液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ に関する技術一覧

「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」に関する技術の関連情報です。 「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」 の関連技術、「液体用容積形機械,ポンプ」「液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械,回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ」 など、その他「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」の分野ページはこちら

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプに所属する技術動向

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプの分野に属する技術の状況としては、2016年に2,394件、2017年に2,890件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプの分野においては特に近年他の流体との直接の接触により,またはポンプされる流体の慣性力を利用することによって流体をポンプするもの,サイホンの分野における動向が活発であり、他にも液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械,回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプや 非容積形ポンプといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社や三菱重工業株式会社、ダイキン工業株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社デンソーなどは、 運輸や燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備といった分野も含め、 株式会社SOKENや株式会社豊田自動織機といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電流検出手段を直流入力側1回路のみとしても、モータの各相の瞬時電流が検出できるインバータ装置を得る。【解決手段】直流電力を供給する直流電源と、複数のスイッチング素子から構成され、前記直流電源に接続されたインバータ主回路と、前記直流電源と前記インバータ主回路との間に接続され、瞬時電流を検出する1つの電流検出手段と、前記1つの電流検出手段により検出される瞬時電流を...

    インバータ装置、圧縮機駆動装置、冷凍・空調装置、インバータ装置の制御方法

  2. 【課題】空冷式の放熱器やファン、水冷放熱器や水配管がなくなるため、小型、低コスト、組み立て時間の短縮がはかれる電動式圧縮機を提供すること。【解決手段】圧縮部75とモータ80とを一体化して構成した冷媒圧縮用の電動式圧縮機において、前記モータ80を駆動する駆動回路4を当該圧縮機内の冷媒ガス吸入側に取り付けた。

    電動式圧縮機

  3. 【課題】デッドボリュームが小さくてレスポンスが良好であり、分析または合成などの用途に応じて流路を容易に変更できるようにすること。【解決手段】第1接合面12a、ポンプ機構MP、およびポンプ機構MPに連通しかつ第1接合面12aに開口する流路131,132が設けられたポンプユニット11および12と、第1接合面12aと接離可能に接合するための第2接合面13b、および第2接合面...

    マイクロ流体デバイス

  4. 【課題】DLC膜の密着性が良好な保護膜被覆部材を提供することを課題とする。【解決手段】本発明は、基材の表面に、クロム層、クロム−炭化タングステン傾斜層、ダイヤモンドライクカーボン層の順からなる保護膜を形成するようにしたものである。

    保護膜被覆部材

  5. 【課題】インバータ回路と圧縮機の接続に伴うコスト上昇を削減し、インバータ回路を小型化し、装置内のレイアウトに依存せずに搭載できるようにする。【解決手段】モータ15を内蔵した圧縮機10のモータ15を制御するインバータ回路の配設構造において、インバータ回路を実装された回路基板3を収納した筐体4を圧縮機10の外殻11に取付けて接続コストを低減し、かつ回路基板3に実装した電力...

    インバータ回路の配設構造と配設方法及び圧縮機

新着の技術

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】多翼送風機は、回転板と、羽根車と、羽根車の外周に対向し、回転軸からの距離が羽根車の回転方向に進むに従い次第に遠くなる周壁と、吸気口が形成され、複数の羽根の先端側に配置された第1端面と、を有するファンケーシングと、ファンケーシング内の空気を排気口から流出させるダクト部と、第1端面の裏面に設けられ、空気の流れを整流する整流ブロックと、を備え、ダクト部は、...

    多翼送風機

  2. 技術 流体機械

    【課題】大きな設置工事を必要としないで、小取水量であっても管や導入水路距離の短縮化を図りながら、流水の有効な再利用を可能にし、効率的で安定的な発電ができる流体機械を提供する。【解決手段】流水を導入する所定高さの位置に配置された上部流水タンク100と、上部流水タンクに流水を流入する流水導入部と、上部流水タンクから流出した流水を増圧する流水増圧装置200と、流水増圧装置に...

    流体機械

  3. 【課題・解決手段】圧縮機のガス軸受へのガス供給に関し、装置のコストを抑えつつ、長期に亘り使用可能であるとともに、信頼性を向上させることが可能な圧縮機システムおよびガス供給方法を提供すること。圧縮機システム1は、ガスを吸い込んで圧縮する圧縮部101,102と、圧縮部101,102が備えられるロータ11と、ロータ11を支持するガス軸受2A〜2Cと、圧縮部101により昇圧し...

    ガス軸受を備えた圧縮機システム、およびガス軸受を備えた圧縮機にガスを供給する方法

  4. 【課題・解決手段】本発明の目的は、容易に且つ安価に製造され得る部品を使用して内燃機関を製造することである。内燃機関では、圧縮比及びバルブ制御時間を調節することにより、燃料が最適に燃焼され、従って、最大の有効動力が達成されながら、放出される有毒排気ガスは可能な限り少ない。更に、あらゆる液体燃料及び気体燃料が使用され得る。

    ロータリピストンシリンダ機関

  5. 【課題・解決手段】第1の回転軸(30)周りに回転可能である第1のピストン部材(22)と、第1のチャンバ(34a)を備え、第2の回転軸(32)周りに旋回可能であるロータ(16)と、を備えている装置。第1のピストン部材(22)は、第1のチャンバ(34a)を横断して延びている。ロータ(16)および第1のピストン部材(22)が、第1の回転軸(30)周りに回転可能であり、ロータ...

    回転排出装置

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ ページ上部に戻る