工学一般 に関する技術一覧

「工学一般」に関する技術の関連情報です。 「工学一般」 の関連技術、「流体手段によって作動する系一般,流体圧アクチュエータ,例.サーボモータ,他に分類されない流体圧系の細部」「主として計算または制御目的に用いられる流体回路素子」 など、その他「工学一般」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「工学一般」の分野ページはこちら

工学一般に所属する技術動向

工学一般の分野に属する技術の状況としては、2016年に401件、2017年に499件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、工学一般の分野においては特に近年主として計算または制御目的に用いられる流体回路素子の分野における動向が活発であり、他にも流体力学,すなわち気体または液体の流れに影響を与える方法または手段や 流体手段によって作動する系一般,流体圧アクチュエータ,例.サーボモータ,他に分類されない流体圧系の細部といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはカヤバ工業株式会社や日立建機株式会社、株式会社小松製作所が豊富な実績を残しており、 株式会社神戸製鋼所などは、 冶金,鉄または非鉄合金,合金の処理または非鉄金属の処理や水工,基礎,土砂の移送といった分野も含め、 コベルコ建機株式会社やコベルコクレーン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

工学一般』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 技術 乾燥機

    【課題】ノズル部の構成を特に複雑化したり、新たなエネルギーロスを生じたり、また、風切り音を発生させたりすることなく騒音を抑制することのできる乾燥機を提供する。【解決手段】、送風ファンと、送風ファンの駆動源と、送風ファンに連結され送風ファンにより生成される空気流を噴出させるノズルを備えた乾燥機において、ノズルの先端部に空気流との接触面にて平滑面を有した多孔質体にて構成さ...

    乾燥機

  2. 【課題】構造が簡単で、適用性が高く、しかも微細な気泡を効率的に得るという要求特性を満たすマイクロバブル発生装置を提供する。【解決手段】有蓋有底円筒状の旋回流発生筒6の底部近傍に加圧液体を中心軸線に対して偏倚して導入する加圧液体導入孔2と底部を貫通して中心軸線と同軸に設けられた乱流防止筒8を備えた気柱生成空間11と旋回流発生筒6の頂部中心軸を貫通して設けられた気体導入量...

    マイクロバブル発生装置

  3. 【課題】アームやブームの良好な操作性を確保しつつ比較的エネルギー効率の高い油圧駆動装置を得る。【解決手段】油圧ポンプ20にはコントロールバルブ21を介してアームシリンダ22およびブームシリンダ23を接続し、発電機11にはインバータを介してバケット用電動機33などを接続する。油圧ポンプ20側の低負荷時には、発電機11で発電した電気エネルギーをバッテリ32に蓄える。油圧ポ...

    油圧駆動装置

  4. 【課題】場積をとらず限られたスペースに配設できるようにし回収したエネルギーの利用用途を広げることができる圧油のエネルギー回収装置あるいは圧油のエネルギー回収・再生装置を提供する。【解決手段】油圧アクチュエータ7、29から流出された戻り圧油が流入されることによって油圧ポンプモータ18が駆動される。そして油圧ポンプモータ18の駆動力が入力されることによって電動モータ19で...

    圧油のエネルギー回収装置および圧油のエネルギー回収・再生装置

  5. 【課題】エンジンにかかる負荷を平準化すると共に、簡単なシステムで効率良くエネルギ回生を行うことにより、エンジンを小型化できるハイブリッド式建設機械を提供する。【解決手段】エンジン1により駆動する油圧ポンプ2と、エンジン1により駆動する電動機7と、電動機7による発電電力を充電するバッテリ9と、バッテリ9の電力により駆動し旋回制動時に発電作動する旋回用電動機10と、油圧ポ...

    ハイブリッド式建設機械

新着の技術

工学一般』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】複数の要素を含む作業機及び複数の前記要素を駆動する複数のアクチュエータを備える作業機械を制御するための制御システムは、複数の前記アクチュエータのうち少なくとも1つに作動油を供給する第1油圧ポンプ及び第2油圧ポンプと、前記作業機の操作状態に基づいてそれぞれの前記アクチュエータに配分される作動油の配分流量を求め、得られた前記配分流量に基づいて、前記第1油...

    制御システム、作業機械及び制御方法

  2. 【課題】流体に所定の流動特性を与えて、流体の潤滑性、侵透性、及び冷却効果を向上させることができる流体供給管を提供することにある。【解決手段】流体供給管は、第1の内部構造体と、第2の内部構造体と、第1の内部構造体と第2の内部構造体とを収納するための管本体と、を含む。管本体は、流入口と流出口とを含む。第1の内部構造体は、複数の螺旋状に形成された翼を含む頭部と、頭部より下流...

    流体供給管

  3. 【課題】出力部材が所定の位置に達したことをクランプ本体内のエア通路のエア圧の圧力変化を介して確実に検知可能で信頼性や耐久性に優れ小型化可能な流体圧シリンダ及びクランプ装置を提供する。【解決手段】油圧シリンダ3のシリンダ本体10内に形成され且つ一端部に加圧エアが供給され他端部が外界に連通したエア通路21,22と、このエア通路を開閉可能な開閉弁機構30,50とを備え、開閉...

    油圧シリンダ及びクランプ装置

  4. 【課題・解決手段】例示的実施形態は、ロボットアクチュエータまたはアクチュエータ群の1つ以上の動作パラメータが動的に構成または再構成されることを可能にする、モジュール式ロボットシステムを提供する。動作パラメータは、例えば、アクチュエータまたはアクチュエータ群の他のアクチュエータに対するX、Y、および/またはZ位置、アレイまたはマトリクスの中へのアクチュエータの配置、アク...

    モジュール式ロボットシステム

  5. 【課題】複数の油圧アクチュエータの同時作動が行われるときに、それぞれに必要に応じた適切な油圧供給を行う。【解決手段】 第1および第2油圧アクチュエータ群AG1,AG2のいずれか一方を作動させる操作レバー類20の操作の時には、第1切換バルブ31を開放して第1制御バルブ群40から第2制御バルブ群50への作動油供給を許容し、第2切換バルブ35を閉止して第3制御バルブ群60...

    油圧作動装置

工学一般 ページ上部に戻る