内蔵された水素カートリッジ1であって、その筐体の表面に固有のIDを表示するバーコード7が設けられている。これにより、水素の供給者は、バーコード7によって表示されるIDを参照することによって、各水素カートリッジ1を容易に...

    水素カートリッジ、水素ガス供給システム及び水素カートリッジの管理方法

  5. 【課題】炭素−金属ハイブリッド材料中への可逆的な収着及び封じ込めにより水素を輸送及び貯蔵するための方法を提供すること。【解決手段】炭素−金属ハイブリッド複合物が水素ガスを収着する温度及び圧力の条件で、炭素−金属ハイブリッド複合物を水素含有ガスと接触させることを含む方法とする。炭素−金属ハイブリッド複合物に収着された水素は、後に、水素ガスの脱着を引き起こすレベルまでH2...

    水素ガスの可逆的収着方法及び貯蔵方法

新着の技術

圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、流体送出容器内に一定のあらかじめ定められた圧力を維持するための圧力制御装置、およびこの装置を備える圧力制御システムを提供する。さらに、本発明は、本発明の圧力制御装置およびシステムを製造するための方法に関する。本発明は、エアロゾルスプレーの技術分野においてとくに重要である。

    圧力制御装置、この圧力制御装置を備えたディスペンサ、および製造方法

  2. 【課題・解決手段】本願は、水素を可逆的に貯蔵するためのタンク(1)に関し、- それぞれが水素化物を含有する円筒形状をしたいくつかのケーシング(3)であって、それぞれが水素化物によって吸収または脱着される水素H2を充填または排出するのに適したいくつかのケーシング(3)と、- 断熱材で作られた固体コンポーネントであって、熱容量が小さく、前記ケーシング(3)の直径よりも大き...

    水素化物を含有する断熱材料から形成された円筒状ケーシングから製造された水素貯蔵タンク

  3. 【課題】消費動力が大きくなることなく効率的に重質成分を分離して混合調整することができローリー出荷向け液化燃料ガスの成分調整装置を提供する。【解決手段】本発明に係るローリー出荷向け液化燃料ガスの成分調整装置1は、液化燃料ガスが流れる液化燃料ガスライン7と、液化燃料ガスライン7が分岐した、重質成分が希薄となった低発熱量ガスを供給するための第一ライン9と、重質成分が濃縮され...

    ローリー出荷向け液化燃料ガスの成分調整装置

  4. 【課題】ガス貯蔵用圧力容器を提供する。【解決手段】本発明のガス貯蔵用圧力容器は、内部に中空部を有し、長さ方向に沿って同じ厚さで形成されるシリンダー状の本体と、長さ方向に沿って注入孔が貫通して形成され、側面にはねじ山が形成され、前記本体の両端に結合されて本体を密閉させる一対のキャップと、前記本体の外側表面に巻き取られ、前記本体の強度を補強する金属ワイヤーと、を含み、前記...

    高圧ガス貯蔵用圧力容器

  5. 【課題・解決手段】燃料ガス供給システムが開示される。本発明の一実施例による燃料ガス供給システムは、液化ガスおよび蒸発ガスを収容する貯蔵タンク、貯蔵タンクの蒸発ガスを加圧する圧縮部を具備し、圧縮部を通過して加圧された蒸発ガスを第1エンジンに供給する第1燃料ガス供給ライン、圧縮部の中段部から分岐されて圧縮部によって一部加圧された蒸発ガスを第2エンジンに供給する第2燃料ガス...

    燃料ガス供給システム

圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出の詳細カテゴリ一覧

圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出 ページ上部に戻る

その他の分野

圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器,一定容量のガスタンク,圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。