伝動装置 に関する技術一覧

「伝動装置」に関する技術の関連情報です。 「伝動装置」 の関連技術、「回転運動伝達用歯車伝動装置」「制御される伝動装置の種類,および駆動車輪数の変更に関して,グループ59/00から63/00に結びつけるインデキシングコード。このインデキシングコードはリンクさせてはならない。」 など、その他「伝動装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「伝動装置」の分野ページはこちら

伝動装置に所属する技術動向

伝動装置の分野に属する技術の状況としては、2017年に3,832件、2018年に2,894件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、伝動装置の分野においては特に近年デファレンシャルギア装置またはバランスギア装置の分野における動向が活発であり、他にも駆動車輪数の変更や その他の流体伝動装置,例.振動する入力または出力をもつものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ自動車株式会社や本田技研工業株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品や化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池といった分野も含め、 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社や株式会社豊田中央研究所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

伝動装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】エネルギ効率に優れ、比較的低出力の2つのモータで駆動力の確保と動力エネルギの回収効率向上を達成し、駆動輪からの要求駆動力に対してエンジン及びモータ制御の最適化を図り、また、エンジンと2つのモータの制御の互いの影響が少なく、制御も簡素で制御自由度も向上させる。【解決手段】エンジン1をサンギヤ2aと連結し、リングギヤ2bにモータ3を連結し、キャリア2cにモータ4を...

    ハイブリッド車

  2. 【課題】潤滑油中であっても固体潤滑性が有効に機能するものとなすことにより低摩擦係数で耐摩耗性に優れた摺動部材を提供する。【解決手段】基材2の表面に硬質炭素皮膜3を気相合成によりコーティングした後、プラズマ処理ないしはイオン注入することにより、硬質炭素皮膜3の表面に窒素および/または酸素を含有させ、および/または、表面の水素含有量が10at%以下の硬質炭素皮膜3をそなえ...

    摺動部材およびその製造方法

  3. 【課題】分岐する道路に対応して、車両が進入しようとする道路を判別し、車両制御装置の制御精度の向上を図る。【解決手段】道路面の表示線を画像処理によって認識し、表示線の自車2に対する相対的な移動や表示線の種類(実線か破線か)から走行している車線を判別し、また、表示線の間隔の増加などから分岐の位置や、分岐する道路の進入経路を判定し、分岐を通過した後の経路(経路1か、経路0か...

    車両制御装置、車両制御方法および車両制御方法をコンピュ—タに実行させるためのプログラムを記録したコンピュ—タ読み取り可能な媒体

  4. 技術 内燃機関

    【課題】圧縮自己着火燃焼が可能な運転領域を拡大し、燃料経済性及び排気浄化性に優れた内燃機関を提供する。【解決手段】分留器9は、メインガソリンタンク8の燃料を高オクタン価燃料と低オクタン価燃料とに分留し、それぞれサブタンク10、11へ貯蔵する。高オクタン価燃料は高圧間欠ポンプ16により、低オクタン価燃料は可変圧力ポンプ15により燃料噴射弁17へ供給される。ECU1の運転...

    内燃機関

  5. 【課題】 複数の運転モードを設定することができ、しかも車載性の良好なハイブリッド駆動装置を提供する。【解決手段】 機械的エネルギと電力とを変換する電動動力源2と内燃機関1とを動力源として備えるとともに、これらの動力源の少なくとも一方の出力トルクを増減する複数組の遊星歯車機構21,22を備えているハイブリッド車の駆動装置であって、前記電動動力源2と前記内燃機関1とが...

    ハイブリッド車の駆動装置

新着の技術

伝動装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】車両の構成部品からの振動音の放射を抑制して車両の静粛性を向上させることができる車両用ケーシングを提供すること。【解決手段】車両用ケーシングは、金属フレーム10と、金属フレーム10を覆う樹脂カバー20とを備え、金属フレーム10の内側に車両の構成部品を収容するものであり、金属フレーム10は、樹脂カバー20の内側において、車両の構成部品の一つであり、軸心を中心として...

    車両用ケーシング

  2. 【課題・解決手段】本発明はローラ減速機に関する。このローラ減速機は、方向が異なる内側多条ねじを有する2つの入力部材ナットを含む入力部材と、方向が異なる多条ねじを有する2つの支持部材ナットを含む支持部材と、方向が異なる多条ねじを有する2つの出力部材ナットを含む出力部材とを備え、このローラ減速機は、方向が異なるねじを有する1対の部分を含むローラをさらに備える。支持部材ナッ...

    逆型ローラ減速機

  3. 【課題・解決手段】本発明は、可変速度及びトルク比を具現化する可変伝動装置に適用可能な遊星可変装置であって、リングギヤ(16)、少なくとも2つの遊星ギヤ(19)、及び太陽ギヤ(17)を含み、ギヤ間の相互作用は、リングギヤ(16)及び太陽ギヤ(17)に設けられた回転面(20、21)上における、遊星ギヤのギヤ部分(12)それぞれに設けられた回転面の基本的にドリルのない回転動...

    可変伝動装置のための遊星可変装置

  4. 【課題・解決手段】本発明は、駆動ライン(2)用のトルク制限カップリング(3)に関する。トルク制限カップリング(3)の入力側(4)はパワーユニット(2)に接続可能であり、出力側(5)は負荷(6)に接続可能である。入力側および出力側の回転速度を測定するため、第1センサ(10)がトルク制限カップリング(3)の入力側(4)に対応づけられており、第2センサ(20)がトルク制限カ...

    トルク制限カップリング

  5. 【課題・解決手段】連続可変変速機(CVT)の性能を改善し、寿命を増加するための構成要素、部分組立品、システム、および/または方法。第1のステータは、第2のステータの外径より大きい外径を備えて形成されてもよい。ステータは、他のステータ上のスロットよりさらに半径方向内方に延在するように形成された半径方向スロットを有してもよい。ステータの外径がより大きいこと、または第2のス...

    連続可変変速機、システムおよび方法

伝動装置 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON