機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段 に関する技術一覧

「機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段」に関する技術の関連情報です。 「機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段」 の関連技術、「構造部材または機械部品同志の締め付けまたは固定のための装置,例.くぎ,ボルト,サークリップ,クランプ,クリップ,くさび,継ぎ手または接続」「軸,たわみ軸,クランク軸機構の要素,伝動装置の要素以外の回転体,軸受」 など、その他「機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段」の分野ページはこちら

機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段に所属する技術動向

機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段の分野に属する技術の状況としては、2017年に13,200件、2018年に10,735件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段の分野においては特に近年構造用要素一般,この要素より組み立てた構造物一般の分野における動向が活発であり、他にも安全装置一般や 蒸気トラップまたは気体または蒸気を強制収容する密閉体から液体を排出する類似の装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ自動車株式会社や本田技研工業株式会社、NTN株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社や株式会社豊田中央研究所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】狭隘な場所に取り付けられる転がり軸受装置において、装置の大型化を避けつつ高剛性化を図り、その長寿命化を図ることを目的とする。【解決手段】転がり軸受装置100は、外輪1のフランジ14とハブ軸2のフランジ15との間の自由空間11を活用して、車両アウタ側の玉群4のピッチ円直径を車両インナ側の玉群5に比べて大きく設定している。これにより、転がり軸受装置100の大型化を...

    転がり軸受装置

  2. 技術 携帯端末

    【課題】自分の見ている風景と自分の表情を同時に送ることができるテレビ電話やビデオカメラの機能、ペン入力機能、データ通信機能を持ち、かつ携帯性を損なわずに小型化された多機能な携帯端末を提供する。【解決手段】マイク18とキー操作部17、画像及び音声の無線送受信機能54を持った装置本体部10と、ビデオカメラ33と操作ダイヤル34を備えた回転軸部30、ビデオカメラ33で撮影し...

    携帯端末

  3. 【課題】機器の持ち方や用途により第1筐体と第2筐体との相対角度を変えても、その角度に合わせて表示方向を切り換えることを可能にし、また第1筐体と第2筐体の位置関係に関わらず、良好な操作性を確保するようにした折り畳み式携帯型電子機器を提供する。【解決手段】受話部及び表示部11を備える第1筐体10と送話部を備える第2筐体20とを、ヒンジにより相互に折り畳み可能に連結し、さら...

    折り畳み式携帯型電子機器

  4. 【課題】保持器の剛性を低下させることなく負荷容量をアップさせ、軌道面の最大面圧を低下させる。【解決手段】内輪2と、外輪3と、前記内輪2と外輪3との間に転動自在に配された複数の円すいころ4と、前記円すいころ4を円周所定間隔に保持する保持器5とを備えた円すいころ軸受1において、ころ係数γを0.94より大きくする。ここに、γ:(ころ本数×ころ平均径)/(π×PCD)。

    円すいころ軸受

  5. 【課題】 装置の軽量・コンパクト化を図ると共に、組立・分解時における作業性を向上させ、かつ補修費用を低減させた駆動車輪用軸受装置を提供する。【解決手段】 ハブ輪1と内輪部材6とからなる内方部材8と、外方部材7とを備えた複列の転がり軸受2と、等速自在継手3とがユニット化され、ハブ輪1の内周に硬化した凹凸部5が形成されると共に、これに内輪部材6の嵌合部13aを拡径させ...

    駆動車輪用軸受装置

新着の技術

機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 正逆方向の回転トルクが連続して出力軸に逆入力されても、出力軸を確実にロックする。【解決手段】 レバー操作により入力される回転トルクの伝達および遮断を制御するレバー側クラッチ部と、レバー側クラッチ部からの回転トルクを出力側へ伝達すると共に、出力側から逆入力される回転トルクを遮断するブレーキ側クラッチ部とからなり、ブレーキ側クラッチ部は、回転が拘束された外輪...

    クラッチユニット

  2. 【課題】製造工数を減らし、シール部の品質を高められる二重管及びその製造方法を提供すること。【解決手段】二重管50は、外管30の内部に流路間隙29をもって内管20が設けられ、内管20の内部にフィン材11が設けられる。外管30は、内径側に突出する外カシメ部32を有する。内管20は、外カシメ部32と重なる内カシメ部22を有する。外管30と内管20との間には、外管30と内管2...

    二重管及びその製造方法

  3. 【課題】第1,第2ケース半体より分割構成される合成樹脂製のドラムケースと、そのドラムケース内に収容可能な回転ドラムの一方向の回転により牽引可能な可撓性の第1ボーデンケーブルと、同回転ドラムの他方向の回転により牽引可能な可撓性の第2ボーデンケーブルとを備えたケーブル装置において、部品点数を削減すると共に組立を容易化し、小型軽量化とコスト節減を図る。【解決手段】第1,第2...

    ケーブル装置及びその製造方法

  4. 【課題】作業工程を簡略化でき、配管の変形を防ぎ、接合時のコスト上昇を抑制することができる配管の接合方法を提供する。【解決手段】本発明の配管の接合方法は、第一配管1と、第一配管1の外径より大きい内径を有する拡管部2aを端部に備える第二配管2と、を接合する配管の接合方法である。第一配管1にはんだ接合材3を嵌合し、はんだ接合材3が嵌合された第一配管1を第二配管2の拡管部2a...

    配管の接合方法

  5. 【課題】簡素な構造で製造コストが低く、動力伝達効率が改善されて省エネ効果の向上した動力装置を提供する。【解決手段】ハウジングケース10内周面にインバーターモーターコイル12を固設し、ハウジングケース10内に入力軸20の入力軸回転子21を出力軸30の出力軸回転子31内に収め、入力軸回転子21は鉄心21aに発電用コイル22と誘導用コイル23とを組み込んで成り、出力軸回転子...

    動力システム

機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON