液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ に関する技術一覧

「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」に関する技術の関連情報です。 「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」 の関連技術、「液体用容積形機械,ポンプ」「液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械,回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ」 など、その他「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ」の分野ページはこちら

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプに所属する技術動向

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプの分野に属する技術の状況としては、2016年に2,389件、2017年に2,888件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプの分野においては特に近年他の流体との直接の接触により,またはポンプされる流体の慣性力を利用することによって流体をポンプするもの,サイホンの分野における動向が活発であり、他にも液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械,回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプや 非容積形ポンプといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社や三菱重工業株式会社、ダイキン工業株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社デンソーなどは、 運輸や燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備といった分野も含め、 株式会社SOKENや株式会社豊田自動織機といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電流検出手段を直流入力側1回路のみとしても、モータの各相の瞬時電流が検出できるインバータ装置を得る。【解決手段】直流電力を供給する直流電源と、複数のスイッチング素子から構成され、前記直流電源に接続されたインバータ主回路と、前記直流電源と前記インバータ主回路との間に接続され、瞬時電流を検出する1つの電流検出手段と、前記1つの電流検出手段により検出される瞬時電流を...

    インバータ装置、圧縮機駆動装置、冷凍・空調装置、インバータ装置の制御方法

  2. 【課題】空冷式の放熱器やファン、水冷放熱器や水配管がなくなるため、小型、低コスト、組み立て時間の短縮がはかれる電動式圧縮機を提供すること。【解決手段】圧縮部75とモータ80とを一体化して構成した冷媒圧縮用の電動式圧縮機において、前記モータ80を駆動する駆動回路4を当該圧縮機内の冷媒ガス吸入側に取り付けた。

    電動式圧縮機

  3. 【課題】デッドボリュームが小さくてレスポンスが良好であり、分析または合成などの用途に応じて流路を容易に変更できるようにすること。【解決手段】第1接合面12a、ポンプ機構MP、およびポンプ機構MPに連通しかつ第1接合面12aに開口する流路131,132が設けられたポンプユニット11および12と、第1接合面12aと接離可能に接合するための第2接合面13b、および第2接合面...

    マイクロ流体デバイス

  4. 【課題】DLC膜の密着性が良好な保護膜被覆部材を提供することを課題とする。【解決手段】本発明は、基材の表面に、クロム層、クロム−炭化タングステン傾斜層、ダイヤモンドライクカーボン層の順からなる保護膜を形成するようにしたものである。

    保護膜被覆部材

  5. 【課題】インバータ回路と圧縮機の接続に伴うコスト上昇を削減し、インバータ回路を小型化し、装置内のレイアウトに依存せずに搭載できるようにする。【解決手段】モータ15を内蔵した圧縮機10のモータ15を制御するインバータ回路の配設構造において、インバータ回路を実装された回路基板3を収納した筐体4を圧縮機10の外殻11に取付けて接続コストを低減し、かつ回路基板3に実装した電力...

    インバータ回路の配設構造と配設方法及び圧縮機

新着の技術

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、駆動軸(18)と、少なくとも相互回転不能に前記駆動軸(18)上に配置されていると共に、それを取り囲む搬送チャネル(12)内へ冷却媒体が搬送されることを可能としている冷却媒体ポンプ羽根車(20)と、それによって前記冷却媒体ポンプ羽根車(20)の出口(32)と前記搬送チャネル(12)との間の環状間隙(30)の貫流断面を調節することができる調節可...

    自動車用冷却媒体ポンプ

  2. 【課題・解決手段】本発明は、外装(14)と、エンベロープ内部の前記外装内と筒状収容部(22)それぞれで往復運動しながら滑動できる、上方冠状部(23)及び下方基部(27)を有する差動ピストン(1)と、前記ピストンで区切られた室に液体を供給してそこから液体を排出するための流体圧切替手段であって、前記切替手段は、前記ピストンの移動によって制御され、分配部(12)に作用する少...

    流体圧機械及び該機械を備える可逆式定量ポンプ

  3. 【課題・解決手段】電動モータと、圧力媒体をタンクから消費器接続部へ圧送するポンプとを有する流体静力学的なコンパクトユニットが開示されている。タンクは円環状であり、電動モータとポンプはともにこのタンクによって包囲されている。

    電気液圧式コンパクトユニット

  4. 【課題】より簡単且つ迅速に清浄化可能なポンプを提供する。【解決手段】半液体状の食品を供給するためのポンプ(1)であって、流入開口部(6)と、流出開口部(7)と、流入開口部(6)と流出開口部(7)との間の供給経路と、製品を供給経路に沿って押すためのロータ(8)と、流入及び流出開口部(6、7)との間に介在し、ロータ(8)を同軸状に収容する気密チャンバ(9)を備える。供給経...

    液体状又は半液体状又は半固体状食品を供給するためのポンプ及びこのようなポンプを備える装置

  5. 【課題】気体圧縮機において、過圧縮を防止又は抑制しつつ、ベーンが追従しきれなくなるのを防止する。【解決手段】コンプレッサ100は、シリンダ40の内周面41の断面輪郭形状が、(1)ロータ50の外周面51に最も近い最近接部(部分a)と、外周面51から最も離れた最遠隔部(部分b1)とを有し、(2)最遠隔部は、圧縮行程及び吐出行程が吸入行程よりも長くなるように、ロータ50の回...

    気体圧縮機

液体用容積形機械,液体または圧縮性流体用ポンプ ページ上部に戻る