液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ に関する技術一覧

「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」に関する技術の関連情報です。 「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」 の関連技術、「液体用容積形機械,ポンプ」「液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械,回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ」 など、その他「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」の分野ページはこちら

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプに所属する技術動向

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプの分野に属する技術の状況としては、2017年に2,893件、2018年に2,443件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプの分野においては特に近年他の流体との直接の接触により,またはポンプされる流体の慣性力を利用することによって流体をポンプするもの,サイホンの分野における動向が活発であり、他にも液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械,回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプや 非容積形ポンプといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社や三菱重工業株式会社、ダイキン工業株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社デンソーなどは、 運輸や燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備といった分野も含め、 株式会社SOKENや株式会社豊田自動織機といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電流検出手段を直流入力側1回路のみとしても、モータの各相の瞬時電流が検出できるインバータ装置を得る。【解決手段】直流電力を供給する直流電源と、複数のスイッチング素子から構成され、前記直流電源に接続されたインバータ主回路と、前記直流電源と前記インバータ主回路との間に接続され、瞬時電流を検出する1つの電流検出手段と、前記1つの電流検出手段により検出される瞬時電流を...

    インバータ装置、圧縮機駆動装置、冷凍・空調装置、インバータ装置の制御方法

  2. 【課題】空冷式の放熱器やファン、水冷放熱器や水配管がなくなるため、小型、低コスト、組み立て時間の短縮がはかれる電動式圧縮機を提供すること。【解決手段】圧縮部75とモータ80とを一体化して構成した冷媒圧縮用の電動式圧縮機において、前記モータ80を駆動する駆動回路4を当該圧縮機内の冷媒ガス吸入側に取り付けた。

    電動式圧縮機

  3. 【課題】デッドボリュームが小さくてレスポンスが良好であり、分析または合成などの用途に応じて流路を容易に変更できるようにすること。【解決手段】第1接合面12a、ポンプ機構MP、およびポンプ機構MPに連通しかつ第1接合面12aに開口する流路131,132が設けられたポンプユニット11および12と、第1接合面12aと接離可能に接合するための第2接合面13b、および第2接合面...

    マイクロ流体デバイス

  4. 【課題】DLC膜の密着性が良好な保護膜被覆部材を提供することを課題とする。【解決手段】本発明は、基材の表面に、クロム層、クロム−炭化タングステン傾斜層、ダイヤモンドライクカーボン層の順からなる保護膜を形成するようにしたものである。

    保護膜被覆部材

  5. 【課題】インバータ回路と圧縮機の接続に伴うコスト上昇を削減し、インバータ回路を小型化し、装置内のレイアウトに依存せずに搭載できるようにする。【解決手段】モータ15を内蔵した圧縮機10のモータ15を制御するインバータ回路の配設構造において、インバータ回路を実装された回路基板3を収納した筐体4を圧縮機10の外殻11に取付けて接続コストを低減し、かつ回路基板3に実装した電力...

    インバータ回路の配設構造と配設方法及び圧縮機

新着の技術

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】このインペラ(1)の製造方法は、流路(12)の入口及び出口が形成されたインペラ(1)の端部の少なくとも一方を補強する補強部(110)と、インペラ(1)と、が一体とされたインペラ成形体(100)を、金属粉末を用いた積層造形法により形成するインペラ成形体形成工程と、インペラ成形体(100)から補強部(110)を除去する除去工程と、を含む。

    インペラの製造方法

  2. 【課題・解決手段】このインペラの製造方法は、インペラを、金属粉末を用いた積層造形法により一体に形成するインペラ形成工程(S1)と、前記インペラ形成工程(S1)で形成された前記インペラを、熱間等方圧加圧法によって処理するHIP処理工程(S2)と、前記HIP処理工程(S2)後の前記インペラにおいて、ディスク、カバー、及びブレードの間に形成される流路に、砥粒を含んだ研磨流体...

    インペラの製造方法及びインペラの流路延長治具

  3. 技術 回転機械

    【課題・解決手段】回転軸(12)を回転可能に支持するスラスト軸受(18)及びラジアル軸受(19,20)と、回転軸(12)を回転させる回転駆動部(15)と、回転軸(12)の軸線(O1)を中心に回転する1段目インペラ(26)と、ケーシング(11)と、1段目インペラ(26)の途中から圧縮途中の作動流体をケーシング(11)の外部に抽気する作動流体抽気部(34)と、作動流体抽気...

    回転機械

  4. 【課題・解決手段】本発明は、軸流型の圧縮機のための、翼輪郭を有する圧縮機動翼に関し、翼輪郭は遷音速区域と翼輪郭の輪郭区域(21)とを有し、輪郭区域は、遷音速区域において延び、輪郭区域の負圧側(5)において、凹形負圧側領域(10)と凸形負圧側領域(11)とを有し、凸形負圧側領域は凹形負圧側領域(10)の下流に配置され、輪郭区域の正圧側(4)において、凸形圧力側領域(14...

    圧縮機動翼、圧縮機、および圧縮機動翼を輪郭形成するための方法

  5. 【課題・解決手段】軸流ファン用のシュラウドは、環状のバレルを含んでいる。バレルは、円筒形セグメントと、該円筒形セグメントの下流側の円錐形セグメントを含んでいる。円錐形セグメントは、15度〜35度の角度で円筒形セグメントから半径方向内側に向かって傾斜させられている。シュラウドは、環状の出口ベルも有している。出口ベルは、円錐形セグメントと出口ベルとの間の移行部を規定する頂...

    妨げられていない排気口を備えたエンジン冷却ファン筐体シュラウド

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ ページ上部に戻る